金魚

金魚の薬浴のしかたと薬浴期間中の世話

この記事の所要時間: 240

金魚

 

金魚を飼ったことはあるけれど、長い間飼った記憶がないという方もいるでしょう。

飼ってはみたものの、病気にかかって死んでしまうこともあります。

やはり、生き物ですから、そうして死んでしまうのは辛いことです。

 

病気になった金魚には、薬浴という方法をとると良くなります。

その薬浴と、薬浴している間の金魚の世話について考えてみましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:金魚と一緒に飼える生き物には何がいる?

関連記事:【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法

 

 

まず最初にするふたつのこと

 

もしも飼っている金魚がいつもと違う泳ぎ方をしていたり、

餌を食べなかったり、水面近くでぼーっとしていたり、体の色がおかしい、

変な模様が出ているという場合は注意してよく見ましょう。

病気の場合はまずしなければいけないことがあります。

 

何よりも先に、まず病気の金魚を隔離しましょう。

水槽と同じ温度の水を用意して金魚を移します。

これは、他の金魚に病気を移さないようにするためです。

 

次に、病気の金魚がいた水槽の水を浄化します。

金魚の病気は水質の悪化が原因のことが多いからです。

そのため、元気な金魚の水槽も水をきれいにしてあげたほうがいいことになります。

 

その際は、水を全て入れ替えるのではなく、

通常通り水槽の1/3ほどの水を入れ替え、水を足すときに塩を加えると良いでしょう。

 

塩浴といいますが、塩を加えることで塩が殺菌をしてくれるだけでなく、

浸透圧を調整することで金魚が楽になり、金魚の代謝を活発にしてくれるからです。

 

一般的な食塩を用意し、水槽の水が0.5%の塩分濃度になるよう、

何回かに分けて塩を加え、元気な金魚は塩浴をさせます。

こうすることで、病気が防げる可能性があります。

 

 

薬浴のために準備するもの

 

さて、病気の金魚の薬浴に必要なものを準備しましょう。

必要なのは、

 

・薬浴用の容器(バケツなどで可)

・薬

・エアレーションするための道具一式(投げ込み式のフィルターがついていないもの)

・水温計

・ヒーター

 

などです。

 

金魚の薬浴のしかた

 

・飼育していた水槽と同じ温度の水を用意します。

・病気の金魚は弱っているので、ストレスがかからないように気をつけてあげましょう。

・薬浴のための水の量は多め、水深は浅めがおすすめです。薬を治療薬の指示に従って入れます。

・その後、ヒーターを入れて水温を28~30度に保ちます。

こうすることで、病原菌の繁殖を防ぎ、薬浴の効果を高めてくれます。

・エアレーションを水流が起きないように弱く行います。

 

フィルターの付いているものは薬剤も吸着してしまうため、使用はしないようにしましょう。

 

薬浴の期間とその間の世話について

 

薬浴の期間は治療薬に書いてある日数を守ります。

大概の場合2~7日ほどになります。

その間、病気が良くなっているかどうか、金魚をよく観察します。

数日経っても効果が現れない場合は、水換えをして、再度薬浴します。

 

薬浴の最中の水換えについてですが、3日ほどは換えないほうが良いですが、

水質が悪化している場合は金魚の免疫力が低下してしまうため、水を換えてあげましょう。

 

薬浴の期間中は餌は与えません。水質の悪化を防ぐためです。

可愛そうだと思うかもしれませんが、

金魚は1ヶ月ほど餌を食べなくても生きられるので大丈夫です。

病気が回復してから餌はあげるようにしましょう。

 

薬浴が終わったら

 

まず、薬浴していた水を2/3ほど捨て、

水温を合わせた元の水槽の飼育水を数回に分けて少しずつ足していきます。

7~8割水槽水の水が入ったら、薬浴水と一緒に金魚を元の水槽に戻します。

 

薬も入っていますが、十分希釈されるので問題ありません。

足りなくなった水槽の水は、カルキ抜きをしたものを温度を合わせて入れましょう。

 

水温や水質をきちんと管理することがやはり金魚を飼う上でとても大切。

そうすることで病気になることが防げますが、季節の変わり目など、

温度の変わりやすい時期は管理に気をつけることが重要です。

もし病気かもと思ったら、早めに治療をしてあげましょう。

そのためには普段から金魚をよく見ておくことが大切です。

 

関連記事

  1. 金魚を知ることで飼育もより楽しもう!金魚の歴史や鑑賞の変化を徹底…
  2. 金魚と一緒に飼える生き物には何がいる?
  3. 【これだけ知っていれば大丈夫】金魚の観察のポイント!体調管理をし…
  4. 【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法
  5. 金魚の特徴を知ればもっと愛おしくなる!金魚の生体を紹介しちゃいま…
  6. 何コイツら可愛い!!金魚にも様々な種類がいて悶絶不可避!
  7. 夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法
  8. 【知らないと損をする】ペットショップで金魚を購入するときのポイン…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべきポイント
  2. レッドビーシュリンプの稚魚の育て方!稚エビの生存率を上げる方法
  3. レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】
  4. レッドビーシュリンプが共食いする原因と対策方法!
  5. 【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在
  6. ビオトープの天敵!アオミドロの対策方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

ゼブラダニオの飼育|混泳できる熱帯魚たち

前回、ゼブラダニオを飼育する上で特に重要なのは水草と混泳させる他の魚だと…

ブルドッググーディドの飼育方法を紹介!怪魚マニアも納得の格好よさ

ブルドッググーディッド(Allophorus robustus)を知っている人は…

海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?

2回続けて海水魚の飼育にはどのフィルターを使えばよいかという話をしました…

水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

メダカ水槽の頼れる相棒!ドワーフフロッグビットの育て方と冬越し対策

(浮草)ドワーフフロッグビット(無農薬)(5株)ドワーフフロッグビットはとても育てやすい水…

タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!

さて、もうひとつタンクメイト候補としてお勧めしたいのは「レッドラムズホー…

おすすめ記事

  1. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  2. 祇園周辺に立ち寄ったら祇園祇をん萬屋さんの「ねぎうどん」がオススメ
  3. え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧
  4. 深海に住むちょっと不思議なシンカイアシボソヤドカリの生態
  5. フラワーホーンを飼育しよう!幸運を招く縁起のよい熱帯魚
  6. ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?
PAGE TOP