金魚

金魚の薬浴のしかたと薬浴期間中の世話

金魚

 

金魚を飼ったことはあるけれど、長い間飼った記憶がないという方もいるでしょう。

飼ってはみたものの、病気にかかって死んでしまうこともあります。

やはり、生き物ですから、そうして死んでしまうのは辛いことです。

 

病気になった金魚には、薬浴という方法をとると良くなります。

その薬浴と、薬浴している間の金魚の世話について考えてみましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:金魚と一緒に飼える生き物には何がいる?

関連記事:【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法

 

 

まず最初にするふたつのこと

 

もしも飼っている金魚がいつもと違う泳ぎ方をしていたり、

餌を食べなかったり、水面近くでぼーっとしていたり、体の色がおかしい、

変な模様が出ているという場合は注意してよく見ましょう。

病気の場合はまずしなければいけないことがあります。

 

何よりも先に、まず病気の金魚を隔離しましょう。

水槽と同じ温度の水を用意して金魚を移します。

これは、他の金魚に病気を移さないようにするためです。

 

次に、病気の金魚がいた水槽の水を浄化します。

金魚の病気は水質の悪化が原因のことが多いからです。

そのため、元気な金魚の水槽も水をきれいにしてあげたほうがいいことになります。

 

その際は、水を全て入れ替えるのではなく、

通常通り水槽の1/3ほどの水を入れ替え、水を足すときに塩を加えると良いでしょう。

 

塩浴といいますが、塩を加えることで塩が殺菌をしてくれるだけでなく、

浸透圧を調整することで金魚が楽になり、金魚の代謝を活発にしてくれるからです。

 

一般的な食塩を用意し、水槽の水が0.5%の塩分濃度になるよう、

何回かに分けて塩を加え、元気な金魚は塩浴をさせます。

こうすることで、病気が防げる可能性があります。

 

 

薬浴のために準備するもの

 

さて、病気の金魚の薬浴に必要なものを準備しましょう。

必要なのは、

 

・薬浴用の容器(バケツなどで可)

・薬

・エアレーションするための道具一式(投げ込み式のフィルターがついていないもの)

・水温計

・ヒーター

 

などです。

 

金魚の薬浴のしかた

 

・飼育していた水槽と同じ温度の水を用意します。

・病気の金魚は弱っているので、ストレスがかからないように気をつけてあげましょう。

・薬浴のための水の量は多め、水深は浅めがおすすめです。薬を治療薬の指示に従って入れます。

・その後、ヒーターを入れて水温を28~30度に保ちます。

こうすることで、病原菌の繁殖を防ぎ、薬浴の効果を高めてくれます。

・エアレーションを水流が起きないように弱く行います。

 

フィルターの付いているものは薬剤も吸着してしまうため、使用はしないようにしましょう。

 

薬浴の期間とその間の世話について

 

薬浴の期間は治療薬に書いてある日数を守ります。

大概の場合2~7日ほどになります。

その間、病気が良くなっているかどうか、金魚をよく観察します。

数日経っても効果が現れない場合は、水換えをして、再度薬浴します。

 

薬浴の最中の水換えについてですが、3日ほどは換えないほうが良いですが、

水質が悪化している場合は金魚の免疫力が低下してしまうため、水を換えてあげましょう。

 

薬浴の期間中は餌は与えません。水質の悪化を防ぐためです。

可愛そうだと思うかもしれませんが、

金魚は1ヶ月ほど餌を食べなくても生きられるので大丈夫です。

病気が回復してから餌はあげるようにしましょう。

 

薬浴が終わったら

 

まず、薬浴していた水を2/3ほど捨て、

水温を合わせた元の水槽の飼育水を数回に分けて少しずつ足していきます。

7~8割水槽水の水が入ったら、薬浴水と一緒に金魚を元の水槽に戻します。

 

薬も入っていますが、十分希釈されるので問題ありません。

足りなくなった水槽の水は、カルキ抜きをしたものを温度を合わせて入れましょう。

 

水温や水質をきちんと管理することがやはり金魚を飼う上でとても大切。

そうすることで病気になることが防げますが、季節の変わり目など、

温度の変わりやすい時期は管理に気をつけることが重要です。

もし病気かもと思ったら、早めに治療をしてあげましょう。

そのためには普段から金魚をよく見ておくことが大切です。

 

関連記事

  1. 濾過器で金魚飼育が180度変わる!金魚の飼育に適しているフィルタ…
  2. 金魚の白点病対策!こうして治りました
  3. 金魚を知ることで飼育もより楽しもう!金魚の歴史や鑑賞の変化を徹底…
  4. 夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法
  5. 金魚が石(砂利)を飲み込んだ時の対処方法
  6. 【水質管理】庭池の金魚が大量死したのでリセットしてみた
  7. 金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹…
  8. イメージと違う…!実際に金魚は生命力の強い生体だった…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. メダカ飼育で絶対に押さえておくべきリスト【保存版】 メダカとマツモ f
  2. 睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由 メダカ 睡蓮 s
  3. 室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要? メダカ f
  4. メダカ水槽におすすめ浮き草5選!初心者でも飼育が簡単
  5. メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!
  6. インテリアにも使えるおしゃれなメダカ水槽のレイアウト特集 テトラ (Tetra) リビングキューブ 12 オールインワン水槽 淡水・海水用 (容量 約12L) amazon



おすすめ記事

水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消

餌の残りカスや熱帯魚の排泄物により飼育水は悪化していきます。そこ…

グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説

人間の1つの楽しみである食事。食事をおいしく味わいながら食べることは、心とからだにとって…

【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!

陸上部分に使用する植物で私がオススメしたいのは【できるだけ成長が…

見た目はグロいけど実は美味しい深海魚7選

深海魚といえば、見た目はグロく「本当にこいつら食べられるの?」と疑問に思…

ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2

さて、前回はベタの飼育に最適なフィルターということで、外部フィルター、上…

絶対抑えておくべきフグの歯切り方法について伝授します!

フグを飼育している方の中でも経験されている数は少ないと思いますが、…

おすすめ記事

  1. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性
  2. グッピーとも混泳できる熱帯魚ゼブラダニオ|ゼブラフィッシュ
  3. ミドリフグは混泳に向いてない?他の熱帯魚と一緒に飼育できる?
  4. 初心者でも大丈夫!ボトルアクアリウムの立ち上げ方を伝授します!
  5. エロンガータリクガメの飼育方法!入門者向けのリクガメ!
  6. パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
PAGE TOP