金魚

金魚が石(砂利)を飲み込んだ時の対処方法

この記事の所要時間: 234

 

金魚が砂利や石をつついている姿は、なんとも可愛らしいものです。

食べ残しでも探しているのかと思いながら眺めるのは、

日常の幸せな時間でもありますね。

 

しかし、そんな事を言っていられないことがまれに起こることがあります。

そう、金魚が石を飲み込んでしまう場合です。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:金魚の薬浴のしかたと薬浴期間中の世話

関連記事:【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法

 

 

成長すると起きる、金魚が石(砂利)を飲み込んでしまう状況

 

金魚も小さいうちは水槽の底の石をついばむようにつついているだけなので安心なのですが、

成長して大きくなると、食べ残しの餌探しも、砂利を吸い込んで口から出すようになります。

 

そうなってくると、小さな石を飲み込んでしまったりすることも起こります。

時には石の大きさがぴったり口に合ってしまって、口に詰まってしまったりする場合も。

さすがに慌ててしまいそうです。

 

石が口に詰まってしまった場合は、金魚自身の力ではどうにもならないこともあるので、

飼い主の手で出して上げることが必要な場合もあります。

 

 

石を飲み込んで(食べて)しまった時の対処法

 

実は、金魚の口に石が詰まってしまうのは、それほどまれなことではありません。

金魚は底砂をつつく習性があるので仕方がないかもしれません。

 

これはもともと金魚がフナの改良品種であることに由来しています。

フナには底に沈んだ砂利などを口に含む習性があるため、その名残だと言われています。

 

小さな石を飲み込んでしまった場合は、金魚の力に任せます。

フンと一緒に出てくるのをひたすら待つしかありません。

 

小さなものの場合は飼い主が気づかないうちに起きていることもあるようです。

しかし、かたいものを出すのですから、金魚には負担がかかるため、注意が必要ですね。

 

 

石(砂利)が口に詰まってしまった場合の対処法

 

そして万が一、金魚の口に石が詰まってしまったら、

今度は飼い主がなんとかするしかありません。

用意するのはタオルとピンセットです。

 

まず、カルキ抜きをした水で湿らせたタオルを用意します。

その上に金魚を寝かせ、5分以内に口から石をピンセットで取り出し、水槽に戻します。

 

準備をして、金魚を網に入れるときや、

見ている間に石が外れることもあるかもしれませんので、あまり慌てないようにしましょう。

 

ピンセットを使って出すのは、本当に詰まってどうにもならなくなっているときだけにしましょう。

 

ですが、いざというときのためにピンセットを用意しておくことは必要だと思うので、

水槽の近くにタオルとともに常備しておくと良いかもしれませんね。

 

石を飲み込んだり、石が詰まるのを防ぐには

 

金魚が石を飲んでしまったり、口につまらせてしまったりしないようにするには、

やはり砂利の大きさを変えるのが一番の方法になります。

 

金魚の口よりも小さなものを用意して、砂利を変えてあげれば、口に詰まることは避けられます。

しかし、飲んでしまうことは避けられないので、

注意が必要なのと、万一のことがあると金魚に負担がかかると言えます。

 

金魚の口よりも大きな砂利や石に変えれば、飲み込んでしまったりすることはありません。

ただ、金魚の習性でもある、砂利をついばんで吸い込んだり、

吐き出したりしている姿は見られなくなります。

少し寂しいかもしれませんが、仕方のないことかもしれませんね。

 

可愛い金魚の一大事。石を飲んでしまったのを出すまで、

じっと見守ることは飼い主として不安ですし、石が詰まって苦しむ姿を見るのは辛いものです。

 

石が口に詰まった場合は何かの拍子に外れたりすることもあるので、

何より慌てないことが肝心だといえます。金魚のことを考え、落ち着いて対処したいですね。

 

金魚も生き物なので、さまざまなハプニングがあることもありますが、

それも含めて飼育を楽しみたいものです。

 

関連記事:夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法

関連記事:金魚の白点病対策!こうして治りました

 

関連記事

  1. 濾過器で金魚飼育が180度変わる!金魚の飼育に適しているフィルタ…
  2. 金魚の水槽の水換えの仕方と外せないポイント(水温など)
  3. 【これだけ知っていれば大丈夫】金魚の観察のポイント!体調管理をし…
  4. イメージと違う…!実際に金魚は生命力の強い生体だった…
  5. 金魚と一緒に飼える生き物には何がいる?
  6. 金魚の特徴を知ればもっと愛おしくなる!金魚の生体を紹介しちゃいま…
  7. 金魚の種類は?人気の種類と飼いやすさのまとめ
  8. キュートで可愛いコメットの飼育方法や寿命、特徴など

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  2. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  3. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  4. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  5. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  6. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?

ピックアップ記事

おすすめ記事

水槽に浮かぶ油膜の原因と対処法、教えます!

水槽の表面に油膜が浮かんだ経験はありませんか?実害を及ぼすもので…

愛嬌いっぱいの泳ぎを見せるサカサナマズと仲間たち

お腹を水面側に向けて泳ぐユーモラスな姿で、古くからアクアリウムの…

レッドビーシュリンプの餌はウィローモスがあれば餌はいらない?

緑の絨毯のようなウィローモスの上で戯れるレッドビーシュリンプは、…

【迷ったらこれ!】アクアテラリウムを作るのに必要な用品と選び方

アクアテラリウムでは水中だけではなく水上・陸上部分も作らなければならない…

メダカ水槽の頼れる相棒!ドワーフフロッグビットの育て方と冬越し対策

(浮草)ドワーフフロッグビット(無農薬)(5株)ドワーフフロッグビットはとても育てやすい水…

ビオトープでカメを飼育してみよう

庭に池があればどれだけ心が落ち着くだろうか。池を構築するのにお金も時…

おすすめ記事

  1. もう裏切られない!セルフィンプレコの飼い方
  2. ロブスターには寿命がない?ロブスターが内臓まで脱皮するのは本当?
  3. 深海に住むちょっと不思議なシンカイアシボソヤドカリの生態
  4. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルター
  5. グッピーの歴史
  6. 底面濾過式水槽2セットを立ち上げてみた!混泳確認用編
PAGE TOP