金魚

金魚の種類は?人気の種類と飼いやすさのまとめ

 

誰もが一度は飼ったことがあるといっても過言ではない金魚。

ひとくちに金魚と言っても、ショップに買いに行くといろいろな種類がいて驚く人も多いのではないでしょうか。

今回は金魚の種類と、飼育のしやすさについてまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:金魚の薬浴のしかたと薬浴期間中の世話

関連記事:【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法

 

 

そもそも金魚とは?

 

金魚は、1500年ほど前に中国で船の突然変異によって生まれた魚です。

色鮮やかで、運動能力が低いことから、自然界には存在しません。

 

現在でも品種改良が盛んに行われており、進化し続けています。

体型で分けると大まかに4種類に分けられますが、その種類はとても多いのも特長です。

 

 

和金

 

代表的な金魚の一種。日本では最も古くから飼われている種類で、

室町時代から人々に愛されてきた金魚です。

金魚すくいなどで見かけるのは主にこの種類で、小さな個体であればとてもリーズナブルな値段で手に入ります。

 

尾びれは3つ尾、4つ尾が良いとされ、体色は更紗と呼ばれる赤と白のまだらで、

腹部が赤く、ひれの先まで赤いものが良いと言われています。

 

とても丈夫で飼いやすく、30センチほどまで大きくなる品種です。

また、とても長生きで、上手に飼うと10年以上生きると言われています。

 

琉金

 

丸みを帯びた体と、大きな尾びれが特徴的な品種です。

大きな尾びれでゆったりと泳ぐ優雅な姿は、

日本人が思い描く金魚らしい金魚なのではないでしょうか。

 

尾びれは3つ尾、4つ尾、桜尾などの開いた尾をしています。

体色は赤や更紗が好まれる傾向にあります。

尾びれの長いロングテールは1尾2,000円くらいから手に入ります。

 

飼育は難しくありませんが、体が丸いことから、もともと泳ぐのが得意ではないので、

餌をやりすぎて体型を崩さないようにしてあげるのがコツです。

 

出目金

 

文字通り、目が飛び出ている金魚です。

琉金の突然変異で生まれたものを固定化させているため、体型は琉金に似ています。

 

比較的飼育がしやすいですが、目を傷つけないようにしてあげることが必要です。

1尾600円くらいからで手に入り、手頃なのも魅力の1つです。

 

オランダ獅子頭

 

頭に肉瘤と呼ばれる脂肪がついており、背びれの立派な金魚です。

中国産の金魚なのですが、外国産であることを示すために、オランダの名がついています。

 

体型は丸手と呼ばれる丸いタイプが多く、

30センチほどまでに大きくなる、金魚の中では大きくなるタイプです。

 

1尾2,000円ほどで手に入りますが、

18センチほどの大きな個体になると30,000円以上の値段がつくこともある高級な金魚のひとつです。

 

らんちゅう

 

高級な金魚の代表で、金魚の王様とも言われるのがらんちゅう。

肉瘤といわれる脂肪が頭にあり、背びれがないのが特長です。

体つきはがっしりとしていますが、水質に敏感でとても繊細な金魚のため、

初心者には向かないタイプです。

 

4センチほどの小さい個体であれば、1,500円ほどで手に入りますが、

10センチを超えて品評会に出せるようなものになると、

10万円をゆうに超える値がつくこともある高価な金魚です。

 

江戸錦

 

らんちゅうと東錦という品種の交配種です。

体はらんちゅうと似ていますが、白地に黒や赤が散りばめられたような独特の模様をしています。

3,000円くらいから手に入りますが、成長したものだと4万円ほどの値段で取引される高級金魚です。

 

ピンポンパール

 

尾が短く、まん丸い体をしていることから「ピンポン」、

白く浮き出た鱗が真珠のように見えることから「パール」ということで、この名前がついた金魚です。

 

可愛らしい見た目とは裏腹に、とても食欲が旺盛なので、

混泳をさせると他の小さな魚を食べてしまう可能性があります。

 

また、東南アジア原産の金魚のため、低い水温に弱く、

寒さや越冬には注意が必要な種類です。

水温は10度を下回らないようにして飼育する必要があります。

 

他にもまだまだたくさんの種類がいる金魚。

自然界では生きていけない金魚ですが、水槽の中でゆったりと泳ぐ姿は癒やしそのものです。

 

楽しく金魚を飼うには、さまざまな種類の中から、

飼育のしやすさや、好みの体型や柄などから選ぶのも楽しいものですね。

 

関連記事:夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法

関連記事:金魚の白点病対策!こうして治りました

 

関連記事

  1. 金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹…
  2. キュートで可愛いコメットの飼育方法や寿命、特徴など
  3. 金魚が石(砂利)を飲み込んだ時の対処方法
  4. 金魚がひっくり返って逆さに浮く・沈む原因と対処法
  5. 金魚と一緒に飼える生き物には何がいる?
  6. 何コイツら可愛い!!金魚にも様々な種類がいて悶絶不可避!
  7. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方な…
  8. 【金魚の冬眠】失敗しない金魚の冬越方法

ピックアップ記事

  1. ビオトープ f

おすすめ記事

  1. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  2. メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  3. サルビニアの越冬は室内に避難させよう!水温が低下すると枯れるので注意 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  4. サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  5. サルビニア ククラータに必要な光量とは?蛍光灯でも飼育は可能? サルビニアククラータ charm
  6. 大人気の浮草サルビニアを解説!和名はオオサンショウモ オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

ブーム到来?淡水カニを飼育してみよう!

(エビ・カニ)モクズガニ(1匹) 北海道航空便要保温ビーシュリンプの次は淡…

まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

こんにちは、おとぼけです。今回から新シリーズになります。アクアリストの皆さん…

グッピーとは混泳してはいけない、スマトラの紹介

こんにちは、おとぼけです。毎度グッピーさんと混泳してはいけない熱…

【金魚の大敵】エラ病の原因と症状、治療法

大切な金魚の様子がおかしいとき、病気を疑う人は多いでしょう。中で…

これだけ読めば丸わかり!淡水フグ(テトラオドン ファハカ)の飼育方法や混泳、餌を徹底解説!

淡水フグという魚を御存じでしょうか?「フグっ…

グッピーの魅力を映像で追求してみた。撮影の裏側も軽く紹介!

こんにちは、おとぼけです。またまたブログの投稿が滞ってしまいまし…

おすすめ記事

  1. 熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ
  2. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  3. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  4. 蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ
  5. レッドビーシュリンプ初心者の教科書!飼育方法を1から解説
  6. 金魚の特徴を知ればもっと愛おしくなる!金魚の生体を紹介しちゃいます!
PAGE TOP