ボトルアクアリウム

ボトルアクアリウムの作り方と魚やエビの飼い方

ボトルアクアリウムの作り方と魚やエビの飼い方

 

ボトルアクアリウムという言葉をご存知でしょうか。

文字通り、瓶を水槽にしたものなのですが、

ボトルの中に水草を植え込み、美しい風景を作り出すものです。

アクアリウムを手軽に低価格で楽しめるものともいえ、

子供の生命の勉強などにも適しています。

そんなボトルアクアリウムの作り方を今回はご紹介します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:ボトルアクアリウム初心者におすすめの水草5選

関連記事:ボトルアクアリウム初心者におすすめの水底に住む生体

 

 

ボトルアクアリウムとは?

 

名前の通り、瓶の中で魚を飼う方法です。

アクアリウムの美しい世界を小さな瓶の中で表現するものです。

 

身の回りにある瓶やコップなどを使い、

容器に入る水の量で、飼える魚の種類や魚の数が変わります。

 

魅力はなんといっても置き場所が小さく、その上美しくレイアウトできることです。

通常の水槽であればフィルターやヒーターなどで場所をとるところを、

そうしたものを一切排除して、レイアウトすることが出来ます。

 

 

ボトルアクアリウムを作る上での注意点

 

作り方は簡単ですが、生き物を飼うことになるので、

水質などの環境については細心の注意が必要になります。

 

魚は水中の酸素を吸って生きているので、

ボトルアクアリウムではあまりたくさんの魚を飼うことは出来ません。

生き物の知識も必要です。なにか疑問に思ったら、ショップの人に聞くと良いでしょう。

 

ボトルアクアリウムを作るために必要なもの

 

必要なものをまず準備しましょう。ボトル、床材、水草、魚、カルキ抜きした水を用意します。

その他にも小さな流木を入れたり、エビや貝を入れても良いでしょう。

 

瓶は手軽なところで、梅酒用の瓶が人気です。

大容量で持ち運びもしやすいのが特長。

その他にも、クッキージャーやガラスの花瓶なども適しています。

 

また、手入れをするときに必要な長いピンセット、大きめのスポイト、

水温計を持っておくと良いでしょう。

長いピンセットは水草を植えるときに、大きめのスポイトは水換えをするときに便利です。

水温計があれば魚の適温を知ることが出来ます。

 

ボトルアクアリウムの作り方

 

底砂にもいろいろな種類があります。

見た目で言えば砂利やビーズなどが可愛らしく見えますが、

水草の養分が含まれていないので、やはり初心者はソイルを使うのがおすすめです。

底砂はバクテリアを増加させ、活発にする働きをしてくれます。

水草を植えられるように、3~5センチほど入れ、カルキ抜きをした水をそっと注ぎます。

 

水草の種類は、何でも良いというわけではありません。

ボトルアクアリウムの中で元気に育ってくれる丈夫な水草を選びます。

マツモやアナカリス、ウィローモスなどがおすすめです。

 

ボトルを置く場所は直射日光が当たらないこと、また、ある程度の明るさが必要です。

温度変化があまりないところに置きましょう。

昼間はちょうどよくても、夜にぐっと下がってしまうと良くないからです。

 

最後に、パイロットフィッシュを入れます。

パイロットフィッシュはボトルの中に魚が暮らせる環境になっているかを見るために入れるものです。

おすすめはアカヒレです。とても強い魚なので、初心者におすすめです。

 

魚やエビ、貝をボトルに入れる

 

ボトルアクアリウムではメダカや、ネオンテトラなどの丈夫な熱帯魚などを飼うことが出来ますが、

エビも飼うことが出来ます。

エビはアクアリウム内のコケを食べてくれるので環境をきれいに保ってくれます。

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビは川に住む日本固有のエビです。

2~3センチ程度の小さな半透明のエビです。繁殖しやすいので、

ボトルアクアリウムでも繁殖するかもしれません。

寿命は1年程度。さまざまな可愛らしい色の改良品種が売られていて、

1匹200~500円程度で手に入れることができます。

 

 

  • ヤマトヌマエビ

3~6センチ程度のエビで、たくさんコケを取ってくれます。

水質変化に弱いので注意が必要です。たくさん餌を食べるので、

ボトルアクアリウムでは1~2匹で飼うと良いでしょう。寿命は1~3年程度。

 

ボトルアクアリウムの魅力は、さまざまな容器で部屋に馴染むインテリアを作り出せるという点。

バランスの取れた生命のコロニーとしての魅力も大きく、

部屋の片隅における癒やしのアクアリウムを手頃に作れるという点でも魅力的だと言えます。

ボトルの中でコケを食べる可愛らしいエビを見るのもとても癒やされます。

小さな自然を感じられるスペースとして、設置してみてはいかがでしょうか。

 

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:ボトルアクアリウムを立ち上げるなら!パイロットフィッシュにおすすめの魚5選

関連記事:【保存版】ボトルアクアリウムの水温管理方法を伝授します!

 

関連記事

  1. ボトルアクアリウムを立ち上げるなら!パイロットフィッシュにおすす…
  2. ボトルアクアリウム初心者におすすめの水底に住む生体
  3. 初心者でも大丈夫!ボトルアクアリウムの立ち上げ方を伝授します!
  4. 【保存版】ボトルアクアリウムの水温管理方法を伝授します!
  5. ボトルアクアリウムにコケや油が発生!取り除くにはどうすればいいの…
  6. ボトルアクアリウム初心者におすすめの水草5選

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由 メダカ 睡蓮 s
  2. 室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要?
  3. メダカ水槽におすすめ浮き草5選!初心者でも飼育が簡単
  4. メダカと水草を育てるならおすすめの低床は専用ソイル!
  5. インテリアにも使えるおしゃれなメダカ水槽のレイアウト特集 テトラ (Tetra) リビングキューブ 12 オールインワン水槽 淡水・海水用 (容量 約12L) amazon
  6. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

メダカの越冬、冬越、冬眠中の飼育はどうすればいいの?

こんにちは、魚は眺めるのも食べるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

世界よ、これが日本の美魚だ!オイカワを飼育してみよう

(淡水魚)オイカワ Mサイズ(1匹)日本の河川に棲んでいる魚、と聞くとコ…

ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい

(熱帯魚)ワイルド・グッピー ペルー産(1ペア) 北海道・九州航空便要保温…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、モンクホーシャ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳できない熱帯魚を…

ボトルアクアリウムの作り方と魚やエビの飼い方

ボトルアクアリウムという言葉をご存知でしょうか。文字通り、瓶を水…

ビオトープでカメを飼育してみよう

庭に池があればどれだけ心が落ち着くだろうか。池を構築するのにお金も時…

おすすめ記事

  1. 知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味
  2. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリットまとめ!
  3. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべきポイント
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、グローライトテトラ
  5. ブルーテトラを飼育しよう!トレンドの青をおさえつつ上品な雰囲気を持つブルーテトラ
  6. アクアテラリウムの陸地の土台の作り方。初心者でも大丈夫!
PAGE TOP