メダカの飼育・繁殖

メダカの目が大きくなったら注意!ポップアイという病気の症状と原因





 

メダカの病気で代表的なものにポップアイというものがあります。ポップアイになってしまったメダカは目が大きくなり、終いには取れてしまうという非常に痛々しい病気です。メダカを飼育していると気を付けていてもポップアイになってしまう可能性があります。

 

正しい知識を身に付けて早期に対処すれば治療が可能な病気なので、メダカを観察して目が大きくなってきた様子が見受けられたら対処しましょう。今回はメダカの目が取れてしまう病気、ポップアイについて解説します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました!

関連記事:室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要?

 

 

ポップアイとは?

 

ポップアイについては完全に解明されていませんが、エロモナス菌という細菌に感染して発症すると言われています。エロモナス菌は常在菌なので、常に水中に存在する菌です。ポップアイが発症する主な原因としては、メダカの抵抗力が弱り、常在しているエロモナス菌に抵抗力が負けて発症するといったものです。

 

危険な細菌が紛れ込んで感染したというよりも、メダカの抵抗力は落ちてしまったのが原因です。人間でも抵抗力が弱まった時に常在している菌に負けてしまって風邪をひいてしまうことがありますよね。似たような感覚と考えて良いです。

 

しかしメダカは体が小さいので、エロモナス菌に感染してしまうと重大な病気です。ポップアイはメダカの目が外に飛び出してくることから呼ばれています。病状は目の肥大や飛び出しが見られますが、病気は目だけでなく体内全体に及んでいます。

 

メダカの体力が低下し、耐圧バランスが崩れ一番圧力に弱い目が飛び出してきます。多くのポップアイは片目だけが飛び出してきます。

 

 

ポップアイの原因

 

ポップアイの主な原因は、水質の悪化や過密飼育などのストレスによる免疫力の低下です。頻繁にポップアイが発症してしまう水槽は、水質が悪化していることが考えられます。過密飼育を避けるか、フィルターの能力の向上を心がけて下さい。

 

抵抗力の低下によるエロモナス菌に感染以外にも、メダカ同士の小競り合いで体に傷がつき、そこから感染してしまうこともあるようです。しかし最適な水質を整えれば多発するような病気ではありません。

 

もし、ポップアイが発症する水槽なら環境の見直しをするべきです。

 

ポップアイになった場合の治療方法

 

ポップアイになってしまったメダカは自然に治癒することはありません。飛び出してしまった目は簡単に戻らないので、そのまま飼育を続けるしかありません。

 

目が少し飛び出してきた気がすると感じたら、すぐに隔離してメダカの抵抗力を高めるように塩浴や薬浴を行いましょう。ポップアイの早期発見なら完治も可能な病気ですので、早めの対処が肝心です。

 

ポップアイが発症したメダカの対処手順

 

 

1.メダカを隔離するプラケースを用意

2.プラケースに飼育水を入れ、水温を合わせる

3.飼育水の入ったプラケースにポップアイが発症したメダカを隔離する

4.隔離した所で、塩浴や薬浴を行う

 

ポップアイは発症してすぐに完治する病気ではありません。根気よく長い期間をかけて治してあげましょう。一匹のメダカがポップアイになったからといって、それが原因で感染を引き起こすことはありません。エロモナス菌は常在菌なので、既にメダカが保有している菌なのです。

 

複数のメダカがポップアイを発症した場合は、感染ではなくメダカの抵抗力の低下が原因です。ポップアイ治療の注意点が1つあります。病気を治すために水温を上げてメダカの代謝を促進させる方法がありますが、ポップアイを引き起こすエロモナス菌は25度以上で活性化するので、加温は厳禁です。隔離中はヒーターの温度をいつもより低い20度前後に設定しておくとよいでしょう。

 

関連記事:メダカを塩浴させる塩水の作り方!塩水の正しい計算方法

関連記事:メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

 

メダカのポップアイの原因と症状のまとめ

アクアリウムの解説ポイント f

 

メダカのポップアイについてまとめました。ポップアイは水質の悪化や過密飼育のストレスによって発症する病気なので、最適な環境を作れば未然に防ぐことができます。もし、ポップアイが多発するようであれば劣悪な飼育環境なので、見直すようにしましょう。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの転覆病の治し方!転覆病に効果的な塩浴を紹介

関連記事:メダカの立ち泳ぎ病の治し方、立ち泳ぎの原因と対策

 




関連記事

  1. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  2. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方
  3. ヒメダカと楊貴妃は似ているけど違いは何?
  4. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  5. スドー スターペット メダカのビニール温室 丸型450 amazon メダカの越冬準備をしよう!屋外飼育にはビニールハウスは必須
  6. メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点
  7. メダカを飼育する際の3つのポイント
  8. こんなにいる!メダカと混泳できる魚を一挙公開!

ピックアップ記事

  1. ミツクリザメ wikipedia

おすすめ記事

  1. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f
  2. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f
  3. 深海のタコ「メンダコ」は臭いってほんと? メンダコ Opisthoteuthis depressa wikipedia
  4. 見た目が怖い!?深海魚のミツクリザメの雑学 ミツクリザメ wikipedia
  5. ディープレッドホタルテトラのアクアリウムでの飼い方 ディープレッドホタル・テトラ charm
  6. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

グッピーと混泳できる熱帯魚、ハチェットフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。おとぼけ宅でグッピーを飼育していますが…

【高水温に注意】 熱帯魚水槽の夏の暑さ対策

熱帯魚というといかにも、南国の暑いところで育った魚というイメージがあって…

レッドビーシュリンプ水槽にヒドラが混入した時の対策・駆除方法

レッドビーシュリンプの水槽にフワフワと漂う、小さなイソギンチャク…

【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!

ビオトープは池そのものもビオトープになりますし、庭に作ったひょうたん池などもビオトープの一つ…

パイクシクリッドを飼育しよう!美しく、飼いやすく、かつ凶暴でもあり孤高さも魅力

(熱帯魚)クレニキクラ・レガニ サンタレン(ワイルド)(1ペア) 北海道・九州航空便要保温&n…

10cm超に育つ美しいテトラ!コンゴテトラを飼育しよう!

テトラと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、ネオンテトラ、カーディナ…

おすすめ記事

  1. 最も丈夫な水草として有名なアヌビアスナナ、レイアウト、グッピーにも最適な水草
  2. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ
  3. 初めてでも大丈夫!メダカの繁殖方法のコツを伝授します! 白メダカ
  4. グッピーのための照明器具
  5. 水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
PAGE TOP