ベタ

攻撃的な性格のベタが、実は人間になつく?





ベタ f

 

最近日本でもじわりと人気上昇中の熱帯魚が「ベタ」です。色鮮やかな体色が実にいいんですねえ。ところでこのベタ、人には「なつく」んでしょうかね?

 

魚は、アクアリウムで飼育していても人間になつくことはほとんどないとされています。しかし、わずかですが、人になつく熱帯魚というのもいます。ベタはどうなんでしょう?





ベタの特徴

 

ベタとは、スズキ目ベタ属の淡水魚で、ベタ属には50もの種類のベタがいます。その50のなかで、もっともメジャーな存在なのが「ベタ・スプレンデンス」です。この魚は昔から全世界で親しまれているので、ベタ・スプレンデンスだけをベタと呼ぶこともあります。

 

ベタが自然界に住んでいたのは意外にもタイのメコン川で、幼虫やプランクトンなどを食べて生きています。ベタで特徴的なのがやはり「体色」でしょう。かなり色鮮やかな体色を持っているので、このへんが昔から世界中で人気になっている理由なんですね!

 

アクアリウムをしていない普通の人でも、ベタを一目見れば「きれい」と思うでしょう。ただ、ベタの性格は「非常に気性が荒い」というのがあって、これが飼育の難しさにもなっています。そのため、ベタは「闘魚」とも呼ばれているんですね。

 

ベタのオスは縄張り意識が非常に強く、自分のテリトリーに入る他の魚を威嚇・攻撃することもしばしば。アクアリウムにおいても、ベタのオス同士で喧嘩をすることがあるので、これを遊戯として楽しむ人が出てきました。さらに、品種改良によって気性が荒い品種が登場しています。

 

また、オスでもメスでも、2匹を瓶等で仕切りにいれるだけでも、尾ビレや背びれ、エラを最大にまで広げて威嚇し合う行為があり。これを「フレアリング」と言います。これと同じような行動を猫もしますね(笑)

 

ベタはまさに目の覚めるような鮮やかな体色をしていますが、実はベタの鮮やかな色というのは、実はこの「闘魚」として品種改良を続けた結果ということがあるんです。





意外にも、ベタは人になつくんです!

ベタ f3

 

こんな性格をもつベタですが、ではアクアリウムで飼育すると人間になついてくれるのでしょうか。実は、なんとベタは人になつくらしいです!

 

これは意外ですよね。人になつく魚のことを「ペットフィッシュ」と呼びますが、ベタもこのペットフィッシュのひとつとされています。ベタというのは好奇心が強い魚でもあり、水槽にあるものにはいろいろな行動で興味を示します。

 

そのなかのひとつに喧嘩があるのかもしれません(笑)

色鮮やかな体色もありますが、このような行動があるので、ベタを見ていると飽きないというのはやはり魅力ですね。

 

しばらく飼育していると、餌の時間になると寄ってきたり、飼い主を見つめるようなしぐさもしてくれます!ヒレを微妙に動かして、こちらをじっと見つめてくれるので、そんなときはこちらも見つめ返してみましょう。ちなみに、他の魚では、餌を与えるときは近づいてきますが、ベタのようになつくようなそぶりはほとんどないとされているので、これはやはり楽しいですね。

 

 

おうち時間でベタに癒されてみては?

 

普段は攻撃的な性格でも、人間になつくという、ベタの意外な一面についてでした。見た目も鮮やかで楽しめるし、人間にもなついてくれるというので、やはり古今東西ベタが人気になっている理由はわかりますね。

 

ベタは人によくなつく「ペットフィッシュ」ともいわれています。人になついてくれる魚というのは少ないので、やはり魅力ですよねえ。ただ、けんかっ早いので、この点だけは問題かもしれません(笑)

 

フレアリングを楽しんでいる人もいるようです。なんと、鏡に移った自分の姿でもフレアリングをするというので、試してみてはいかがでしょうか。コロナで外出がなかなかしにくい昨今、人になついてくれるという貴重な熱帯魚の「ベタ」で癒されるというのもいいですね。

 




関連記事

  1. ベタ f ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察
  2. ベタの飼育に適した水槽ってどれ?
  3. ベタ f ベタの水合わせ方法は?水合わせのコツと飼育方法
  4. ベタは瓶でも大丈夫?ベタの飼育方法と水換えの仕方
  5. ベタ f ベタの冬眠や、飼育上の冬対策(冬越し)の管理方法
  6. ちょっとマニアック?ワイルドベタの飼い方!水質・餌・種類など
  7. ベタ f ベタがほかの魚と混泳するのは大変、ネオンテトラは混泳できる?
  8. ベタ f ベタに合う水槽は?おすすめのレイアウトなども紹介



おすすめ記事

  1. ヨシノボリを飼育しよう!ハゼのイメージを変える(?)
  2. アクアセラピー水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね
  3. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ
  4. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策 メダカ 稚魚3
  5. オヤニラミを飼育してみよう!小さいけれど迫力抜群!
  6. 日々異なる色彩が美しいフィッシュイーターキクラとアイスポット・シクリッドの仲間たち
  7. 日本産ナマズを飼ってみよう!古くから人気のペットフィッシュ
  8. グッピーと混泳できる熱帯魚ミッキーマウスプラティの飼育
  9. ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ! ビオトープ f
  10. 【アクアリスト必見】ADA『侘び草』の育て方と注意点の解説しちゃいます♪
PAGE TOP