まめの日常ライフ

ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!

この記事の所要時間: 151

ベタ

 

さて、先日からベタの飼育についてお話していますが、今日はベタの美しさを保つ方法についてお話しようと思います。

ベタはヒレが長くひらひらとして非常に美しいのですが、なんの手入れもしないとヒレがぼろぼろになったり、

上手く開かなくなったりしてだんだんと綺麗ではなくなっていきます。

 

ではどうすれば綺麗に保つことが出来るのでしょうか?

 

 

 

ベタにはフレアリングを行いましょう


まず、ベタは闘魚と呼ばれるように同種に対して非常に好戦的です。

なので、同種の魚、特にベタのオスを見るとヒレを目一杯広げて威嚇を始めます。

 

これをフレアリングといいますが、この現象を使って、

一日に一回はヒレを広げてもらってヒレの運動をしてもらうことでひらひらとした綺麗なヒレを保つことができます。

※動画はフレアリング中のベタ

 

 

フレアリングのやり方

ベタ フレアリング

 

さて、ヒレのためにはフレアリングがいいと書きましたが、どのようにフレアリングをさせればいいのかという疑問があるかと思います。

同種のベタを見ればフレアリングを始めるということは同種のベタを混泳させればいいなんて思わないでください。

次の日には片方死んでますので(笑)

 

では、仕切りを使って水槽を2つにわけてベタを買うのがいいと思うかもしれませんが、これも良い方法ではありません。

なぜなら、フレアリングは体力を使うので、一日中隣に同種のベタがいるとずっとフレアリングしなければならず体力を消耗してしまうからです。

10分くらいだけ、仕切りのついた水槽に入れてフレアリングさせるのもいいかもしれませんが、一番いいのは鏡を使う方法だと思います。

水槽にベタを一匹だけ入れて飼育し、一日に一回10分程度、そのベタに鏡を向けます。

 

そうするとベタは自分の姿を見て敵だと誤解しフレアリングを始めるのです。

10分経過したら鏡を回収するだけなので難しいことは何もありません。

 

 

フレアリングの注意点


ただ、問題があるとすれば鏡を回収し忘れたとき、ベタがずっとフレアリングを続けてしまうため体力的に弱ってしまう可能性があるくらいでしょうか。

一回回収を忘れたくらいでは死に至ることはありませんが、調子を崩すきっかけにもなりますので、回収し忘れのないように十分気をつけてあげてください。

 

フレアリングをさせることで、ベタはその魅力を保つことができます。

ベタを飼育する際はぜひ試してみてくださいね。

 

フレアリング用の鏡はチャームでも販売中

 

鏡をしまい忘れを防ぐ、すぐにフレアリング出来る!というメリットがあります。

 

 

関連記事:ベタの飼育に適した水槽ってどれ?

関連記事:トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について

関連記事:グッピーにもアクアリウム初心者にも適した入門水草、「アナカリス・金魚藻」の紹介

 

—美しき闘魚 ベタのすべて—

ベタ

 

よく読まれている記事

水道水 蛇口

よく読まれている記事:カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法

テラリウム

よく読まれている記事:アクアリウムをやっていると感覚が研ぎ澄まされる事ってない?

試験 アクアリウム

よく読まれている記事:水槽水の水質も大切、水質検査のやり方

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめアクアリストライター:

まめ

自己紹介:

60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)
好きな熱帯魚:

コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  2. ネオンテトラ 飼育方法 – 好む水温について
  3. 赤・黄色・オレンジ・青・白・黒など様々なミナミヌマエビの亜種紹介…
  4. ゼブラダニオの飼育|混泳できない熱帯魚たち
  5. ネオンテトラに合う水草って何? アマゾンソードプラント、ヘアーグ…
  6. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ…
  7. ミナミヌマエビの最適な飼育方法 – フィルター(ろ過…
  8. ネオンテトラの飼育 飼い方 – 底床編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 26日

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました!

ビオトープをセットするために必要となる備品などを紹介したことがありますが…

グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混…

最初のアクアリウムで何から始めたらいいか分からない?そんな貴方に小型のカラシンがお勧め!

まるで水族館にいるかのようについ見入ってしまうこともあるのがアクアリウム…

スネークヘッドの世界!ハンターの凄みを楽しむ

スネークヘッドは日本にも棲息するライギョ(雷魚)の仲間です。鋭い…

【保存版】グッピーの産卵箱に入れる兆候とタイミング

グッピーは卵ではなく、稚魚を生む習性があること、ご存知でしたか?…

レインボースネークヘッドは初心者でも飼育できるの?

(熱帯魚)レインボースネークヘッド(1匹) 北海道航空便要保温怪魚マニアのみならず、多くのア…

おすすめ記事

  1. ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい
  2. 海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?
  3. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  4. 正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法
  5. 水槽レイアウトが苦手な方必見、誰でも簡単に水槽のレイアウトの作り方!
  6. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策
PAGE TOP