まめの日常ライフ

ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!

この記事の所要時間: 151

ベタ

 

さて、先日からベタの飼育についてお話していますが、今日はベタの美しさを保つ方法についてお話しようと思います。

ベタはヒレが長くひらひらとして非常に美しいのですが、なんの手入れもしないとヒレがぼろぼろになったり、

上手く開かなくなったりしてだんだんと綺麗ではなくなっていきます。

 

ではどうすれば綺麗に保つことが出来るのでしょうか?

 

 

 

ベタにはフレアリングを行いましょう


まず、ベタは闘魚と呼ばれるように同種に対して非常に好戦的です。

なので、同種の魚、特にベタのオスを見るとヒレを目一杯広げて威嚇を始めます。

 

これをフレアリングといいますが、この現象を使って、

一日に一回はヒレを広げてもらってヒレの運動をしてもらうことでひらひらとした綺麗なヒレを保つことができます。

※動画はフレアリング中のベタ

 

 

フレアリングのやり方

ベタ フレアリング

 

さて、ヒレのためにはフレアリングがいいと書きましたが、どのようにフレアリングをさせればいいのかという疑問があるかと思います。

同種のベタを見ればフレアリングを始めるということは同種のベタを混泳させればいいなんて思わないでください。

次の日には片方死んでますので(笑)

 

では、仕切りを使って水槽を2つにわけてベタを買うのがいいと思うかもしれませんが、これも良い方法ではありません。

なぜなら、フレアリングは体力を使うので、一日中隣に同種のベタがいるとずっとフレアリングしなければならず体力を消耗してしまうからです。

10分くらいだけ、仕切りのついた水槽に入れてフレアリングさせるのもいいかもしれませんが、一番いいのは鏡を使う方法だと思います。

水槽にベタを一匹だけ入れて飼育し、一日に一回10分程度、そのベタに鏡を向けます。

 

そうするとベタは自分の姿を見て敵だと誤解しフレアリングを始めるのです。

10分経過したら鏡を回収するだけなので難しいことは何もありません。

 

 

フレアリングの注意点


ただ、問題があるとすれば鏡を回収し忘れたとき、ベタがずっとフレアリングを続けてしまうため体力的に弱ってしまう可能性があるくらいでしょうか。

一回回収を忘れたくらいでは死に至ることはありませんが、調子を崩すきっかけにもなりますので、回収し忘れのないように十分気をつけてあげてください。

 

フレアリングをさせることで、ベタはその魅力を保つことができます。

ベタを飼育する際はぜひ試してみてくださいね。

 

フレアリング用の鏡はチャームでも販売中

 

鏡をしまい忘れを防ぐ、すぐにフレアリング出来る!というメリットがあります。

 

 

関連記事:ベタの飼育に適した水槽ってどれ?

関連記事:トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について

関連記事:グッピーにもアクアリウム初心者にも適した入門水草、「アナカリス・金魚藻」の紹介

 

—美しき闘魚 ベタのすべて—

ベタ

 

よく読まれている記事

水道水 蛇口

よく読まれている記事:カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法

テラリウム

よく読まれている記事:アクアリウムをやっていると感覚が研ぎ澄まされる事ってない?

試験 アクアリウム

よく読まれている記事:水槽水の水質も大切、水質検査のやり方

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめアクアリストライター:

まめ

自己紹介:

60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)
好きな熱帯魚:

コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. ネオンテトラに最適なフィルターについて 飼い方・飼育方法の基礎知…
  2. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  3. トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について
  4. コリドラス・ステルバイの魅力と飼育方法について
  5. ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できる相性の良い生体 
  6. ネオンテトラの飼育 飼い方 – 底床編
  7. ネオンテトラの飼育方法 – 底面フィルターを徹底解説!
  8. ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 26日

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

薄さ、明るさ、美しさにこだわった コトブキ フラットLED 600を使ってみた

こんにちは、おとぼけです。今年の5月にLEDライトを導入する際の注意点でも紹介しましたが…

【飼育】ミスジドロガメを飼ってみよう!

暑さのピークも過ぎ、人にとっても…

ベタの飼育 – 水槽の底砂(底床)はどれを選べいいでしょうか?

さて、今回はベタの飼育に最適な底床についてお話しようと思います。…

メダカを購入するなら知っておくべき種類と値段

メダカには多くの品種が存在します。飼育を始める前に、品種ごとの特徴や…

メダカを飼育する際の3つのポイント

はじめまして まりももり です。私はメダカの飼育について書かせてもらいます。これから…

【夏の管理の仕方】ビオトープの水温管理のコツを教えちゃいます!

ビオトープの管理で最も難しいのは水質の管理です。とくに24時間ビ…

おすすめ記事

  1. 祇園周辺に立ち寄ったら祇園祇をん萬屋さんの「ねぎうどん」がオススメ
  2. ピンク?赤?あなたはどっちのパロットファイヤー?
  3. 金魚の薬浴のしかたと薬浴期間中の世話
  4. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
  6. 正しい熱帯魚やエビの水合わせ・トリートメントの方法
PAGE TOP