メダカの飼育・繁殖

水槽で飼っていたメダカが跳ねる!?原因と対策について





メダカ f

 

メダカは、ポピュラーな魚として人気ですね。飼育も比較的しやすいので初心者にもおすすめの魚です。しかし、このメダカ、実は水槽で飼っていると「跳ねる」ことがあるようです。水槽で飼っていたメダカがいきなり跳ねたら、初心者の人はびっくりしてしまいますよね?

 

跳ねすぎて水槽から飛び出してしまう、という困ったケースもあります。ということで、ここでは、メダカが「跳ねる」理由と、その対策について紹介します。

 





 

おなじみのメダカ

 

淡水魚のメダカは日本人が昔から親しんできた魚です。ただ、ひと昔前はちょっとした川などでもよくみかけたメダカも、最近は環境汚染などの影響で減少しているそうです。アクアリウムにおいてもメダカは人気で、飼育の難易度も比較的に低いので初心者で飼っているという人も多いでしょう。

 

関連記事:自然界のメダカの捕まえ方、子供時代を懐かしもう

関連記事:メダカを川に放流するのは生態系が壊れるのでやめましょう

 





 

メダカが跳ねる!?なぜ!?

メダカとマツモ2 f

 

水槽でメダカを飼っているとき、メダカが突然「跳ねる」ことがあります。初心者の人だと、これは驚きますよね。普通メダカや魚のことをよく知らないと、魚が跳ねるなんてことはしないと思っているでしょう。ところが、実は野生のメダカも跳ねるんです!

 

これは、あまり魚のことを知らない人だったら意外な事実ですよね。飛ぶ魚といえば「トビウオ」とかが有名ですが、野生のメダカも跳ねるんですねえ。野生のメダカが跳ねるのには当然理由があるからです。メダカは、産卵のための環境を探す必要がありますが、そのとき川にある障害物を飛び越えたりするために跳ねることがあります。また、獲物を食べるために跳ねることもあります。元気があるメダカなら、なんと十センチ以上跳ねることもあるというので、これはすごいですねえ。

 

 

水槽でメダカが跳ねる原因

 

では、なぜ水槽で飼っているメダカが跳ねるのでしょうか。それはもちろん、野生のメダカが行っている普通のことだからということもあるでしょう。ほかの理由としては、水質など、まだ水槽の環境に慣れていない、なにかが原因でびっくりするなどということがあります。

 

メダカはほかの魚よりも多くの水温に対応できますが、夏場は水温が非常に高くなるため、このため跳ねて逃げようとすることがあります。夏場の屋外で飼育するなら、水槽の水温には特に気を付けましょう。新しい水槽でメダカを飼いだしたときは、メダカがまだその環境に慣れていないため、跳ねることがあります。

 

そのため、最初のころは特に注意しましょう。もうひとつ考えられるのが、良い環境の水槽で育っているメダカなら、元気が良すぎて跳ねるということもあるかもしれません。元気が良すぎて跳ねるなんて、なんかかわいいですね。特別な病気というわけでもないので、そのへんは心配しなくてよいでしょう。

 

 

メダカが外から出てしまう対策

 

ただ、メダカが跳ねることで問題になるのが「水槽から出てしまう」ことですね。寝ているときなど、目を離しているときに跳ねてしまい、朝起きたら水槽から飛び出したメダカが死んでいた、などというケースがあると悲しいですね。そこで、メダカの脱出対策について紹介します。

 

まず、水面を下げると、魚の水槽脱走対策になります。理由は簡単ですね。水槽ギリギリに水を入れておくと、わずかなジャンプで外に出てしまうことになります。メダカの水槽脱出を防ぐため、可能な限り水槽上面から水面は3センチ以上の間を作りましょう。

 

次に、水草を入れるという方法もあります。水草を入れると、メダカが水面に行く機会が減少します。水草はメダカの隠れ場所になって、上記のようなびっくりして跳ねてしまうケースを少なくしてくれます。また、簡単なことですが、水槽に蓋をすることで防ぐことができます。

 

ただ、蓋をしてもどこかにすきまができるとそこから出てしまうこともありえるので、きちんとすきまをふさぐように対策をしましょう。あまり重い蓋だと、メダカが怪我をすることもあるので気を付けましょう。

 

 

水槽から飛び出せないようにしましょう

 

メダカが「跳ねる」現象と、水槽から飛び出てしまうときの対策についてでした。初心者の人ならなにかの病気かも?と思ってしまうかもしれませんが、これは野生のメダカもしていることで、その名残なんですね。逆に、元気のいい証拠というくらいなので、そう考えると跳ねるなんてかわいいですよね。

 

ただ、跳ねて水槽から飛び出してしまうということについては注意したほうがよいでしょう。水面を低くする、水草を入れる、蓋をするといった対策をすることで飛び出しを防止することができます。

 

関連記事:メダカを飼っていて、1週間くらい家を留守にするときは?

関連記事:メダカを長生きさせるために!元気ないメダカの見分け方

 

 




関連記事

  1. メダカ f メダカの失踪原因は共食い!?水槽から消える原因と対策
  2. メダカとマツモ f 【メダカの越冬】落ち葉は有効なの?
  3. メダカ 睡蓮 s 睡蓮鉢ビオトープはメダカの初心者飼育に最適な理由
  4. メダカ水槽の頼れる相棒!ドワーフフロッグビットの育て方と冬越し対…
  5. オオサンショウモ(サルビニア) amazon メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理…
  6. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  7. メダカ f メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと
  8. メダカ f メダカが突然死んでいる!メダカの死因と対策



おすすめ記事

  1. 地球を食べる雄大な姿を楽しむ!ゲオファーガスの飼育方法
  2. メダカの繁殖と無事孵化させて稚魚を育てるコツ メダカ 睡蓮 s
  3. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターのメリットを紹介!
  4. ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!
  5. ネオンテトラに合う水草って何? アマゾンソードプラント、ヘアーグラス
  6. メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  7. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方
  8. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  9. 素手で触ると溶けてしまうサケビクニンの生態に迫る【動画アリ】
  10. 【大問題】国内で見られる外来魚をまとめてみました
PAGE TOP