シュリンプ系 メダカの飼育・繁殖

レッドチェリーシュリンプとメダカは混泳可能?

スーパーレッドチェリーシュリンプ uuum

 

レッドチェリーシュリンプというのはエビの一種で、人気の熱帯魚の品種ですが、ほかの魚といっしょに混泳させると食べられてしまうという説があります。これはほんとうのことなんでしょうか?

 

メダカ f

 

たとえばメダカは温和で小さい魚ですが、メダカとの混泳はできるのでしょうか?

 

 

レッドチェリーシュリンプは人気の熱帯魚

スーパーレッドチェリーシュリンプ uuum

 

レッドチェリーシュリンプは、その名の通り赤い体色のエビで、体長が3〜4センチほどと小さく、飼育も容易なので初心者にも人気の熱帯魚です。本当の色は茶色なんですが、観賞魚として赤色に変異されています。

 

飼育が容易なのは、ほかの熱帯魚に比べれば水質にうるさくないからです。水槽は小さいものでもできますが、できれば余裕があったほうがよいでしょう。繁殖しやすいので、1年もたたずにたくさん子供ができるからです。砂底のソイルを黒にすれば、体色と美しいコントラストができます。

 

 

レッドチェリーシュリンプの好む水温は22度〜25度前後です。酸欠しやすい魚なのでエアレーションを作り、冬の寒さ対策にはヒーターを使いましょう。飼育では、水草を入れてあげるのがベターです。

 

 

自分の身を守るために、レッドチェリーシュリンプは水草の近くにいることを好んでいるからです。よい隠れ家になるからですね。また、水草のコケ・微生物を食べるという点もあります。

 

 

おすすめの水草は、自然の雰囲気を醸し出す効果がある「ウィローモス」「ミクロソリウム」です。これらの水草は、レッドチェリーシュリンプの体色とよいコントラストとなる点もうれしいポイント。

 

レッドシュリンプ uuum

 

また、レッドチェリーシュリンプは飼育している環境で体色が変わります。明るい色が多い環境では体色は薄く・透明になっていきますが、暗い色が多い環境では赤色が濃くなります。これ以外にも水のpH値や温度、餌といった要素も体色に影響を与えます。餌は生き餌と高タンパク質高脂肪のものが体色を鮮やかにするとされています。

 

 

 

レッドチェリーシュリンプと混泳できないこともない

スーパーレッドチェリーシュリンプ uuum

 

さて、レッドチェリーシュリンプの混泳についてです。自然界では捕食者なことが多いレッドチェリーシュリンプも、アクアリウムでは簡単にほかの魚たちに食べられてしまいます。混泳している魚が、小さくても、噛まれるといったストレスが死因になることもあります。

 

なので、レッドチェリーシュリンプを繁殖させたいと思っている人は、混泳はおすすめできません。レッドチェリーシュリンプの繁殖目当てなら、単独での飼育がベストでしょう。しかし、メダカのような小さくて性格が攻撃的でない魚では、混泳も可能とされています。

 

ネオンテトラ

カージナルテトラ

ハーレクインラスボラ

オトシンクルス

ドワーフコリドラス

 

 

などがレッドチェリーシュリンプと混泳可能な熱帯魚です。メダカについても、いくつかの種のメダカなら、十分成長したレッドチェリーシュリンプと混泳できます。たとえば、メダカの残した餌をレッドチェリーシュリンプが食べてくれることもあります。

 

メダカとの混泳では、メダカの卵や稚魚を食べてしまわないか心配になるかもしれませんが、レッドチェリーシュリンプが食べることはないでしょう。ただし、レッドチェリーシュリンプがまだ成長していないと、オトシンクルスなどの魚でも食べられてしまう危険性が高いようです。

 

混泳時にも、水草が役に立ちます。ウィローモスなどの水草で覆われた隠れ場があれば、そこにコロニーを保持することで、たとえ大きい捕食魚とでも混泳させることが可能とされています。

 

 

レッドチェリーシュリンプはメダカとの混泳はできます

チェリーシュリンプ uuum

 

レッドチェリーシュリンプとメダカの混泳はできるのかどうか、についてでした。レッドチェリーシュリンプですが、繁殖させたいなら基本的に単独飼育がおすすめです。

 

しかし、メダカのような小さい魚なら混泳は可能とされています。また、水草を入れるとレッドチェリーシュリンプの格好の隠れ家にできるので、ぜひ入れてあげましょう。

 

関連記事:レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意点

関連記事:レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

 

 

-シュリンプ系, メダカの飼育・繁殖
-