グッピーの基礎知識

アクアリウムをやっていると感覚が研ぎ澄まされる事ってない?

この記事の所要時間: 223

ディスカス 水槽

 

こんにちは、日本全国のアクアリストの皆さん。

今日もご自身で飼育している熱帯魚達は優雅に泳ぎまわっていますか?

 

 

レイアウトなどの細部に拘り自分の世界観を水槽内で表現し

その世界の中でうまく生体達は順応できていますか。

 

 

今回はアクアリストを初めた事によって生活の変化や自分自身の価値観の変わり方について軽く紹介したいと思う。

 

 

恐らく皆さんも同じような感覚に共感すると思いますよ。

 

それじゃ今日も行ってみよう!

 

いつも見慣れた風景が違って見えてくる

アクアリウム 森 綺麗

 

同じ景色を毎日見ているはずなのにアクアリウムをやっているとまた別の気付きや違った視点が見えてくる。

 

庭園を散歩すると、センスの良い石の配置や自然の香り。

 

普段は気にする事もなかったのではないでしょうか。

 

 

そしてアクアリウムをやっているからこそ、拘るレイアウト。

 

龍安寺

 

自然には多くのレイアウトが存在し、庭園でも製作者のセンスを感じる事が出来ます。

 

 

しかも製作者は何百年前の古人のセンスに対する敬意、改めて凄い美意識を痛感しませんか?

 

 

それは自分自身の中で美意識が芽生えている事にもなります。

 

 

恐らくそれは意識的にではなく無意識的に美意識が芽生えていると思いますよ。

 

公園などや人工物の自然さえ感動してしまう

テラリウム

 

造園や生け花の興味も湧いてきませんか?

あのシンプルさにある美しさ。

 

 

そして自然などでは流木の曲がり具合、

石の形状なども深く観察する目が既に養っていると思います。

 

 

 

雑草に対しても無関心だった

雑草

 

アクアリウムをやる前でしたら、きっと石の周辺に生えている雑草なども気にしませんよね?

 

 

雑草の光があたる位置なども考えたことありますか?

 

恐らくないですよね。

 

 

 

これはアクアリウムをやっていると、水草にしっかりと光量を浴びさせる為に考えてる人じゃないとそんな発想を思いつかないと思います。

 

 

アクアリウムをやると自然に対して身近に感じ、更に自然を身近に置きたいという感覚を経験したことありませんか?

 

 

庭園、ベランダ園芸、ビオトープや植物などと共に暮らしたい。

 

人間の本来の素朴に思っている自然への感情。

 

 

現代社会では環境破壊も進んでおり自然も減っていっている状況ですよね。

 

今ある自然に感謝しよう。

 

 

自然を自分の水槽内に取り入れよう。

 

 

ほら、また一歩、美意識も高まりレイアウトなどの技術も格段と上がると思います。

 

アクアリストの感性が芽生える

水槽 レイアウト イメージ

 

 

・自然に対して感謝をする

 

・自然の風景、雰囲気を自分の水槽内に取り入れる

 

・自然が身近に感じるようになり更に求めたくなる

 

こんな感覚皆さんも一度はおありでしょう?

 

 

この機会にテラリウムを始めるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事:水槽にバックスクリーンを貼れば雰囲気が激変

関連記事:石を使ったセンスのある水槽のレイアウト技 石の種類編

関連記事:水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ

 

編集後記:

自然 空 熱帯魚

いやー、だいぶ暖かくなりましたね。

というか、日中は熱い。

 

ベランダに設置しているメダカ達も今では元気に泳ぎまわっており、もう完全に冬眠から目覚めたようですね。

メダカたちよ、よくやった。

よく冬を越してくれたな。

そろそろビオトープにも新しい生体を入れようかね。

 

関連記事

  1. オスカーとパロットファイヤーを混泳してみた!
  2. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  3. アクアセラピー|水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね
  4. 薄さ、明るさ、美しさにこだわった コトブキ フラットLED 60…
  5. ゼブラダニオの飼育|小型水槽向けろ過器選び
  6. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…
  7. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!
  8. 【アオミドロを食べる熱帯魚達】エビも活躍してくれる!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

グッピーの繁殖の特徴

グッピー飼育の楽しみの醍醐味でもある一つが繁殖です。グッピーは他…

タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!

さて、もうひとつタンクメイト候補としてお勧めしたいのは「レッドラムズホー…

メダカの餌の作り方とあげる時間について

可愛らしくて丈夫で飼いやすく、最近は種類も豊富なことで人気のあるメダカ。…

心を癒してくれるアクアリウムの醍醐味、熱帯魚を飼育してリラックス効果を得よう

こんにちは、はじめてのアクアリウム管理人のおとぼけです。熱帯魚を…

ニョロニョロ好きのアイドル?スパイニーイールの飼育を楽しむ

イール(ウナギ)の名前がついていますが、蒲焼きになるウナギとは別種。…

【これさえ抑えれば大丈夫!】レッドチェリーシュリンプの繁殖や基本的なことまとめ

比較的繁殖の難易度が低いと言われているシュリンプ系。最初は結構苦戦することも多いのですが…

おすすめ記事

  1. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  2. レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介
  3. ホルスタイン・タティアを飼おう!「カワイイ」を小さな水槽で!
  4. コリドラス・ステルバイの魅力と飼育方法について
  5. ネオンテトラ 飼い方 – 混泳できない熱帯魚たちの紹介
  6. 【大問題】国内で見られる外来魚をまとめてみました
PAGE TOP