海水魚

海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルターで迷ったらこれだ!

この記事の所要時間: 333

熱帯魚

 

さて、前回の記事は

もう迷わない!海水魚の飼育ならどのフィルターを選ぶべきか決着をつけようじゃないか!

海水水槽で使うフィルターとして、外部フィルター、上部フィルターを使うのはどうかという話をしました。

 

今回は、その他のフィルターの話をしようと思います。

 

基本的には、海水水槽では濾過能力が高いフィルターが必要になりますので、

この2つ以外のフィルターは使いませんが、

場合によっては使える場合もありますので参考にしてください。

 

 

外掛けフィルターについて

水 エアレーション

 

淡水水槽ですと、小型水槽であっても外掛けフィルターはあまりオススメしませんが、

小型の海水水槽で外掛けフィルターを使うというのは意外とありだと思っています。

 

理由は、プロテインスキマーを使いやすいためです。

 

プロテインスキマーって何?

ベアタンク スポイト

 

プロテインスキマーとは不純物を取り除くフィルターのサポートをしてくれるようなものであり、

これがあると飼育が容易になると思ってください。

 

アンモニアや亜硝酸が出にくくなりますので、

海水魚、珊瑚どちらを飼育する場合でもあったほうが良いと思います。

 

そういったプロテインスキマーは外掛けフィルターに

取り付けて使うものが幾つか販売されていますので

そういった意味で、外掛けフィルターは使いやすいかと思います。

 

 

 

スポンジフィルターについて

スポンジ

 

生物濾過の能力は高いのでありといえばありですが、

やはりスポンジフィルターはスポンジが景観を損ねますので海水水槽だと特に扱いに困ります。

 

上手くスポンジ部分を隠せるのであれば使用できますが、

濾過能力を考えると小型水槽でしか使えず、

そうなるとスポンジが主張しすぎるということでとても扱いづらいと思います。

 

小型の水槽でもスポンジフィルターだけではやや不安で、

底面フィルターなどと併用するのが良いかと思います。

 

底面フィルターについて

photo credit: Salina via photopin (license)

photo credit: Salina via photopin (license)

 

小型水槽で海水魚を楽しむなら底面フィルターが良いのではないかと個人的には思います。

 

小型の水槽で使えるフィルターの中では非常に濾過能力が高く、

それでいてスポンジフィルターほど景観を損ねません。

 

エアレーションも兼ねてくれますし、扱いやすいと思います。

 

ただ問題があるとすれば、底床に砂を使えないことがあります。

 

さらさらとした細かいサンゴ砂を使うことができないので、

底床には少し大きめのサンゴ砂を使うか大磯砂を使うことになります。

 

もう一つの問題は底床が厚めになるということです。

30cm水槽ならまだいいですが、20cm程度の水槽だと底床だけで圧迫感があるかもしれません。

 

水中フィルターについて

 

水中フィルターは濾過能力が低いのであまりお薦めはできません。

 

ただ、20cm程度の水槽だと水中フィルターくらいしか選択肢はないので、

かなり小型の水槽には使う機会があるかもしれません。

 

ろ材を少し良い物にするなど濾過能力を上げてから使うことをオススメします。

 

ただ、20cm水槽に水中フィルターのみでも小型のスズメダイ1匹くらいなら飼育できますので、そういった設備から海水魚を始めるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

かつて自分は36cmの水槽で底面フィルターとスポンジフィルター、

そして大磯砂を使って、カクレクマノミ、ヨスジリュウキュウスズメダイ、

シリキルリスズメダイ、ヤドカリなどを飼育していたことがあります。

 

1年以上問題なく飼育できていましたので、

このくらいの設備でも海水魚を始めることはできると思います。

 

今は20cmの水槽に水中フィルターのみといった水槽でヨスジリュウキュウスズメダイを飼育していますが、こちらも1年程度問題なく飼育できています。

 

人気のあるカクレクマノミも同様の設備で飼育できますので、

興味のある方は小さな水槽から飼育してみるのもいいかと思います。

 

ただ、小さい水槽のほうが飼育の難易度は上がりますので、

できれば大きな水槽から始めることをオススメします。

 

 

海水魚サンゴぎっしり水槽動画

 

こちらの動画は、埼玉県所沢市の「海水魚サンゴ販売専門店マリンキープ」の海水魚の動画です。

海水魚と珊瑚がぎっしりな環境を水換えだけで維持しています。

いやー、それにしても美しい水槽だ。

これは直接店舗に行ってみる価値あり!

 

 

よく読まれている記事

photo credit: Chock full of color via photopin (license)

 

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

深海ヘルメット

 

 

よく読まれている記事:まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

好きな熱帯魚:
コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. ヒトデの飼育方法をご紹介!海水水槽のアクセントに!
  2. もう迷わない!海水魚の飼育ならどのフィルターを選ぶべきか決着をつ…
  3. 【海水魚飼育歴10年】誰でもできる海水魚水槽立ち上げ方法を伝授し…
  4. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ…
  5. 初心者のための海水魚飼育(飼い方)淡水魚と海水魚の違いを徹底解説…
  6. 何でイソギンチャクの飼育は難しいの?失敗例と共に徹底解説!
  7. 【初心者でも大丈夫】ソフトコーラルとイソギンチャクを飼育してみよ…
  8. コレで安心!海水水槽のおすすめの底砂をご紹介

ピックアップ記事

  1. 思い出のマーニー ストーリー

おすすめ記事

  1. 陽火石は水のpHに影響を与える?最適なレイアウトや導入時の注意点
  2. メダカの縄張り争い(いじめ)の解消方法 
  3. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  4. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  5. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  6. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!

ピックアップ記事

おすすめ記事

どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法

アクアリウムをやっていると、水槽内に、導入した覚えのないものがひょっこり…

ゼブラダニオの飼育|混泳できない熱帯魚たち

さて前回は、ゼブラダニオと混泳できる魚について書きましたが、今回は混泳で…

京都パワースポット・清水寺の 音羽の滝(京都水ご利益)を体験

こんにちは、おとぼけです。巷ではパワースポット巡りが、ブームです…

1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご紹介!

もっと手軽にアクアリウムを始めたい人向けに、小型水槽の導入についてちょっ…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッド

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプ・シクリッド…

熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

熱帯魚飼育では必要不可欠なアクア用品。その中でも絶対必要なアクア…

おすすめ記事

  1. グッピーとは混泳してはいけない、ノソブランキウス ギュンテリー レッド の紹介
  2. 初めての海水魚ならこれだ!ヤエヤマギンポ、ハタタテハゼ、ヤドカリ、ヨスジリュウキュウスズメダイ!
  3. 祇園周辺に立ち寄ったら祇園祇をん萬屋さんの「ねぎうどん」がオススメ
  4. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
  5. 熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた
  6. コリドラスが喜ぶ!オススメ餌5選と与え方のコツ
PAGE TOP