まめの日常ライフ

【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミを飼おう!繁殖から価格まで網羅!

この記事の所要時間: 35

カクレクマノミ

 

さて今回はいよいよ具体的な生体の飼育についての話です。

海水魚の最初を飾るのはなんといってもこの魚でしょう!

ファインディング・ニモでお馴染み、カクレクマノミです。

赤と白のコントラストが美しく、淡水ではなかなか見られない鮮やかさを持つ魚でいかにも海水魚という感じがいいですね。

 

カクレクマノミの飼育難度について

 

実はこの魚、数ある海水魚の中でも入門種として扱われていて、決して飼育は難しくない種類になります。

温度変化に強く、多少水が汚れても気にしないですし、小さな水槽でも飼育できますので、30cm水槽で1匹か2匹飼育するということも出来ます。

温厚でのんびりそうなフワフワとした泳ぎ方ですが、意外とやるときにはやる子なので、餌の奪い合いには負けません。

なので、混泳している場合でも餓死の心配はあまりないでしょう。

 

カクレクマノミの価格

 

価格も1匹1000円程度からと海水魚の中では割りと安価で購入できますし、飼育を始めやすい種になります。

ちなみにカクレクマノミの多くは我が地元の岡山、岡山理科大学のアクアリウム科で作られています。

岡山理科大学は淡水魚と海水魚が共存できる好適環境水の作成にも力を入れていて、岡山駅では無数の海水魚と淡水魚(主に金魚)が一緒に飼育されている水槽がありますので、ぜひ一度見に来ていただけたらと思います。

さて、話はそれましたが、カクレクマノミにも弱いところがあります。

 

カクレクマノミ飼育の水温

 

それは暑さです。少々の温度変化なら問題ありませんが、30度を超えるような水温が続く環境だと飼育は難しいと思います。

なので、夏場はファンかクーラーの設置を奨励したいです。

 

カクレクマノミの繁殖について

 

カクレクマノミの繁殖は海水魚の中では最も簡単な部類に入ります。

と、言うのも、オスメスのペアを考えて購入する必要が無いからです。

通常、繁殖を考える場合、ショップからオスの個体とメスの個体を購入して繁殖を目指しますが、カクレクマノミの場合、適当に2匹買ってくれば大きい方の個体が勝手にメスになってくれます。

小さい方はオスなので、自然とオスメスのペアができるというわけです。

繁殖を気にしてたくさん購入する必要がないのはいいですね。

 

カクレクマノミの混泳について

熱帯魚

 

カクレクマノミの飼育を始める際、水槽を華やかにしたいと思い混泳を考える人は多いかと思います。

しかし、注意してください。カクレクマノミは混泳するのにちょっと厄介な魚なんです。

あんなにかわいくてフワフワと温厚そうに泳ぎますが、実はかなりテリトリーの意識が強く好戦的なので混泳の際には相手を選びます。

カクレクマノミが赤白だから青黄のシリキルリスズメダイとか白黒のヨスジリュウキュウスズメダイとか混泳にいいかも!と思うのは甘いです。

 

カクレクマノミはスズメダイ科に属していて、このスズメダイ科の魚は同種のスズメダイ科と非常に仲が悪いです。

シリキルリスズメダイもヨスジリュウキュウスズメダイも非常に好戦的なスズメダイ科ですので、水槽内は喧嘩三昧になるでしょう。

以前、うちではカクレクマノミとシリキルリスズメダイを混泳させていましたが、隠れ家が沢山あるにもかかわらずよく喧嘩していました。

混泳するならスズメダイ科以外の魚にした方がいいかと思います。

 

 

カクレクマノミの動画

 

ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ飼育のまとめ

カクレクマノミ

 

基本的には丈夫でなので飼育は容易です。

パイロットフィッシュにするほどではありませんが、様子を見ながら立ち上げ2ヶ月ほどで導入してもよいかと思われます。

注意すべきことは高温と混泳の2点のみで、意外と好戦的で凶暴な魚だという認識で飼育すれば問題ないかと思います。

小さな水槽でも始められる魚なので、海水魚だからと難しいと思わずに一度飼育をしてみると面白いと思います。

これを機にカクレクマノミを飼育してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:何でイソギンチャクの飼育は難しいの?失敗例と共に徹底解説!

関連記事:初めての海水魚ならこれだ!ヤエヤマギンポ、ハタタテハゼ、ヤドカリ、ヨスジリュウキュウスズメダイ!

関連記事:海水魚初心者ならこの生体から飼育すべし!デバスズメダイ・シリキルリスズメダイ・カクレクマノミ

関連記事:海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?

 

よく読まれている記事

photo credit: Chock full of color via photopin (license)

 

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

深海ヘルメット

 

 

よく読まれている記事:まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

好きな熱帯魚:
コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. ネオンテトラの飼育方法 – 外部フィルターを徹底解説…
  2. ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できる相性の良い生体 
  3. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  4. ネオンテトラ 飼い方 – 混泳できない熱帯魚たちの紹介
  5. ロブスターには寿命がない?ロブスターが内臓まで脱皮するのは本当?…
  6. ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリ…
  7. ベタに合う水草って何?パールグラスとかウィローモス?
  8. こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  2. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  3. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  4. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  5. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  6. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由

ピックアップ記事

おすすめ記事

グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる熱帯魚を紹介…

海水魚初心者ならこの生体から飼育すべし!デバスズメダイ・シリキルリスズメダイ・カクレクマノミ

さて、前回まで海水魚を飼育するための設備について話をしてきましたが、いか…

熱帯魚ヒーターの電気代はどれくらい?水槽の電気代が高い理由と節電

世界的な気候変動によって、記録的な寒波が毎年のように訪れるようになりまし…

ドワーフクラブは夏が苦手?脱走防止などこっそり教えします!

「ドワーフクラブ」に限った事では有りませんが実は生き物を飼育して行く時に…

え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧

小型のカラシンの代名詞とも言える「カージナルテトラ」については前回の話で…

こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!

さて、3回に渡ってフィルターの話をしていきましたが、今回はビーシュリンプの種類につい…

おすすめ記事

  1. コーンスネークの飼育方法を伝授します!分布から個展まで紹介!
  2. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!
  3. ウィローモスの育て方と増やし方!活着性質でお役立ち度抜群の水草
  4. ネオンテトラ 飼い方 – 混泳できない熱帯魚たちの紹介
  5. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  6. これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方
PAGE TOP