ビオトープ

【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!

この記事の所要時間: 215

ビオトープは池そのものもビオトープになりますし、

庭に作ったひょうたん池などもビオトープの一つです。

一般的には庭に池をつくてビオトープを楽しむ人はあまりいません。

それよりも睡蓮鉢やトロブネなどの飼育容器を選んでいる人がほとんどです。

今回はビオトープを始める上で一般的によく使われている飼育容器をご紹介します。

 

ビオトープは専用飼育容器でないといけないのか

ポイント 女性

ビオトープといえば睡蓮鉢やトロブネなどがもっともイメージがつきやすいのですが、

とくに「これを使用しなければならない」というようなことは一切ありません。

自分のやりたいスタイルでビオトープを楽しめば良いのです。

極端かもしれませんが、池を作ってもいいし、発泡スチロールでも洗面器でもいいのです。

 

発泡スチロール容器

 

発泡スチロール容器にも大きくふたつに分けることができます。

①ビオトープ用発泡スチロール。

ビオトープをより楽しみやすいように、育成・飼育しやすいように作られた発泡スチロール製の容器があります。

このタイプはわざわざ購入しなければいけないという点がありますが、

猫や鳥などからビオトープ生体を守れるような構造の物もあって、それなりの価値はあります。

また、発泡スチロール容器といえば四角いイメージしかないかもしれませんが、

睡蓮鉢の形をした見た目のよい発泡スチロール容器もあります。

②使い回しの発泡スチロール容器

こちらはスーパーなどでもらえたり、熱帯魚の通信販売で出てくるような発泡スチロール容器を使いまわすものです。

基本的に余り物・貰い物で準備できるので容器にお金がかかりません。

そのぶん、外敵からビオトープないの植物や生体を守るためにはそれなりの工夫が必要となります。

どちらを選んだとしても、発泡スチロールは断熱性能が高いので冬や夏の管理には向いている容器です。

もしビオトープを辞めるという最悪の事態になっても自分で破棄しやすいのも特徴でしょう。

手軽に準備が出来るのでなにか一時的に植物や生体を避難させたり、稚魚の隔離をするときにも重宝します。

 

プランタータイプ

 

プランターとは観葉植物を植えるために使われるものですが、

それらは底に穴があいているのでビオトープ容器としてはつかえませんが、底に穴が無いプランタータイプの飼育容器もあります。

あまり大きなサイズはありませんが、ベランダなどの限られたスペースでしかビオトープが楽しめないような時は

プランタータイプくらいの飼育容器が重宝されるでしょう。

容器自体も軽いのでとくにベランダの場合でも荷重を気にしなくて住みます。

 

トロブネ(プラブネ)

 

トロブネとは普段は小規模な工事などの現場や日曜大工などでセメントを

混ぜ合わせるために使用される長方形で比較的深さのないプラスチック製の大きめの容器です。

プラスチックなので耐久性が心配されるかもしれませんが、本来の用途がセメントの混ぜ合わせなどであるために比較的耐久性が高く安心して使用できます。

また水量も比較的に確保できるので夏場や冬場の水温の変化にも急激なものが出にくくなります。

ただし、どうしても睡蓮鉢などに比べると見た目が悪いので、

飼育容器の周りに木材の柵やレンガなどで囲うなどしてプラスチック部分があまり目立たないようにする方がいいでしょう。

周囲をおしゃれに囲うとガーデニングとしても見た目が美しくなります。

 

睡蓮鉢

 

ビオトープでもっとも外観が良いのがこの睡蓮鉢でしょう。

睡蓮鉢もサイズはひとりで持てるものからとても持ち上げられないものまで様々です。

睡蓮鉢も断熱性能がたかく、夏の日差しや冬の冷たい外気温が飼育水に伝わりにくい特徴があります。

見た目がやはり風情があって睡蓮の花などもとくに似合う睡蓮鉢です。

ビオトープで最も人気があるのがこの睡蓮鉢を使ったものです。

ただし、容器自体に重量があるので強度の弱いベランダなどでは床・ベランダの補強が必要になってくるかもしれません。

また価格も比較的高価なことが多いです。

 

ひょうたん池

 

ひょうたん池は主にプラスチックなどの素材で作られた容器でこのサイズも大小さまざまです。

地面に埋めて池のように使うのが一般的ですが、そのまま地面の上に設置して使用することも可能です。

トロブネの形違いのような飼育容器ですが、トロブネの四角形の不自然さがいまいち納得いかないという人にはひょうたん池がおすすめです。

関連記事

  1. ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。…
  2. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…
  3. これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介…
  4. 【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればい…
  5. 【夏の管理の仕方】ビオトープの水温管理のコツを教えちゃいます!
  6. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育…
  7. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました…
  8. ビオトープでカメを飼育してみよう

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  2. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  3. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  4. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  5. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  6. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由

ピックアップ記事

おすすめ記事

ラミレジィを飼育しよう!アクアリウム界の万能プレーヤー

(熱帯魚)バルーンブルーダイヤモンド・ラミレジィ(1匹) 北海道航空便要保温…

発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

こんにちは、魚は眺めるのも食べるのも大好きなおとぼけです。今回は…

グッピーとも混泳できる熱帯魚ゼブラダニオ|ゼブラフィッシュ

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなはじめてのアクアリウム管理人…

【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方

さあ!アクアリウムを始めよう!って決めたらまず初めに準備するものは?!…

【保存版】グッピーの産卵箱に入れる兆候とタイミング

グッピーは卵ではなく、稚魚を生む習性があること、ご存知でしたか?…

亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編

亀の飼育(繁殖させてみよう・後編) 前回で繁殖(準備~交尾)までを書いた…

おすすめ記事

  1. 金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹介!
  2. キュートで可愛いコメットの飼育方法や寿命、特徴など
  3. ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ
  4. 蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ
  5. グッピーの飼育器具について
  6. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルター
PAGE TOP