ビオトープ

浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選

この記事の所要時間: 35

浮草 p

 

ビオトープに一工夫したい・ビオトープをもっと良い感じにしたい!という方向けに今回はビオトープに最適な浮草を紹介します。

他にもビオトープに浮草を入れる事によってビオトープ内で飼育している生体達にもメリットもあります。

 

ビオトープの水面に浮草を浮かべる事によって、水面したに複雑で細かい根が沢山伸びる事から、メダカの卵を植え付ける事によって、メダカが孵化しやすくなります。

 

そもそもメダカは卵を食べてしまう事から複雑にすれば生存率も上がる事になりますよ。

 

他にもメダカの稚魚は親メダカにも捕食されやすいので隠れ家にも担ってくれます。

又、水面に浮草を浮かべれば真夏日の水温上昇も抑えてくれる事から非常にメリットだらけ。

それでは、オススメの浮草を紹介しよう!

 

 

ウォーターポピー

 

ウォーターポピー(学名:水雛芥子)

ウォーターポピーは黄色から白色と大変綺麗な花を咲かせてくれる水辺植物です。

 

もしビオトープが殺風景であれば、ウォーターポピーを入れるだけでもだいぶイメージが変わります。

ビオトープでも人気の高い浮草で開花期は8月~9月と、丁度いまのシーズンには最適ですね(この記事は7月28日に掲載しました)

 

大きさも500円硬貨をちょっとだけ大きくした程。

ウォーターポピーは3枚の花弁からなる単純な構造をしていますが、一夏で数十株にもなり次々と可愛らしい花をさかしてくれますよ!

 

サルビニア ククラータ

 

サルビニア ククラータ(学名:Salvinia Cucullata)

 

浮草の形がフードの形状をした独特の形をしております。

葉の表面には薄い毛があり、育成には強い日光が必要です。

日光が良い感じに当たり環境がよければ葉のフードの形が更に強まり立体感が生まれます。

眺めて楽しい個性的な浮草の1つです。

 

アマゾンフロッグピット

 

アマゾンフロッグピット (学名:Limnobium sp)

こちらは浮草の王道でお馴染みのアマゾンフロッグピット。

1枚あたり100円ぐらい硬貨の大きさで、蛍光灯やLEDの光で一気に増えます。

 

私は室内の水槽にも入れた経験がありますがすぐに増え、時折処分しておりましたが、それほど増えやすい浮草です。

こちらの浮草は葉の形も丸く、濃い緑色をしていることから、ビオトープに落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

 

ウキクサ

 

ウキクサ(別名:浮草)

名前からしてそのまんまですね(笑)

こちらは日本でも夏に水田や流れの少ない場所で生息している浮草です。

形も非常にシンプルで丸く、根っこは細いです。

 

大きさも米粒程の浮草で他の水草に付着しちゃいますので、新しい水草をビオトープに入れる際は注意しましょう。

また、葉の表面は緑色ですが葉の裏側は赤茶色です。

強い光を長時間浴びると赤みが強まってきます。

とても可愛らしい水草の1つで涼しさを感じます。

 

オオサンショウモ

 

オオサンショウモ(別名:大山椒藻)

大きな葉を持つ水草なのでメダカの産卵や稚魚の隠れ家には最適です。

葉の表面には薄い毛があり、3本程度、毛先が結ばれていることから水を弾くようになっています。

オオサンショウモを一回り小さくしたサンショウモも存在していますが、ビオトープに入れるならこちらがオススメです。

 

ビオトープに最適な浮草のまとめ

白メダカ

 

今回紹介した浮草はどうでしたか?

それぞれの浮草に特徴があり且つビオトープ入門者にも簡単に育成できる浮草です。

ビオトープが殺風景だったり、メダカの産卵や稚魚の隠れ家にも最適です。

 

また、夏場は水温が上昇する事から浮草を浮かべる事により多少水温の上昇も抑えてくれます。

見て楽しいビオトープですが生体にとっても大変メリットだらけですので是非、導入を検討してみて下さいね。

 

アマゾンフロッグピットを綺麗に増やす動画

 

アマゾンフロッグピットを増やす方法を動画で解説しています。

まぁ増やすのは非常に簡単なので、神経質になる必要はありませんが、動画の投稿主の独自の方法は大変参考になるかと思います。

1分15秒の動画ですのでお時間があれば一度鑑賞してみてください。

 

 

よく読まれている記事

ラムネ p

 

よく読まれている記事:誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する方法

 

 

よく読まれている記事:ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。

 

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

 

編集後記

クロームキャスト 外箱

 

最近、バッグやクロームキャスト、ペンタブレットを購入など、出費が酷いですが、

近日中にペンタブレットやバッグのレビュー記事も公開しようと思っています。

とても良いアイテムなので生活の水準がアップしました。

 

関連記事:超便利!Google Chromecastを使うと動画鑑賞が楽しくなる7つのメリットを紹介

 

関連記事

  1. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  2. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  3. プレミアムシードがスゴイ!?プレミアムシードは何なの?
  4. 誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育さ…
  5. リシアの設置と育て方と魅力の気泡
  6. ヘアーグラスの基本情報・導入方法・注意点などまとめ!
  7. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用
  8. 【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  2. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  3. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  4. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  5. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  6. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ

ピックアップ記事

  1. きらーん

おすすめ記事

これで大丈夫!カメの飼育で必要な用品を全部紹介しちゃいます!

ペットショップでよく見かける亀さん。昔はゼニガメ・クサガメあたり…

ゼブラダニオの飼育 – 飼い方と混泳繁殖のやり方

さて、前回は水槽の暴れ者、ベタについてお話しましたが、今回は暴れ者つなが…

ネオンテトラの飼育方法 – 底面フィルターを徹底解説!

今日は、「ネオンテトラに最適なフィルターは何か?」の底面フィルター編になります。個人…

【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選!

今回は横浜市にある熱帯魚ショップについてのご紹介です。横浜市には多く…

ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力

深海魚にして古代魚という、ハイブリッドな魅力を持つサメ、ラブカをご紹介し…

アクアテラリウムでオススメしたい陸上・水辺生物をこっそり教えます!

アクアテラリウムでは水中部分で熱帯魚などの生体を…

おすすめ記事

  1. 【飼育】ミスジドロガメを飼ってみよう!
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、ラスボラ ヘテロモルファ
  3. プレコ飼育に外部式や上部式フィルターは適しているの?
  4. 海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?
  5. ボトルアクアリウムにコケや油が発生!取り除くにはどうすればいいの?
  6. 犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!
PAGE TOP
;