ビオトープ

これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介!





 

ビオトープの楽しみ方は水棲植物の観賞だけではなく、水棲生物の観賞も楽しみ方のひとつです。

今回はビオトープで比較的好まれている・飼育しやすい水棲生物をご紹介したいと思います。





 

ビオトープに適した水棲生物はどのようなものか

 

 

ビオトープでは基本的に濾過機やヒーターを使用しないので水質の変化に強く、

なおかつ水を汚しにくいような水棲生物が好まれます。

 

サイズが大きなものであればそれだけエサを必要とします。

ビオトープで理想的な水棲生物の飼育はエサを与えない事。

自然に発生したコケやプランクトンを水棲生物が捕食して育成ができることです。

これがもっとも水を汚しにくい飼育方法です。

 

人工飼料などは食べ残しが出たりするとたいへん水を汚しますし、

フンの量も多くなり分に残された養分も多くなるのでどうしても水を汚しやすくなってしまいます。

 

ビオトープでの飼育に好ましいミナミヌマエビ

 

 

ミナミヌマエビは日本の川や池などに昔から生息しているエビです。

アクアリウムにおいては「コケの掃除屋」として活躍しています。

 

ミナミヌマエビはもともと日本の川などで生きてきているので気候・水温の変化には比較的強く、

冬でも管理がしっかりしていれば越冬も難しくありません。

ただし、寒さには比較的強いのですが、暑さにはあまり強くはないので夏場では直射日光が当たらない場所にビオトープを設置するか、

遮光するための工夫をする必要があります。

放置していても自分たちで勝手に繁殖をしていくので初めからあまり多くの数のミナミヌマエビを入れてしまうと

数が増えすぎて共食いやエサ不足をおこしたり、水を汚す原因にもなります。

 

ビオトープでの飼育に好ましいメダカ

 

 

メダカもミナミヌマエビと同じように古くから日本の川に生息している魚ですね。

つまり日本における気候の変化には強いということになります。

よほどメダカの数が多くなければ自然に発生するコケやプランクトンなどだけでエサは充分です。

下手に人工飼料などをあたえない方がいいでしょう。

寒さには特に強く、水面に氷が張っていても水中ではじっとしていながらもちゃんと冬を越すことが出来ます。

どちらかといえば暑さに弱いのですが、それでもミナミヌマエビに比べるともっと暑さには耐性があるようです。

現在では白・赤・青など様々な美しいメダカがいます。

また水草など卵を産み付ける場所を準備しておけば毎年産卵・孵化して数も増えていくので

やはり初めは少数のメダカを入れることをお勧めします。

 

ビオトープでの飼育に好ましい和金

 

 

和金とは数ある金魚の種類の一種です。

金魚は現在は細かく分ければ100種類程度になるようですが、

その中でも和金は金魚のなかで最も原種に近い種類と言われており、

もっとも水質の変化や水流などに強いとされています。

金魚の原種と言えば「赤いフナ」なので水質の変化に強いのも納得できますね。

和金もとても繁殖しやすい種類なのでお迎えするときは必ず少数にするようにしましょう。

和金はこれまでご紹介したミナミヌマエビやメダカに比べると、もともとサイズも大きいですし、

成長した時の大きさはメダカなどの比ではありません。

つまりそれだけエサを必要としますし、水も汚しやすい種類なのです。

和金をビオトープで飼育する際は、和金の飼育数・水量や使う植物や水草にもよりますが人工飼料が必要になってくるかもしれません。

またエサが不足してくると使っている植物の根や柔らかい葉・水草などが食べられてしまうということも可能性としてあります。

 

ビオトープに適した生体(水棲生物)のまとめ

 

 

今回紹介したのはこの三種類だけですが、これはヒーターを使用しないこと・冬も野外で管理する事を前提にまとめています。

もし冬は室内で管理するのであればビオトープで飼育できる生体はこれだけに限りません。

どちらにしろビオトープでは基本的に水替えなどを行なわないので、比較的水が汚れやすい状況になってしまいます。

どんな生体を飼育するにしろ状態の観察はしっかりしてあげましょう。

 

関連記事:【これはすごい!】美しいアクアテラリウムの世界!アクアテラリウムとはどんなものか?

関連記事:【迷ったらこれ!】アクアテラリウムを作るのに必要な用品と選び方

 





よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:meganuma

meganuma スタッフ

 

自己紹介:現在は900×600×450水槽で主にプレコ飼育と金魚鉢で金魚飼育、ビオトープで水辺植物やメダカ飼育をしております。
 
好きな熱帯魚:アシュラプレコ・アカリエスピーニョ・キングコングパロット、挙げればきりがありませんね。




関連記事

  1. 浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選
  2. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育…
  3. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました…
  4. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…
  5. ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。…
  6. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  7. 【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればい…
  8. 【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!



おすすめ記事

  1. アベニーパファーを飼育しよう!純淡水で飼えて、小型水槽でもOK!
  2. 拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します
  3. もう困らない!不治の病、エロモナス病の初期症状と対処方法を解説!
  4. 水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る
  5. 海水魚の飼育なら知っておくべき!天然海水と人工海水のどちらを使う?
  6. 私がアクアリウムを始めて良かった3つの事
  7. ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?
  8. コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編
  9. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  10. レッドビーシュリンプの飼育は難易度が高い?初心者が気を付けたいポイント
PAGE TOP