金魚

【知らないと損をする】ペットショップで金魚を購入するときのポイント!

この記事の所要時間: 27

金魚 f

 

アクアショップに行って目的の金魚やお迎えをしたくなった金魚がいたとしたら皆さんはどのような事を観察したり注意して購入しているでしょうか。

もしかしたら気に入った金魚がいたらその金魚だけを観察して他の事はとくに気にしない人もいるのではないでしょうか。

ここでは金魚を購入する際にぜひとも見てもらいたいポイントをまとめます。

 

買いたい金魚が元気か

金魚 f

 

最低限、自分が購入したいと思う金魚の状態はしっかり観察しましょう。

見た瞬間だけの第一印象だけで惚れると良く観察しないまま購入する人もいます。

明らかにおかしな点がないかどうかはよく観察してください。

 

特徴はしっかりしているか

金魚 f

 

自分が気に入ったうえで購入するのであれば重要ではないかもしれませんが、金魚にもリュウキン、

オランダシシガシラ、ランチュウなど種類がありますよね。

どれも体に特徴的なポイントがあるのですがどんな種類の金魚にせよその金魚の種類の特徴ができるだけしっかり出ている個体を選ぶ方がいいでしょう。

 

ヒレや体は左右対称か

金魚 f

 

どんな金魚の種類であっても体が「体が左右対称ではない」という特徴をもった種類はありません。

胸ひれ、尾びれなどは左右対称である事は当然ですし、頭部の肉瘤や背中の盛り上がりかたも左右対称が基本です。

もし左右対称でない個体がいればそれは奇形である可能性があります。

奇形があれば他の所にも問題があることもありますのでで、奇形がないか観察しましょう。

 

金魚のフンの状態は

金魚 f

 

金魚のフンは体内でゲル状のものに包まれながら体外へ排出されるのですが、

そのゲル状のものが水に触れることで膜状となるためにフンがあのようにつながって長くなります。

つまりそのようなフンが正常なのです。水槽内のフンが細かく砕けていたりする場合は体調を崩している可能性があります。

砂利がひいてあれば観察しにくいですが、できればフンまで観察してみてください。

 

 

大きい個体から選ぶ

金魚 f

 

大きめの個体の方がいいというのにはふたつ理由があります。

①健康であれば体が大きいほど体力があり環境の変化でも落としにくい。

②大きい個体であるほどその種類ごとの特徴がでているので、良い個体になるかどうか検討をつけやすい。

小さければ将来有望な個体もそうでない個体も区別がつきにくい。

これらの理由からできるだけ大きな個体から選んだ方がいいといえます。

とくに個体の優劣に興味がないのであれば小さいころから飼育して、より愛着をもつというのも良いですね。

 

同じ水槽内に弱っている金魚はいないか

金魚 f

 

欲しい金魚が元気であっても同じ水槽内で弱っていたり寄生虫などに感染しているような個体がいる場合は購入は見送った方がいいでしょう。

欲しい金魚は今は元気であってもすでに感染してるが弱っていないだけかもしれません。

このような場合は同じ水槽内の金魚は感染している事が珍しくないため数日後にはすべてが薬浴されていることがあります。

もしどうしてもすぐに購入したい場合は、別の水槽を準備して弱らないか・病気は出ないかという観察をしばらくするべきです。

もし病気を持ったままほかの金魚と泳がせていると病気が蔓延することもあります。

 

入荷日を聞く

金魚 f

 

金魚が入荷するまでは長距離・長時間輸送されるため、入荷直後は大きなストレスを受けています。

そのストレスが原因で数日~一週間で明らかに弱ったり病気になる個体がいます。

もし入荷当日の生体であれば輸送のストレスでこれから弱っていくことも考えられるのでできれば入荷後一週間程度経ったものを選ぶ方がいいでしょう。

ただし、それまでその個体が残っているかはわかりませんが。

 

金魚を購入するときのポイントのまとめ

金魚 f

 

いかがでしたでしょうか。私は初めて行くショップでは全体の水槽の管理・生体の状態をみてから今後そのショップに通うかどうかも考えています。

せっかくお迎えする個体ですのでどうせならお迎えしえすぐに落とすようなことは避けたくありませんか。

ぜひ購入前にこれらのポイントを観察してみてください。

 

関連記事:【これだけ知っていれば大丈夫】金魚の観察のポイント!体調管理をしっかりとしたい貴方へ

関連記事:金魚の特徴を知ればもっと愛おしくなる!金魚の生体を紹介しちゃいます!

関連記事:濾過器で金魚飼育が180度変わる!金魚の飼育に適しているフィルターを徹底紹介!

 

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:meganuma

meganuma スタッフ

 

自己紹介:現在は900×600×450水槽で主にプレコ飼育と金魚鉢で金魚飼育、ビオトープで水辺植物やメダカ飼育をしております。好きな熱帯魚:アシュラプレコ・アカリエスピーニョ・キングコングパロット、挙げればきりがありませんね。

 

関連記事

  1. 【これだけ知っていれば大丈夫】金魚の観察のポイント!体調管理をし…
  2. イメージと違う…!実際に金魚は生命力の強い生体だった…
  3. 金魚の特徴を知ればもっと愛おしくなる!金魚の生体を紹介しちゃいま…
  4. 【水質管理】庭池の金魚が大量死したのでリセットしてみた
  5. 金魚を知ることで飼育もより楽しもう!金魚の歴史や鑑賞の変化を徹底…
  6. 何コイツら可愛い!!金魚にも様々な種類がいて悶絶不可避!
  7. 夏祭りですくった金魚を長生きさせる飼育方法
  8. 濾過器で金魚飼育が180度変わる!金魚の飼育に適しているフィルタ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  3. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  4. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密

ピックアップ記事

おすすめ記事

ネオンテトラ 飼い方 – ベタ・コリドラスとの混泳をオススメしない理由

前々回、前回とネオンテトラと混泳できる生体、できない生体について書いてきましたが、今…

クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ

クサガメ(Chinemys reevesii)はホームセンターのペットコ…

ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2

前回は、ビーシュリンプを飼育する上でどの底床を使えばいいかという話をしま…

もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策

どんなに気をつけていてもいつの間にかじわじわ出てくるアクアリウムの大敵。…

ヘアーグラスの基本情報・導入方法・注意点などまとめ!

比較的どこのアクアショップにも置いてあるヘアーグラス。密生させた…

ボトルアクアリウム初心者におすすめの水底に住む生体

ボトルアクアリウムを管理する上で重要なのが水質管理です。大きなボ…

おすすめ記事

  1. カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法
  2. 海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?
  3. 淡水カニ(ドワーフクラブ)を飼育してみよう!気になる飼育方法や必要なアクア用品
  4. 知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味
  5. ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!
  6. ヨシノボリを飼育しよう!ハゼのイメージを変える(?)
PAGE TOP