アクアハック

【飼育水が緑色!】水槽の濁りの原因と水の透明度をあげるために行う対処法

この記事の所要時間: 323

コケ f

 

立ち上げ中の水槽と比べると、よくわかりますが飼育水が黄緑色になっています。

藍藻がたくさん底石に発生しています。

グッピーが藻に落ちたエサを食べようとしていますが、絡まって体をよじっています!

このまま放置しても水質悪化は進まないでしょうか。

心配になり飼育水の濁りについて調べました。

 

≪濁りの原因・対処≫

朝日 f

 

・飼育条件

わが家の水槽は東の窓際にあり、午前中日差しが射しこみます。

もちろんカーテン越しです。照明(13w)は朝夜1H程度です。

 

水槽は45cm、生体はグッピーが5匹、外付フィルター使用でエアーレーションしています。

水は2週間ごとに1/3程度を継ぎ足しています。

 

pHは7.4 弱アルカリです。 立ち上げ中の水槽は生体なしでpH7.8でした。

若干酸性化していますね。

 

飼育水が緑っぽい

我が家の水槽は、最近薄いグリーンの濁りが目立ちます。

ちょっとしたグリーンウオーターですね!

日光で栄養過剰になり水中にアオコ(植物性プランクトン)が発生したかもしれません。

底石一面に、藍藻が生え始めました!

 

藍藻はシアノバクテリアと呼ばれる単細胞細菌の一種で、

光合成を行う生物で、生物の教材によく出てきます。

 

食料は濾過作用で生成した無機物質(リン、硝酸塩など)で、

藍藻が多いことは、濾過バクテリアと硝化菌の働きが正常なことを示していますね!

 

グッピーはエサの他にアオコを食べ、

シアノバクテリアの光合成で放出された酸素を鰓から取り込み元気そうです。

 

生体には問題なさそうなのでしばらく様子をみます。

ただエサは少な目にします。

 

 

飼育水が黄/茶色

流木などの灰汁で茶色く濁る場合があります。飼育水を弱酸性にし、軟水化します。

多くの弱酸性を好む熱帯魚に適します。

ブラックウオーターといいシクリッド系の熱帯魚には最適な環境ですね。

 

エサの与えすぎで濾過バクテリアの硝化サイクルが追い付かないと茶色くなります。

この場合は濾過漕のメンテや、底砂メンテ、活性炭など吸着系濾材を加えます。

エサも少な目にしてね!

 

おすすめ

 

AZOOアマゾンのめぐみ

 

(特徴)原料:100%天然アンブレラリーフ 弱酸性の軟水 抗菌作用のあるタンニン含む

飼育水は茶色に着色  重量4.5g

(参考価格)\864

 

飼育水が白っぽい

女性

 

これが一番問題です!水槽立ち上げ時や濾材をすべて入れ替えた、

濾材が目詰まりしているなど濾過バクテリアの硝化サイクルが正しく行われない時、

有害なアンモニアが大量発生し、白濁の原因になります。

 

水中の酸素が少ないと、大量発生したアンモニアの水素原子が炭化水素と反応し、

アミン(CH3NH2)という猛毒に変化することがあります。

アミンは硝化サイクルで分解されません。

そうなると生体は逝ってしまいます!

 

水槽をリセットする以外方法はありません。

 

水槽立ち上げ時は、硝化バクテリアと硝化菌が増加するまでアンモニアは増え続けます。

頻繁に水替えでアンモニア強制排出が必要ですね!

 

 

濾過バクテリアと硝化菌

水 エアレーション

 

水中のグッピーの糞は、濾過バクテリアといわれる有機物分解菌(善玉細菌)により普通の飼育環境では、

アンモニアに分解され、硝化菌によりアンモニア→亜硝酸→硝酸塩になります。

この分解を硝化サイクルといいます。

硝酸塩の状態でやっと猛毒→微毒になり、

数週間の水替えでも問題ないレベルになります。

 

おすすめ

 

パワーハウスミクロライブ濃縮硝化菌淡水用100ml

 

(特徴)有害なアンモニア、亜硝酸を素早く除去

重量:135g

(参考価格)\1,080

 

 

飼育水の濁り対策に有効な用品

ポイント 女性

 

通常の活性炭では消えない濁りを除去。

使用前にすすぎ洗いし、フィルターにセットします。

交換濾材の炭は不要です。

 

おすすめ

Hikariウエーブブラックホール

 

 

(特徴)60cm水槽5回分  2か月以上吸着力持続  流木の灰汁黄ばみ完全除去

魚病薬の使用による着色を完全色抜き

(参考価格)\1,728

 

 

水槽の濁りの原因と水の透明度をあげるために行う対処法のまとめ

熱帯魚 寿命

 

いかがでしたか。

飼育水の濁りは、濾過バクテリアが大いに関係していますね。

自然界の変化とは異なり、狭い水槽内の水質変化は早く起きます。

異変に気付いたら早めに対策が必要ですね!

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:グッピー卿

グッピー f

自己紹介:

 

熱帯魚歴は長いですが、名には程遠くいまだに極められないでいます。

今は60cm水槽のみです。ごちゃ混ぜでたくさんいましたが、

ついにグッピーだけ飼育中に、今大ピンチです!

1匹だけに頼っています。稚魚は守りますよ!

 

好きな熱帯魚:

グッピー、プラティ、コリドラス・・・他かわいい魚たち

 

飼育している生体:

グッピー5匹 大きな目の金魚

関連記事

  1. 冷凍赤虫は飼育水を汚すの?冷凍赤虫のメリットとデメリット
  2. 【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選…
  3. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  4. 犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!…
  5. 【水槽内のコケならお任せ】オトシンクルスの繁殖や餌など飼い方のま…
  6. アクアリウム(水草育生)に必要な光、あなたはどの照明機器を選ぶ?…
  7. 【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選
  8. 【エビ水槽】水カビがあまりにも酷いので原因と対策を伝授します

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

【1匹で増殖する】ミステリークレイフィッシュの飼い方

ざりがに 水槽 熱帯魚/ ミステリーザリガニ (ミステリークレイフィッシュ) 約4cm 【生体】…

ヒトデの飼育方法をご紹介!海水水槽のアクセントに!

潮干狩りや海水浴でよく見かける「ヒトデ」ですが、皆様はどんな感想をお持ち…

失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!

前回、水槽の選び方について書かせていただきました。…

これで大丈夫!カメの飼育で必要な用品を全部紹介しちゃいます!

ペットショップでよく見かける亀さん。昔はゼニガメ・クサガメあたり…

誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する方法

梅雨明け数日後に初猛暑日になる傾向が多く、東京都心では35度を超え、…

海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバーフロー水槽って何?

2回続けて海水魚の飼育にはどのフィルターを使えばよいかという話をしました…

おすすめ記事

  1. ミナミヌマエビ飼い方- 基礎知識編(ミナミヌマエビの魅力など)
  2. 水槽にバックスクリーンを貼れば雰囲気が激変
  3. ベタは本当に簡単に飼えるの?気になる冬越し対策も伝授します!
  4. 稚魚とグッピーたちの飼育近況を公開!
  5. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで
  6. え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧
PAGE TOP