アクアハック

外部フィルター導入で本格的なアクアリウムを!メリットとデメリットをご紹介!

 

 

フィルターと言えば、水槽内の残餌や生体の排泄物などを吸い込み、水槽内の環境を整えるもので、熱帯魚を飼育する際には絶対必要なアイテムの1つです。

生体にとって有害物質であるアンモニアを亜硝酸塩に変えるのも、フィルターの大事な役割としています。





フィルターの種類はさまざま

 

 

水槽立ち上げの際に、水槽セットに付属していたフィルターをそのまま使うのももちろんオッケーなのですが、熱帯魚の飼育に慣れてきたら、ちょっと本格的っぽく【外部フィルター】にチャレンジしてみませんか?

ろ過能力も高く、本格的にアクアリウムっぽくなる【外部フィルター】に関して、今回ご説明したいと思います!

フィルター選びのヒントとして、活用してくださいね。





外部フィルターとは?

 

水槽とは別で設置して、水槽とフィルター間を循環させて、ろ過をするフィルターです。

他のフィルターに比べると、フィルターそのものが大きくなってきます。

60cm以上の水槽におすすめですが、最近では小型水槽用の外部フィルターも出ていますので、選べる種類も広がっています。

 

外部フィルターのメリット

 

 

・添加したco2が逃げにくく、水草を育成しやすい

熱帯魚の飼育と同時に水草を導入している水槽も多いと思います。水草をきれいに生長させる際に、CO2の添加をするのであれば、一番最適なフィルターといえます。

というのも、外部フィルターは気密性に優れているので、添加したCO2が逃げにくいのです。

逆に言えば、CO2を添加していると、酸素が足りなくなる恐れがあります。

生体が酸欠を起こさないように、夜間のみエアレーションを使用してたいおうしていきましょう。

 

・耐久性が抜群なので、長期使用が可能

なんと10年使用することも可能だと言われている、外部フィルター。

買い替えの手間が減るのはすごくありがたいことですね。

 

・ろ過能力が非常に高い 

外部フィルターは、他のフィルターと比べても抜群にろ過能力が高いです。

 

・水流を逃すことができる

熱帯魚の中では、水流を嫌う種類もいます。

外部フィルターは、排水口を変えることができるので、壁側に向けて水流をなくすことで対処できます。

また、コケの発生原因が水流とわかっている場合にも、上記のように、水流を壁に当てるなどして対処していけば、コケを最小限に抑えられます。

コケの中でも最もメジャーな黒髭苔は、強い水流が原因とされています。

 

・光量を十分に取り入れやすい

光量を十分に取り入れたい時や、蛍光灯を複数使いたい時など、ライト全般の設置の邪魔になりにくいのも、外部フィルターのメリットです。

上部フィルターや外掛けフィルターと違い、水槽の入り口部分には、吸水パイプと排水パイプの2本のみが入るので、レイアウトの邪魔になりません。

 

外部フィルターのデメリット

 

・値段が高い

他のフィルターと違って、少し高価になってきます。

容量が大きくなればなるほど値が張りますが、安いものだと5,000円〜となっています。

値段が高いと言っても、先述しましたように、長期にわたって使用が可能なので、ロングスパンで考えればコストも低いのではないかなと思います。

 

・あとから導入した際に設置場所の確保が難しい

すでに完成されている水槽に外部フィルターを導入したい時には、設置場所には気をつけるようにしましょう。

外部フィルターはメーカーや種類によって、吸水パイプと排水パイプの長さが違ってきます。

設置の際に、フィルター周辺の空間もある程度必要になってきます。

専用の水槽台の下に外部フィルターを置くようにするのが一番簡単なのですが、そうではない場合には、新たに外部フィルターの設置場所を作るようにしないといけません。

 

・バイオフィルムが水槽内に入ってしまった時に、水槽内が大変なことになる

外部フィルターを使用してしばらく経つと、パイプにバイオフィルムというのが付着してきます。

バイオフィルムというのは生物膜で、アクアリウムの世界では、簡単に言ってしまえばバクテリアの集合体です。

バイオフィルムがパイプに付着してきたときに、うっかり動かしてしまうと、水槽内に勢いよくバイオフィルムが流れ出していまい、とんでもないことになってしまいます。

問題があるのは外観だけで、生体には直接影響はないので、とくに気にすることもありません。

 

外部フィルターのまとめ

 

 

熱帯魚の飼育に慣れてきたら、是非挑戦してもらいたい【外部フィルター】。

 

フィルター選びに困ったり、水草の育成を検討しているのであれば、導入をおすすめしますよ!

 

 

関連記事:【超初心者さんに捧げる】熱帯魚の水槽立ち上げ予算案を徹底紹介!

関連記事:ペットボトル水槽やガラスボールでメダカを飼育出来るの?

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

関連記事:水槽にバックスクリーンを貼れば雰囲気が激変

 




よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:おちび

おちび

自己紹介:

熱帯魚歴半年。家には本水槽と、稚魚水槽×2があります。卵を見つけると守らずにはいられません。

おかげで稚魚が100匹います(゜o゜) 毎週末は熱帯魚屋さんに家族でお出かけ♪

 

好きな熱帯魚:

コリドラスピグミーゴールデンハニードワーフグラミー(♀)、レッドチェリーシュリンプ

 




 

関連記事

  1. コケ取りだけじゃもったいない!オトシンクルスを飼い込もう
  2. 熱帯魚飼育の初心者にオススメ!飼育しやすい熱帯魚たち
  3. 熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく…
  4. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリット…
  5. 【保存版】ブラックウォーターの作り方と効果や特徴
  6. 【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!
  7. 水槽の地震対策にはしっかりと備える、水槽の転倒対策
  8. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点

ピックアップ記事

  1. メダカとマツモ2 f

おすすめ記事

  1. メダカの越冬には発泡スチロールの水槽が最適な理由 発泡スチロール f
  2. 【メダカの越冬】落ち葉は有効なの? メダカとマツモ f
  3. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  4. 高級メダカはなんと盗難まで!?知られざる高級メダカの世界 メダカとマツモ2 f
  5. 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態 ウラナイカジカ科 wikipedia
  6. 深海魚「リュウグウノツカイ」の特徴や寿命は? リュウグウノツカイ wikipedia



おすすめ記事

【初心者必見】コリドラスジュリーの飼育方法や繁殖などを徹底解説!

一度飼い始めると、とことんはまってしまうのがコリドラスの魅力。コ…

パクパクえら呼吸!魚はどうやって酸素を取り入れているの?

金魚が水面でパクパクしているのをよく見かけますね。熱帯魚が水面近…

アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち

アクアリウムのホビーを始めて最初に飼育したい魚は何でしょう?キレ…

ベタ飼育に最適な水温と冬の水温の注意点

(熱帯魚 水草)私の小さなアクアリウム 〜ベタと水草の共演〜 水草と生体キット 1セット 説明書付き…

【水質管理】庭池の金魚が大量死したのでリセットしてみた

庭池の金魚が大量死したのでリセットしました。大切にし…

【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!

陸上部分に使用する植物で私がオススメしたいのは【できるだけ成長が遅く、大…

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべきポイント
  2. 何コイツら可愛い!!金魚にも様々な種類がいて悶絶不可避!
  3. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ
  4. カブトエビって何?カブトガニと何が違うの?
  5. オスカーの餌ハンパないって!!本当に熱帯魚ってくらい大食漢!
  6. どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法
PAGE TOP