シクリッド

ルリーシュリンプはどんなエビ?餌の与え方や飼育のコツ

この記事の所要時間: 22

(エビ)ルリーシュリンプ(10匹) 北海道航空便要保温

 

透明感のあるボディに赤く染まった頭と尻尾‐。

ルリーシュリンプは熱帯魚のラミーノーズテトラを思わせる、コントラストのある体色が人気。

大定番のレッドビーシュリンプに迫る人気を見せつつあります。

そんな注目度の抜群なルリーシュリンプの特徴や飼育法をまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性

ルリーシュリンプはどんなエビ?

(エビ)ルリーシュリンプ(10匹) 北海道航空便要保温

 

ルリーシュリンプはチェリーシュリンプの変種と言われています。

チェリーシュリンプは台湾産の淡水エビ。

自然下のものは緑や茶色がかっていますが、観賞用に赤味の強い個体が選別されてきました。

ルリーシュリンプは、チェリーシュリンプ同様に

胴体前部と尻尾には赤が強く発色しますが、胴体後部は透明。

チェリーシュリンプには見られないツートーンが人気の秘密です。

ルリーシュリンプは「琉璃蝦」という漢字表記でも流通しています。

「琉璃」は中国語で、原種チェリーシュリンプのような「海老茶」に近い色合い色合いを指します。

混同しやすいですが「瑠璃(るり)色」(紫がかった鮮やかな青)とは別物です。

寿命は1~2年。

高水温に弱い点を除けば、水質にもあまりうるさくなく、初心者でも育てやすい種です。

 

ルリーシュリンプの水質、水温

(エビ)ルリーシュリンプ(10匹) 北海道航空便要保温

 

チェリーシュリンプと同様の水質、水温で問題ありません。

弱酸性~弱アルカリ性まで幅広い水質に適応できますが、

中性からややアルカリに傾いているあたりが最もコンディション、体色の上がってくるところです。

水温は20~25度。

エビの仲間に共通する注意点ですが、夏場の高水温と酸欠はとても苦手。

エアレーションを必ず施し、水槽用クーラーやエアコンを使って乗り切りましょう。

 

 

ルリーシュリンプの底砂

 

本来は砂利や土中の微生物(デトリタス)を摂食して生活するグループです。

ベアタンクでも飼育できますが、底砂を敷いておくと、

砂粒の間にある残餌や苔をよく食べてくれます。

底砂の色は体色に影響を与えます。

白など明るい色の底砂と強めの照明では、体の透明度が増してきます。

逆に濃い色の底砂と暗めの照明で飼育すると、体色が濃くなる傾向があります。

物陰に隠れる習性はそれほど高くありませんが、

隠れ家となる水草やアクセサリーもなるべく用意したいところです。

 

 

ルリーシュリンプの餌

 

 

本種の特徴である頭部付近の赤みをより強めたいなら、高タンパクの餌を与えます。

シュリンプ専用の色揚げ用飼料がおすすめ。

湧かしたブラインシュリンプなど、生き餌も赤味を強めるはたらきがあります。

手間はかかりますが、一般的なフレークフードでは出せない色味に仕上がってきます。

もちろん、ブリーディングや色揚げにこだわらなければ、普通のシュリンプ用フードでかまいません。

 

 

ルリーシュリンプ飼育のコツ

 

ルリーシュリンプに限らずレッドビーなどにも共通して言えることですが、

成長につれ色抜けする場合があります。

水質や水温、ストレス、餌の質など色抜けには様々な原因がからみあっています。

水中の硬度も大きな要因のひとつ。

カルシウム、カリウムなどのミネラルが不足した硬度の低い水で飼育を続けていると、

色抜けしやすくなるだけでなく、殻が柔らかくなったり、病気を起こしやすくなったりします。

ろ材や底砂で硬度を調整するのは難しいので、

「KHプラス」「硬度アップ」といった商品名のついた水質調整剤を利用するのが手軽です、

脱皮後の殻は貴重なミネラル補給源となるので、取り除かずにおきましょう。

「ルリーシュリンプの底砂」の項目でもご説明した通り、

赤味と透明度は水槽の環境によっても変わってきます。

自分好みの体色に近づくようセッティングを調節してみましょう。

 

ルリーシュリンプの繁殖

 

チェリーシュリンプ同様、10匹以上の複数飼育で、

水草などの隠れ家を多めに用意しておくと、いつのまにか稚エビが誕生しています。

混泳魚や、ミナミヌマエビなどより大柄なエビには捕食されてしまいまうので、

繁殖を狙う際には本種のみで飼育してください。

 

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. パイクシクリッドを飼育しよう!美しく、飼いやすく、かつ凶暴でもあ…
  2. 日々異なる色彩が美しいフィッシュイーターキクラとアイスポット・シ…
  3. フラワーホーンを飼育しよう!幸運を招く縁起のよい熱帯魚
  4. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ…
  5. 昭和を代表する暴れ者ジャックデンプシーを飼育しよう
  6. メタリックな輝きが魅力!アフリカンシクリッドの飼育から繁殖・餌ま…
  7. ラミレジィを飼育しよう!アクアリウム界の万能プレーヤー
  8. ディスカスの飼育ノウハウを伝授します!水槽・ろ過・水質・水温・病…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ロブスターには寿命がない?ロブスターが内臓まで脱皮するのは本当?
  2. エビの抱卵の条件って何?憧れのシュリンプ繁殖
  3. シュリンプの繁殖のコツを伝授します!シュリンプ爆殖の飼育方法
  4. ブルドッググーディドの飼育方法を紹介!怪魚マニアも納得の格好よさ
  5. コーンスネークの飼育方法を伝授します!分布から個展まで紹介!
  6. クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ

ピックアップ記事

おすすめ記事

もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策

どんなに気をつけていてもいつの間にかじわじわ出てくるアクアリウムの大敵。…

眠れない貴方にアクアリウムセラピーで快眠を得るコツ

こんにちは、魚は眺めるのも食べるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

パクパクえら呼吸!魚はどうやって酸素を取り入れているの?

金魚が水面でパクパクしているのをよく見かけますね。熱帯魚が水面近…

【飼育】注目度バツグン! プリステラで群泳を楽しむ

(熱帯魚)プリステラ(6匹) 北海道航空便要保温透明感のある体にくっきり…

ネオンテトラ 飼い方 – ベタ・コリドラスとの混泳をオススメしない理由

前々回、前回とネオンテトラと混泳できる生体、できない生体について書いてきましたが、今…

薄さ、明るさ、美しさにこだわった コトブキ フラットLED 600を使ってみた

こんにちは、おとぼけです。今年の5月にLEDライトを導入する際の注意点でも紹介しましたが…

おすすめ記事

  1. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました!
  2. 【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!
  3. ボトルアクアリウム初心者におすすめの水底に住む生体
  4. ミナミヌマエビ飼い方- 基礎知識編(ミナミヌマエビの魅力など)
  5. 外部フィルター導入で本格的なアクアリウムを!メリットとデメリットをご紹介!
  6. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)
PAGE TOP