シュリンプ系

レッドビーシュリンプの稚魚の育て方!稚エビの生存率を上げる方法

この記事の所要時間: 217

 

観賞用として人気の高いレッドビーシュリンプ(Red bee shrimp)。

自宅でも繁殖を楽しめる種類で、

多くのアクアリストが悪戦苦闘しながら稚エビに最適な環境を作り上げています。

レッドビーシュリンプの繁殖は非常に難しいとされています。

ただでさえ水質変化に敏感なレッドビーシュリンプですが、

生まれたばかりの稚エビは特に環境変化弱く、

最適で安定した環境を維持しなければ成体まで育ちません。

親エビの抱卵を確認して、目に見えるギリギリの稚エビを見つけて喜んでも、

数日後には姿を消しているのもよくある話です。

今回はレッドビーシュリンプの稚魚の育て方、

稚エビの生存率をあげるポイントを解説します!

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

レッドビーシュリンプの繁殖

 

レッドビーシュリンプのメスは、一回の抱卵で20~30の卵を抱えます。

しかし、全ての卵から稚エビが生まれ、成体まで成長するわけではありません。

中には生まれながらにして病弱な個体もいます。

どんなに水槽環境を整えても、落ちてしまう個体は必ずいるでしょう。

飼育する私たちにできるのは、レッドビーシュリンプにより良い環境を整えて、

少しでも稚エビの生存率をあげることです。

レッドビーシュリンプは抱卵までは比較的容易ですが、

稚エビの育て方と生存率を上げる方法が難しいとされています。

レッドビーシュリンプの稚エビの生存率を上げる方法

 

レッドビーシュリンプの稚エビの生存率を上げる方法、育て方を解説します。

成体でもデリケートなレッドビーシュリンプですが、

幼体の稚エビは成体の親エビより更に繊細です。

解説していくポイントに気を付けなければ、

レッドビーシュリンプを繁殖で増やす難易度は格段に上がってしまいます。

 

・他の熱帯魚と混泳しない

レッドビーシュリンプの稚エビは、他の熱帯魚にとって魅力的なエサです。

稚エビはまだ水槽内を自由に泳ぎ回る能力が無いので、格好の餌食になってしまいます。

ある程度大きくなった稚エビでも、脱皮直後のタイミングで狙われます。

脱皮直後のレッドビーシュリンプは、

例え混泳相手の熱帯魚よりも大きくても外皮が柔らかいので簡単に食べられてしまいます。

これは稚エビに限らず、成体のエビでも同じことが言えるでしょう。

レッドビーシュリンプと熱帯魚の水槽を分けられなければ、

エビの隠れ家となる水草を大量に準備する必要があります。

それでもある程度は熱帯魚に食べられてしまうでしょう。

 

・水質変化には最大限の気を使って

レッドビーシュリンプの飼育に関して、水質変化は最大限に気を使うべき部分です。

特に抱卵している親エビがいる時や稚エビがいる時はいつも以上に気を使うべきです。

水替えをする時は少量に抑えて、水温を合わせてから時間をかけて水合わせをしましょう

 

・稚エビの食事環境を整える

稚エビは水槽内に発生した苔やバクテリアや微生物を食べています。

既に環境が出来上がっている水槽は、

その中にいる微生物やバクテリアで循環されています。

豊富に微生物やバクテリアが沸いている水槽であれば、

新規に稚エビ用のエサを投入する必要はありません。

循環している環境の中で稚エビもすくすく成長するでしょう。

しかし、稚エビのエサとなる微生物やバクテリアが少なければ、

ブラインシュリンプ等の稚エビでも食べられるエサを与える必要があります。

水槽内の苔を食べているから安心とはいきません。

 

レッドビーシュリンプの稚魚の育て方まとめ

 

レッドビーシュリンプの稚エビの育て方、生存率を上げる方法を解説しました。

生存率を上げて成体まで育てるのであれば、

他の熱帯魚と混泳はさせずにレッドビーシュリンプ専用の

環境に合わせた水槽を用意するのがベストです。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

関連記事

  1. レッドビーシュリンプが水面近くに集まる時の対策
  2. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  3. レッドビーシュリンプ水槽にヒドラが混入した時の対策・駆除方法
  4. ヤマトヌマエビの飼育・脱皮のことを知り飼育に生かそう
  5. 【保存版】レッドチェリーシュリンプを飼育してみよう!繁殖や飼育方…
  6. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1
  7. レッドビーシュリンプの抜け殻を発見!放置しても大丈夫?
  8. 失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!

ビオトープは池そのものもビオトープになりますし、庭に作ったひょうたん池などもビオトープの一つ…

アオダイショウを飼育してみよう!大人しく毒のない身近なヘビ

アオダイショウ(Elaphe climacophora)はナミヘビ科ナメ…

ミドリフグは混泳に向いてない?他の熱帯魚と一緒に飼育できる?

自宅で飼育できるフグとして代表的なミドリフグ。可愛らしい見た目と…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、ディスカス

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳してはいけない熱…

【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればいいの?

ビオトープは野外で楽しむことが多いのでそのようなビオトープではどうしても…

マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草

やぁ、兄弟。元気かい?おとぼけは元気ですぜ。今回もアクア…

おすすめ記事

  1. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2
  2. アフリカ河川産はシクリッドの宝庫!ペルヴィカクロミス・プルケールなどの飼育法
  3. 幻の深海生物ユウレイイカの生態に迫る!全身イルミネーションの深海魚
  4. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッド
  5. 淡水魚の臭い対策!これぞアクアリウムの香り、なんて喜んでいられない
  6. ネオンテトラ 飼育方法 – 好む水温について
PAGE TOP