シュリンプ系

レッドビーシュリンプの稚魚の育て方!稚エビの生存率を上げる方法

この記事の所要時間: 217

 

観賞用として人気の高いレッドビーシュリンプ(Red bee shrimp)。

自宅でも繁殖を楽しめる種類で、

多くのアクアリストが悪戦苦闘しながら稚エビに最適な環境を作り上げています。

レッドビーシュリンプの繁殖は非常に難しいとされています。

ただでさえ水質変化に敏感なレッドビーシュリンプですが、

生まれたばかりの稚エビは特に環境変化弱く、

最適で安定した環境を維持しなければ成体まで育ちません。

親エビの抱卵を確認して、目に見えるギリギリの稚エビを見つけて喜んでも、

数日後には姿を消しているのもよくある話です。

今回はレッドビーシュリンプの稚魚の育て方、

稚エビの生存率をあげるポイントを解説します!

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

レッドビーシュリンプの繁殖

 

レッドビーシュリンプのメスは、一回の抱卵で20~30の卵を抱えます。

しかし、全ての卵から稚エビが生まれ、成体まで成長するわけではありません。

中には生まれながらにして病弱な個体もいます。

どんなに水槽環境を整えても、落ちてしまう個体は必ずいるでしょう。

飼育する私たちにできるのは、レッドビーシュリンプにより良い環境を整えて、

少しでも稚エビの生存率をあげることです。

レッドビーシュリンプは抱卵までは比較的容易ですが、

稚エビの育て方と生存率を上げる方法が難しいとされています。

レッドビーシュリンプの稚エビの生存率を上げる方法

 

レッドビーシュリンプの稚エビの生存率を上げる方法、育て方を解説します。

成体でもデリケートなレッドビーシュリンプですが、

幼体の稚エビは成体の親エビより更に繊細です。

解説していくポイントに気を付けなければ、

レッドビーシュリンプを繁殖で増やす難易度は格段に上がってしまいます。

 

・他の熱帯魚と混泳しない

レッドビーシュリンプの稚エビは、他の熱帯魚にとって魅力的なエサです。

稚エビはまだ水槽内を自由に泳ぎ回る能力が無いので、格好の餌食になってしまいます。

ある程度大きくなった稚エビでも、脱皮直後のタイミングで狙われます。

脱皮直後のレッドビーシュリンプは、

例え混泳相手の熱帯魚よりも大きくても外皮が柔らかいので簡単に食べられてしまいます。

これは稚エビに限らず、成体のエビでも同じことが言えるでしょう。

レッドビーシュリンプと熱帯魚の水槽を分けられなければ、

エビの隠れ家となる水草を大量に準備する必要があります。

それでもある程度は熱帯魚に食べられてしまうでしょう。

 

・水質変化には最大限の気を使って

レッドビーシュリンプの飼育に関して、水質変化は最大限に気を使うべき部分です。

特に抱卵している親エビがいる時や稚エビがいる時はいつも以上に気を使うべきです。

水替えをする時は少量に抑えて、水温を合わせてから時間をかけて水合わせをしましょう

 

・稚エビの食事環境を整える

稚エビは水槽内に発生した苔やバクテリアや微生物を食べています。

既に環境が出来上がっている水槽は、

その中にいる微生物やバクテリアで循環されています。

豊富に微生物やバクテリアが沸いている水槽であれば、

新規に稚エビ用のエサを投入する必要はありません。

循環している環境の中で稚エビもすくすく成長するでしょう。

しかし、稚エビのエサとなる微生物やバクテリアが少なければ、

ブラインシュリンプ等の稚エビでも食べられるエサを与える必要があります。

水槽内の苔を食べているから安心とはいきません。

 

レッドビーシュリンプの稚魚の育て方まとめ

 

レッドビーシュリンプの稚エビの育て方、生存率を上げる方法を解説しました。

生存率を上げて成体まで育てるのであれば、

他の熱帯魚と混泳はさせずにレッドビーシュリンプ専用の

環境に合わせた水槽を用意するのがベストです。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

関連記事

  1. レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意…
  2. レッドビーシュリンプの飼育には日光が天敵!その理由と影響とは?
  3. 【奮闘記】エビ飼育必見!育て方のコツ・記録
  4. レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介…
  5. レッドビーシュリンプ水槽にヒドラが混入した時の対策・駆除方法
  6. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  7. ヌマエビは魚の格好のエサ!分割飼育のススメ
  8. 失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

ピックアップ記事

  1. m570 掃除
  2. 雄グッピー

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  2. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  3. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  4. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  5. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  6. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?

ピックアップ記事

おすすめ記事

トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について

さて、前回まではコリドラスの飼育についての話をしましたが、今回は、温厚な…

エキノドルスの育て方と使い方、効果など紹介!

(水草)エキノドルス トリカラー(無農薬)(1株) 北海道航空便要保温ビギナ…

熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方

アサヒ 電子サーモスタット 関東当日便ヒーターとサーモスタットは、フィルター…

亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!前半編

亀を多頭飼育している方が一度は思うかもしれないこと・・・「飼育し…

メダカに産卵させる方法と採卵のコツをお伝えします!

夏場はメダカたちの繁殖・産卵の季節。メダカはどんな条件が揃えば産…

京都をお散歩するなら哲学の道!銀閣寺のほとり地下300メートルからくみ上げた井戸水を使用したコーヒーも味わってみた

こんにちは、おとぼけです京都でお散歩をするなら哲学の道もおすすめです。哲学の道の魅力そして哲…

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策を徹底紹介!もう糸状コケに悩まされないぞ、撃退方法!
  2. ペット用品を総合的に扱う通販サイトチャームを利用してみた きらーん
  3. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  4. これだけは押さえよう!亀の飼い方のコツを伝授します!
  5. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  6. メタリックな輝きが魅力!アフリカンシクリッドの飼育から繁殖・餌まで紹介!
PAGE TOP