シュリンプ系

レッドビーシュリンプの抜け殻を発見!放置しても大丈夫?

レッドビーシュリンプ

 

レッドビーシュリンプを飼育していると、水槽内に白っぽい抜け殻をよく見かけます。

初めてみた時は死んでしまったエビかと思ってドキドキしますが、心配ありません。

抜け殻を見かけるということは、エビが順調に成長している証拠でもあるのです。

今回はレッドビーシュリンプが成長の過程で見かける、抜け殻について解説します。

抜け殻についてはレッドビーシュリンプに限らず、淡水のエビなら全て同じように考えて大丈夫です。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

関連記事:レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】

 

[adsense]

 

レッドビーシュリンプは脱皮を繰り返して成長していく

 

レッドビーシュリンプは脱皮を繰り返して大きく成長します。

脱皮にはカルシウムをはじめとするミネラルが必要です。

なので、極端にミネラルが不足している軟水状態の水槽でなければ、エビの抜け殻は良くみるものです。

抜け殻を見かける=エビが順調に成長しているということなので、

抜け殻を見て心配する必要はありません。

 

レッドビーシュリンプの抜け殻は貴重なカルシウム源

 

大量の抜け殻をみると、水を汚す原因になるんじゃないかと心配になりますよね。

レッドビーシュリンプは水質悪化に弱い種類なので、特に気にかけてしまいます。

エビの抜け殻は、水質を悪化させる大きな原因にならないので、わざわざ取り除く必要はありません。

むしろ脱げ殻は、エビの貴重な食料になります。

抜け殻を観察していると分かるのですが、

エビが群がって抜け殻をツマツマ食べている様子を良く見ます。

抜け殻にはエビにとって貴重なカルシウムが含まれているので、大事な栄養補給の場にもなるのです。

成体のエビは、カルシウムを初めとするミネラルを水中から直接補給できますが、

幼体の稚エビはそれが上手くできません。

なので稚エビは食べ物からのミネラルを補給を必要とするのです。

抜け殻は稚エビにとって重要なミネラル補給の場になるので、神経質に取り除く必要はありません。

 

[adsense]

 

レッドビーシュリンプの成長速度を上げる方法

 

産まれたばかりの稚エビは、全てが成体まで大きくなる訳ではありません。

中には生まれながらにして病弱な個体や、栄養が足りずに弱ってしまう個体もいます。

レッドビーシュリンプの飼育で抱える大きな課題は、稚エビの生存率を上げることです。

抱卵までは辿りついても、生まれた稚エビを成体まで育てるのができないという人が多くいます。

稚エビの生存率は水槽内の環境にも多く作用されますが、中でも水に含まれる栄養素は重要です。

レッドビーシュリンプは脱皮を繰り返して成長していくと解説しましたね。

栄養が不足している水中では、脱皮に必要な栄養を蓄えるのに時間がかかります。

つまり栄養素が少ない水質では、

レッドビーシュリンプの稚エビの成長スピードが遅くなってしまうのです。

稚エビの生存率を上げるには、なるべく早く成体まで成長させる必要があります。

エサはもちろんですが、水の中に含まれる栄養素につても考えてあげましょう。

レッドビーシュリンプに必要な栄養素を含んだ溶剤が、各メーカーから販売されています。

適切な容量を守って添加してみてください。

エビの成長速度が上がり、抜け殻を沢山見かけるようになるはずです。

 

レッドビーシュリンプの脱げ殻についてまとめ

 

レッドビーシュリンプの抜け殻について解説しました。

頻繁に抜け殻を見かけるのは、悪い事ではありません。

むしろ水槽内の環境がレッドビーシュリンプにマッチして、

良好な環境を維持できていると言えるでしょう。

エビ達が順調成長している証です。

レッドビーシュリンプの抜け殻を見かけた時は、

ああ、成長しているんだな~という気持ちで見守ってあげてください。

もし頻繁に見かけていた抜け殻を見なくなった場合は、栄養が足りないか、水質が悪化しているかです。

どちらにせよ、レッドビーシュリンプの飼育に最適な環境から外れている可能性があります。

抜け殻は、レッドビーシュリンプにとって良い環境銅貨を計る指標の1つでもあるのです。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

[adsense]

関連記事

  1. レッドビーシュリンプが餌を食べない時の対策方法
  2. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべき…
  3. レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意…
  4. 【レッドビーシュリンプの引越し】水合わせで気を付けるべきこと
  5. 【レッドビーシュリンプの飼育】止水域の対策・関係性を解説
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  7. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1
  8. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.2

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f
  2. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f
  3. 深海のタコ「メンダコ」は臭いってほんと? メンダコ Opisthoteuthis depressa wikipedia
  4. 見た目が怖い!?深海魚のミツクリザメの雑学 ミツクリザメ wikipedia
  5. ディープレッドホタルテトラのアクアリウムでの飼い方 ディープレッドホタル・テトラ charm
  6. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

スネークヘッドは他の熱帯魚と混泳できる?特徴を交えて解説します

メジャーな熱帯魚ではありませんが、一部のアクアリストを魅了してや…

アクアテラリウムでオススメしたい陸上・水辺生物をこっそり教えます!

アクアテラリウムでは水中部分で熱帯魚などの生体を…

金魚の白点病対策!こうして治りました

コメット4匹を22L水槽で飼育していました。飼育始めてから1カ月…

え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧

小型のカラシンの代名詞とも言える「カージナルテトラ」については前回の話で…

レピドシレンパラドクサ(肺魚)の飼い方!餌・性格など

ミナミアメリカハイギョとか南米肺魚とも言われています。ハイギョ類…

ディスカスの飼育ノウハウを伝授します!水槽・ろ過・水質・水温・病気

ディスカスは、その優雅に泳ぐ姿から熱帯魚の王様と呼ばれています。…

おすすめ記事

  1. ノコギリザメの生態が神秘的!海水と淡水を行き来できる深海生物
  2. フウセンウナギは深海のアナコンダ、まるでエイリアンのような形をしている。フウセンウナギの生態について調べてみた
  3. コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編その2
  4. ボトルアクアリウム初心者におすすめの水草5選 ボトルアクアリウム 引用
  5. 野生のメダカは普段、何を食べてるの? メダカ f
  6. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
PAGE TOP