熱帯魚 観察日記

ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2

この記事の所要時間: 224

テラリウム

 

前回は、ビーシュリンプを飼育する上でどの底床を使えばいいかという話をしました。

 

ビーシュリンプの飼育にはソイルを使うのが最も適しているというのが結論でしたが、

ソイルでの飼育はいくつか注意点がありますので今日はそういう話をしていきたいと思います。

 

 

 

ソイルでの立ち上げで注意すること

熱帯魚 選ぶときのコツ

 

まず、ビーシュリンプを飼育するためにソイルで水槽を立ち上げるとします。

しかし、ここで疑問が1つ出てきます。

どのソイルを使えばいいのかということです。

珪砂や田砂はどれを使ってもあまり変わりませんが、ソイルはメーカーごとにその特徴が大きく異なりますので慎重に選んだほうがいいです。

 

 

栄養系のソイルについて

アクアリウム 森 綺麗

 

基本的にはその特徴は大きく2種類に分けられまして、「栄養系」と「吸着系」になります。

栄養系とはその名前の通り、水草を育てる栄養分が豊富で水草を育てるのに非常に適しています。

 

ただ、ビーシュリンプを飼育する上でこの栄養系は基本的には使いません。

 

難易度の高い水草をメインで飼育し、ビーシュリンプはついでに飼育するというのなら構いませんが

ビーシュリンプをメインにするならこちらのソイルは使わないほうがいいかと思います。

 

水槽立ち上げに時間がかかりますし、何より水槽立ち上げ時に大量のコケが発生してかなりめんどくさいです。

ちなみにこちらのソイルを使う場合、立ち上げにかかる時間は2ヶ月から3ヶ月です。

 

 

吸着系のソイルについて

080cb468a1d6fdfa36b83156f992e4d5_m

 

次に吸着系のソイルについてですが、こちらも名前の通り亜硝酸などの有害物質を吸着してくれるソイルです。

水質が安定しやすく、ビーシュリンプを飼育するにはもってこいの底床になります。

 

基本的にはこのソイルを使って飼育するアクアリストの方が多いのではないでしょうか?

 

栄養系・吸着系の両方共に言えることですが、pHをビーシュリンプの飼育に適した弱酸性に保ってくれるのもソイルの利点といえるでしょう。

水槽立ち上げまでにかかる時間が少なく、コケもそれほど発生しないのでビーシュリンプを飼育する上で1番手間がかからない底床といえるでしょう。

 

ちなみに、こちらのソイルを使う場合、立ち上げにかかる時間は2週間1ヶ月ほどです。

 

 

水槽立ち上げ時に洗ってはいけない

dbeef9dfa263086395db700bb5a1c0ff_m

 

さて、水槽立ち上げ時に気をつけることを書いていきましたが、ソイルにはもうさらに気をつけることがあります。

それは形が崩れやすいことです。

 

通常、大磯砂や田砂などは形が崩れにくいので洗って何度も使うことができます。

また、水槽立ち上げ時には濁りがなくなるまで洗ってから使用します。

 

しかし、ソイルは洗うと形が崩れますので、洗って何度も使用する事はできません。

そして、よく間違えている人がいますが、ソイルは水槽立ち上げ時にも洗ってはいけません。

 

先ほど言ったように形が崩れるからです。

ソイルを使って立ち上げをする際には洗わずに使用してください。

 

 

ソイルの寿命はどれくらい保つの?

熱帯魚の水温はなに

 

最後に、ソイルを使用する際に最も気をつけなければいけないことを話します。

大磯砂、田砂などは形が崩れにくく何度も使えると書きましたが、これは半永久的に使えます。

 

しかし、こういった感覚でソイルを使用すると痛い目にあいます。

ソイルには寿命があるのです。

 

通常、1年から2年ほどでソイルは亜硝酸塩などの有害な物質を吸着してしまい、吸着できる上限がきます。

これ以上、吸着できなくなってしまったソイルは水質を安定させることができなくなり一気に崩壊につながります。

 

 

ソイルの寿命が来たらビーシュリンプはどうなる?

ミナミヌマエビ カラフル

ビーシュリンプは水質の変化に非常に敏感で亜硝酸塩などが溜まってくると一気に死んでいきます。

なので、ビーシュリンプの様子をよく見ながら、ソイル交換の時期を間違えないでください。

 

 

 

ビーシュリンプとソイルのまとめ

熱帯魚 コツ 秘伝

 

シュリンプは通常、元気な時は常時餌を食べています。

止まっていることが多くなったら水槽が危険な状態になっていると思ってください。

 

このようにややめんどくさいイメージのソイルですが、ビーシュリンプの飼育・繁殖を考える上でこれ以上の底床はありません。

ソイルを使ってビーシュリンプの飼育を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

よく読まれている記事

水流

 

よく読まれている記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.1

アクアリスト 感性を磨く

 

よく読まれている記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

 

レッドファイヤーシュリンプ 可愛い

関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

バイオミニブロック

関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ
自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

好きな熱帯魚:
コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. 2014年 はじめてのグッピーの統括記事
  2. 岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識
  3. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  4. グッピーとは混泳してはいけない、ノソブランキウス ギュンテリー …
  5. きらーん ペット用品を総合的に扱う通販サイトチャームを利用してみた
  6. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルター
  7. 【奮闘記】エビ飼育必見!育て方のコツ・記録
  8. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!

ビオトープで主に楽しめる植物は水辺を好む植物がほ…

【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない

こんにちは、おとぼけです。今回からは、グッピーと混泳出来ない/混…

【水槽内のコケならお任せ】オトシンクルスの繁殖や餌など飼い方のまとめ

コケ取り役として導入している人も多い、オトシンクルス。さまざまな…

アベニーパファーを飼育しよう!純淡水で飼えて、小型水槽でもOK!

(熱帯魚)アベニーパファー(4匹)  北海道・九州・沖縄航空便要保温アベニ…

メダカの越冬、冬越、冬眠中の飼育はどうすればいいの?

こんにちは、魚は眺めるのも食べるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

雄グッピー グッピーの繁殖に必要な準備

大切に育てたペアのグッピーから遂に稚魚が産まれました。貴方の水槽…

おすすめ記事

  1. 心を癒してくれるアクアリウムの醍醐味、熱帯魚を飼育してリラックス効果を得よう
  2. ネオンテトラの飼育 – 底床でソイル以外何が向いてるの?飼い方編
  3. 清水寺で休憩するなら、150年前からお店をやっている忠僕茶屋(ちゅうぼくちゃや)がオススメ
  4. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌の種類を分かりやすく解説
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、グローライトテトラ
  6. グッピーとは混泳してはいけない、ノソブランキウス ギュンテリー レッド の紹介
PAGE TOP