ネオンテトラ

スリーラインペンシルフィッシュの魅力とは?三本のラインが美しい!

ペンシルフィッシュ uuum

 

「スリーラインペンシルフィッシュ」は古くから親しまれている熱帯魚で、その名の通り「三本のライン」が魅力となっています。そんなスリーラインペンシルフィッシュですが、他にはどんな魅力があるのでしょうか?

 

今回の記事ではスリーラインペンシルフィッシュの魅力から、飼育の方法まで紹介していきましょう。

 

 

「ペンシルフィッシュ」の一種である

 

「スリーラインペンシルフィッシュ」は熱帯魚のグループの一つ「ペンシルフィッシュ」の仲間です。「ペンシルフィッシュ」はアマゾン川、ギアナなど南米に生息する淡水魚グループで、全部で16から17種類の熱帯魚が属しています。

 

その名の通り、鉛筆(ペンシル)のような細長い体形をしているのが特徴で、体の色合いが鮮やかな種が多いです。

 

 

最大の魅力は「三本のライン」!

 

「スリーラインペンシルフィッシュ」は体に走る三本の黒いラインがとても特徴的です。輝く体と黒いラインのコントラストが素敵ですよね。スリーラインペンシルの別名は「トリファ」と言いますが、これはラテン語で「三本の帯」という意味だそうで、おしゃれな異名ですね。

 

 

スリーラインペンシルフィッシュは赤いヒレがアクセント

 

スリーラインペンシルフィッシュのもう一つの魅力はすべてのヒレに見られる赤い模様です。斑紋状模様はとても美しく、ヒレを動かし泳ぐ様はとても気品があるように見えます。

 

 

スリーラインペンシルフィッシュの体の特徴は?

 

大きさは大体5センチくらいで、熱帯魚としては普通サイズでしょうか。ただ、ペンシルのような細長い体ですので、割と小さめに見えます。泳ぐ際は、仲間と同じ方向に泳ぐことが多く、赤いヒレと、黒いラインがゆらゆら揺れる様は見ごたえがあります。

 

 

スリーラインペンシルフィッシュの気性は荒い!

 

見た目は優雅なスリーラインペンシルフィッシュですが、気性は荒めです。特に同じ種類同士だとかなりの確率で喧嘩が勃発します。かなりしつこく追いかけまわしたりもするようで、逃げ場所を作ることが重要です。他の種類にはあまり攻撃的でないようですが、縄張り意識は非常に強いので、他の種と一緒に泳がすのは注意が必要です。

 

 

消灯時のお楽しみ

 

スリーライトペンシルフィッシュにはちょっとした楽しみ方もあります。それは消灯時になると、特徴的なラインが切れ、模様がバンドのように変化することです。消灯時に注意深く観察していると、その姿が拝めるかもしれません。

 

 

スリーラインペンシルフィッシュを飼いたい!水質は?

 

スリーラインペンシルフィッシュを飼育するにはどのような環境が必要なのでしょうか。まずは水質です。水質は弱酸性から中性を好みますので、他の熱帯魚と同じ環境で大丈夫でしょう。水温は24度から28度が良いでしょう。水質にはあまりこだわらないタイプで、比較的飼育は容易でしょう。

 

 

水槽は?

 

群れで泳いでいる姿が魅力の一つですので、水槽の大きさは60センチもあれば、10匹以上のスリーラインペンシルを飼育することができるでしょう。先述の通り、同種間だと争いが絶えないので、水草などを多めに投入し、魚の逃げ場を確保することが重要です。

 

また、スリーライトペンシルは水槽の藻を食べることでも知られます。ただ、大量に食べるわけではないので水槽の掃除の役目は期待薄です。

 

 

口が小さいのでエサに注意

 

 

人工餌でも生餌でもどちらも大丈夫ですが、注意点としては口が小さいのでエサは細かく砕いて与えることが必要です。

 

藻を食べるので、重宝されることもありますが、藻やコケを食べる量は個体差がとても大きく、「水槽に藻があるから」と餌を与えないでいると死んでしまうことがあります。また、上に向かって泳ぐことが苦手なので、沈むタイプのエサがおすすめです。

 

 

スリーラインペンシルフィッシュを増やすことはできるのか?繁殖は?

 

スリーラインペンシルフィッシュは古くから親しまれている品種ですが、繁殖の成功例は聞いたことがありません。オスメスの区別も難しいので、個人で繁殖にチャレンジするのはかなり困難でしょう。

 

スリーラインペンシルは通販などでも販売されているので、そちらで購入するのも良いでしょう。値段は300円ほどからと、かなり格安です。

 

 

まとめ

 

スリーライトペンシルフィッシュの魅力はその模様です。できれば群れで飼育して、その群泳を楽しんでください。

 

関連記事:シルバーハチェットの魅力と特徴は?シルバーの体色でふっくらカワイイ熱帯魚

関連記事:エンペラーテトラの魅力や特徴は?ブルーの目と三つ叉の尾ビレが美しい熱帯魚

 

 

-ネオンテトラ
-