グッピーの基礎知識

グッピーの歴史





 

私達が大切に飼っているグッピー達がどういった経緯で発見され、

いまのあなたの手元で飼っている綺麗なグッピーのルーツをここでは解説させて頂きます。





最初のグッピーの発見者は誰なの?

テラリウム

グッピーが世界で初めて紹介されたのが1850年頃と言われています。

日本の歴史上だとちょうど幕末時代の時代ですね。

イギリスの植物学者レクメア・グッピー氏が南米北部のトリニダード(現:トリニダード・トバゴ共和国)へ植物採集に行ったところ、

トリニダード(現:トリニダード・トバゴ共和国)には大変珍しい植物で溢れており

この地方の川や沼には色彩で活発に泳ぎ回っている小さな魚を発見し、

その英物を祖国のイギリスに持ち帰ったのが、グッピーが世界に登場した歴史の1ページ目になります。

発見者のレクメア・グッピー氏の名前が由来です。





トリニダード・トバゴ共和国ってどんな国?

アマゾン川

トリニダード(現:トリニダード・トバゴ共和国)は、

北米のカリブ海の小アンティル諸島南部に位置するトリニダード島とトバゴ島の
二島と属領からなる共和制国家で、イギリス連邦加盟国です。

近隣諸国やアメリカとの関係が深いほか、旧宗主国のイギリスとの関係が深く、

イギリス連邦加盟国である。国際連合に加盟している。

1962年に独立したばかりの独立国です。

その国からイギリスの植物学者レクメア・グッピー氏が現地で

採取した生物をイギリスに持ち帰った事によってグッピーの情報が世界に広がりました。

グッピーをイギリスに持ち帰るのが大変だった

 

 

トリニダード・トバゴ共和国から祖国イギリスに持ち帰るのは大変だったそうです。

 

当時は飛行機など存在しない時代です。

 

1か月の航海を終えてグッピーをイギリスに持ち帰りました。

 

当時はグッピーが初めてイギリスにやってきた時は大変騒ぎになったそうです。

 

確かにそうですよね、今では私達は世界中の珍しい魚達を水族館で見る事も出来るし

 

インターネットが発達した今日、気になる魚の生態もキーボードを叩けば安易に調べることが出来ますが

 

当時はそんな技術がないので今まで見たことないような大変美しい魚を見たい人は多かったようです。

 

更にイギリス人が驚いた事にトリニダード・トバゴ共和国から1か月も船に揺られてきたにもかかわらず

 

グッピーは、ほとんど無事で元気がよかったとの記録も残っております。

 

 

この記録から読み取れるようにグッピーたちは環境への順応性の強さを物語っていますね。

 

 

グッピーが日本にやってきたのはいつなの?

水草と子ども

 

グッピー達が日本にやってきたのは1920年(大正9年)頃と言われています。

 

そして10年後の1930年頃には、日本橋の三越や銀座の千疋屋にグッピーは陳列されていたそうです。

 

世界では戦争が真っただ中の日本で三越や銀座の千疋屋にも陳列されていた

 

高級熱帯魚をとても一般市民が買えるような品物ではなかったです。

 

では、いつから一般市民にも飼えるようになったのか・・・

 

 

アメリカ陸軍兵士が缶詰で持ってきたグッピー達

 

 

日本が第2次世界大戦で負けポツダム宣言(1945年)をした3年後

 

1948年頃から日本でもグッピーが誰にでも飼えるようになりました。

 

当時のグッピーのほとんどが野生タイプで、稀にアメリカ陸軍兵士が缶詰で持ってきてたと記録されています。

 

 

グッピーが最も美しかった時代は日本人が一番頑張ってた時期

 

日本は戦争に負け敗戦国となりましたがそんな敗戦国を世界中の国が驚きました。

 

それが有名な日本の高度経済成長期です。

 

この頃の日本は日本経済が飛躍的に成長を遂げ日本の「精神の復興期」の時代でもあって

 

グッピーはもちろん、他の観賞魚、植物も動物もすべて美しかった時代です。

 

そんな時代を生き抜いた先人たちは美しい物に魅力されました。




関連記事

  1. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  2. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  3. 稚魚とグッピーたちの飼育近況を公開!
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!
  5. ゼブラダニオの飼育|混泳できない熱帯魚たち
  6. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの…
  7. 蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ
  8. アクアライフを満喫、冷凍エサのメリット

ピックアップ記事

  1. テトラ (Tetra) リビングキューブ 12 オールインワン水槽 淡水・海水用 (容量 約12L) amazon
  2. ビオトープ メダカ f

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

レッドビーシュリンプの抜け殻を発見!放置しても大丈夫?

レッドビーシュリンプを飼育していると、水槽内に白っぽい抜け殻をよく見かけ…

深海に住むちょっと不思議なシンカイアシボソヤドカリの生態

私は貝になりたい オリジナル・サウンドトラック 私は貝になりたい、という映…

カブトガニの育て方・飼育方法

「生きた化石」ことカブトガニを飼ってみませんか?デリケートな生き…

レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?

初心者にも簡単に飼えるようで、水質や水温など、意外と気難しいとこ…

ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力

深海魚にして古代魚という、ハイブリッドな魅力を持つサメ、ラブカをご紹介し…

ネオンテトラの飼育 – 底床でソイル以外何が向いてるの?飼い方編

前回、ネオンテトラの魅力を最大に引き出す底床はソイルだという話をしました。…

おすすめ記事

  1. 本気のアカヒレ飼育ガイド!繁殖を目標にアカヒレを徹底飼育
  2. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべきポイント
  3. パイクシクリッドを飼育しよう!美しく、飼いやすく、かつ凶暴でもあり孤高さも魅力
  4. 【保存版】ボトルアクアリウムの水温管理方法を伝授します!
  5. 天然海水を飼育に使おう!天然海水のお得な買い方と珊瑚の白化
  6. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
PAGE TOP