まめの日常ライフ

ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1

この記事の所要時間: 253

雑草

 

さて、前回はビーシュリンプの飼育をする上で、どの底床を選ぶかというお話をしました。

今回は、さらにどのフィルターを使いうかというお話をしたいと思います。

 

 

 

ビーシュリンプの飼育 – フィルターについて

スポンジ

 

ビーシュリンプは意外と糞が多いので、かなり水を汚す生体です。

なので、フィルターについては真剣に考えたほうがいいです。

 

それでは、どのフィルターがベストなのかを検討していきますが、まずは外部フィルターから考えていきましょう。

個人的な意見ですが、外部フィルターはビーシュリンプの飼育に最も適しているフィルターの1つだと思っています。

 

よく読まれている記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使う利点1

水 エアレーション

 

まず、外部フィルターを選ぶ理由の1つ目ですが、それは濾過能力の高さにあります。

先ほど話した通り、ビーシュリンプは意外と水を汚す生体です。

 

なので、出来るだけ濾過能力は高いほうがいいです。

そういう意味で、濾過能力の最も高いフィルターの1つである外部フィルターを選ぶのがいいと思います。

 

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使う利点2

春 暑い

 

2つ目の利点は温度上昇の少なさにあります。

ビーシュリンプ最大の弱点として高温に弱いというのがあります。

 

なので水中にポンプを入れて水を循環するようなシステムだとモーターの働きにより水温が上がりやすくなり、

結果、ビーシュリンプが死にやすくなります。

 

外部フィルターはポンプを水の中につけるシステムではないので温度上昇が少なくビーシュリンプの飼育に向いています。

 

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使う利点3

ネオンテトラ 上部フィルター1

 

また、3つ目の利点は水草の育てやすさにあります。

外部フィルターの最大の特徴として、二酸化炭素を逃がしにくいというものがあります。

 

これはすなわち、水草を容易に飼育できることにつながります。

ビーシュリンプの飼育において、水草の飼育はかなり重要になります。

 

隠れ家としても餌としても活躍してくれる水草はビーシュリンプの飼育にぜひ導入した方がいいでしょう。

 

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使う利点4

アクアリウム 欠点 波紋

 

さらに、4つ目の利点として、水槽の上面がスッキリするのも大きいです。

温度上昇に弱いビーシュリンプはファンを使う機会も多いです。

 

水槽の上面が空いている方がファンを使いやすいのでこれもメリットになるかと思います。

このような4つのメリットからビーシュリンプの飼育には外部フィルターを使うのが1番いいと考えられます。

 

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使う難点1

バクテリア定着 写真

 

ただ、デメリットもないわけではありません。

 

これはメリットの3つ目と少し被ってしまう話なのですが、二酸化炭素を逃がしにくいということは水が空気に触れることが少ないということです。

 

それはすなわち、酸素を取り入れることが難しいということになります。

 

ビーシュリンプ最大の弱点の2つ目として、酸欠に弱いというものがあります。

 

なので、外部フィルターを使って飼育するのはいいですが、酸欠には気をつけなければいけません。

 

自然と溶け込む酸素量でも問題のない匹数で飼育するか、

もしくは、エアレーションをしっかりして水槽内に酸素を供給したほうがいいでしょう。

 

 

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使う難点2

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_m

 

また、2つ目のデメリットは外部フィルターが他のフィルターと比べてかなり高額だということです。

外部フィルター本体だけでもかなり高額な上、別にろ材を用意しなければいけません。

 

ろ材は100円ショップなどに売っている車用のスポンジなどでもいいですが、ちゃんとしたろ材を用意するとなるとそこそこのお金がかかります。

 

ビーシュリンプ自体も決して安くないので、本格的に飼育しようとするとそれなりのお金がかかると思ってください。

 

 

 

ビーシュリンプの飼育に外部フィルターを使うこと・まとめ

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_m

 

以上のようにデメリットはありますが、総合的に見れば外部フィルターがビーシュリンプの飼育に最も適したフィルターなのは間違いないです。

多少、お金はかかりますが、先行投資、初期費用と思って買っておいたほうが後悔が少ないと思います。

 

外部フィルターを使ってビーシュリンプの飼育を初めてはいかがでしょうか?

 

 

 

よく読まれている記事

水流

 

よく読まれている記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.1

 

アクアリスト 感性を磨く

 

よく読まれている記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

 

レッドファイヤーシュリンプ 可愛い
関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

バイオミニブロック
関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

好きな熱帯魚:
コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで
  2. 熱帯魚の王様!ネオンテトラが長年、愛される理由
  3. ネオンテトラの飼育-餌の回数と量はどれくらい与えればいいの?
  4. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…
  5. コリドラス・ステルバイの魅力と飼育方法について
  6. ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ
  7. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適な底床選び
  8. ヌマエビは魚の格好のエサ!分割飼育のススメ

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ貝だ!

アクアリウムを行っていくとタンクメイトという存在にどうしても悩む時がやっ…

進化の歴史を感じさせる独特のルックス!ポリプテルスを育ててみよう!

爬虫類や恐竜を思わせるいかつい顔立ち、シーラカンスにも似た「古代…

グッピーのためのフィルター(濾過器)

次は水槽内をグッピー達の住みやすい環境に保つためのフィルター(濾過装置)…

エンゼルフィッシュの飼育ノウハウを伝授します!水槽・水質・餌・混泳

エンゼルフィッシュと言えば、ネオンテトラと並んで非常…

もう迷わない!海水魚の飼育ならどのフィルターを選ぶべきか決着をつけようじゃないか!

前回は(海水魚の飼育なら知っておくべき!天然海水と人工海水のどちらを使う?)天然の海…

天然海水を飼育に使おう!天然海水のお得な買い方と珊瑚の白化

海水魚を飼育している人に取っては、一度は気になる天然海水ですが、…

おすすめ記事

  1. オスフロネームスグラミーはどんな熱帯魚?飼育方法や生態を紹介!
  2. ネオンテトラ 飼い方-水槽選びをしっかりするだけで美しさが更に磨かれる編
  3. クサガメの飼育方法を紹介!外国では希少種のクサガメ
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚クラウンローチ
  5. 熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品
  6. 金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹介!
PAGE TOP