メダカの飼育・繁殖

ペットボトル水槽やガラスボールでメダカを飼育出来るの?

この記事の所要時間: 255
photo credit: Pet bottles via photopin (license)

photo credit: Pet bottles via photopin (license)

メダカを手軽に飼育したい」「夏休み課題で野生のメダカを採取した」など

夏休みをきっかけに気軽にメダカを飼育したいと思ったことはありませんか?

 

メダカはこう見えても淡水魚の中でも水温・水質に強い個体ですので、ペットボトル水槽やホームセンターにおいてある安価なガラスボール(ガラス製容器)でも飼育が可能です。

 

しかし手軽に飼えるからと言って、しっかりとした知識がないと飼育したメダカがすぐに亡くなってしまう可能性が高いので、今回はペットボトルでもメダカを飼育する方法を紹介します。

 

 

 

メダカの水温・水質について

試験 アクアリウム

 

一般的にメダカの飼育に最適な水温は15度~28度が好ましいと言われています。

メダカは変温動物ですので水温変化には柔軟に対応する事が出来ます。

 

しかし、あまりにも高温すぎると次第に体力が低下してしまい、病気がちになりやすいので注意しましょう。

 

特にペットボトル水槽やガラスボールは水量が約1リットル~2リットルと少ないため

水温が非常に変化しやすく且つ、水の汚れも早い為、こま目な水換えが必要です。

 

水量が少ない事ことから水温が変化しやすいので、直射日光にならないよう注意しましょう。

直接太陽に長時間当たってしまうと水温が急激に高くなりメダカにとって負担になります。

 

関連記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

関連記事:カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法

 

2リットルの水量で何匹メダカを入れる事が出来る

メダカ ガラス水槽

 

少ない水量で大量のメダカを入れてしまうと水質悪化も早く、酸欠になりやすいので

2リットルであれば2匹~3匹が限界です。

 

アマゾンフロッグピットなどと言った浮草を入れる事によって、多少の水質浄化にも繋がりますが、限界があるため、やはりこま目に水換えが必要です。

 

 

容器に水を入れる際は必ずカルキ抜きをしよう

春 暑い

 

水道水をそのまま使用するのはNGです。

水道水には塩素が含まれており人間にとっては無害ですがメダカにとってはエラなど細胞を破壊させる効果があることから、必ず中和剤などを使用しカルキ抜きを行いましょう。

 

カルキ抜き用の中和剤は高くないので必ず中和剤を常備しておきましょう。

また、中和剤がない場合はバケツに汲水をし、ベランダで2日程、太陽に当てると

自然とカルキが抜けますが、手軽で確実に塩素を抜きたいのであれば中和剤を利用するのが無難です。

 

 

メダカをペットボトルやガラスボウルで飼育するまとめ

・水量が少ない事からこま目に水換えを行なう

・あまりメダカを入れ過ぎない

・直射日光などを避ける

 

ペットボトルでメダカを飼育している動画

こちらの動画は1分半程の動画ですがミナミヌマエビとメダカを混泳させてペットボトルで飼育している動画になります。

気軽に飼育できるのがポイントの1つです。

 

 メダカ用のガラスボウル


charm様の方でも良い感じのガラスボウルを取り扱っております。

 

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

メダカ

 

 

よく読まれている記事

photo credit: Aquarium via photopin (license)

photo credit: Aquarium via photopin (license)

 

よく読まれている記事:こんなにいる!メダカと混泳できる魚を一挙公開!

 

メダカ

 

よく読まれている記事:野生のメダカは普段、何を食べてるの?

 

メダカ F

 

よく読まれている記事:メダカに最適な水槽の選び方、メダカの飼育方法

 

 

編集後記

 

進撃の巨人(実写版)が公開されました。

公開日に4DXで見てきましたが、4DXは体験型なので鑑賞していて非常に疲れました。

4DXのレビュー記事も近日中に公開したいと思います。

関連記事

  1. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  2. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  3. 黒メダカとスイレン栽培をはじめるなら冬からやるべき!
  4. メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  6. メダカの繁殖と無事孵化させて稚魚を育てるコツ
  7. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由
  8. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  2. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  3. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  4. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  5. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  6. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?

ピックアップ記事

おすすめ記事

金魚が石(砂利)を飲み込んだ時の対処方法

金魚が砂利や石をつついている姿は、なんとも可愛らしいものです。食…

ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2

さて、前回はベタの飼育に最適なフィルターということで、外部フィルター、上…

タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!

さて、もうひとつタンクメイト候補としてお勧めしたいのは「レッドラムズホー…

糸状コケ対策を徹底紹介!もう糸状コケに悩まされないぞ、撃退方法!

水草の葉からフサフサと伸びる糸ゴケは、見ばえがよくないだけでなく…

【絶対押えておくべき】横浜のおすすめ熱帯魚(アクア)ショップ4選!

今回は横浜市にある熱帯魚ショップについてのご紹介です。横浜市には多く…

m570 掃除 ロジクール トラックボール M570を分解して掃除 それでも治らなければ

こんにちは、おとぼけです。先日の記事では、おとぼけの肩こり・腱鞘炎が軽減されたオススメ用品を紹介…

おすすめ記事

  1. アクアライフを満喫、冷凍エサのメリット
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  3. エンゼルフィッシュの飼育ノウハウを伝授します!水槽・水質・餌・混泳
  4. 妊娠中グッピーのとある日常 お腹が苦しいグッピー
  5. 初めてでも大丈夫!亀の冬眠させ方と失敗しない方法を伝授します!
  6. ネオンテトラ 飼い方 – 混泳できない熱帯魚たちの紹介
PAGE TOP