グッピーの基礎知識

カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法

アクアショップ

 

先日友人に、「熱帯魚を飼いたいけど、バケツに水道水を汲んでその中で飼育できるの?」と、

とんでもない事を聞かれた驚きました。

 

でもそうですよね。

 

熱帯魚飼育を経験した事ない方は、水槽に入れる水は「水道水をそのまま入れている」と思ってるかもしれません。

今回は、カルキ抜きをする必要性と中和液がない場合のカルキ抜きの方法について紹介しましょう。

 

 

 

何で水道水をそのまま使っちゃダメなの?

混泳は出来ない

 

水道水には熱帯魚を死なせてしまう塩素が必ず入っています。

塩素が水道水に含まれている理由は、殺菌のため。

 

この塩素は人間が飲んでも、全然平気だが、熱帯魚たちはエラの細胞を壊してしまい

やがて死に至ってしまいます。

 

なので、必ず水道水を熱帯魚達によって無毒化する必要があるのです。

 

 

どうやってカルキ抜きをするの?

水道 水槽 熱帯魚

 

一番てっとり早いのが、カルキ抜き(中和液)を使用する事です。

私は下記のカルキ抜きを使っております。

 

バケツに水道水を一杯含み、

カルキ抜き(中和液)をキャップに4分の1を注ぎ、スピード中和(無毒化)が出来ます。

 

それではカルキ抜きがない場合はどうするのか?

 

 

バケツなどに汲み置きし外光に晒す

春 暑い

 

予めバケツなどに汲み置きして外光に1~2日ほど晒しましょう。

 

これをすることによって水面から塩素が抜け出るのを待つのです。

注意点として、バケツの上を塞がないようにしましょう。

 

水道水に何も加えない事から最も安全な方法ですが、如何せん中和するのに時間が非常にかかります。

 

なので、カルキ抜き剤などを購入して中和化しましょう。

 

おすすめカルキ抜き剤

 

 

 

よく読まれている記事

4465fefe358b3f06dbc874e4f6772a90_m

よく読まれている記事:水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る

テラリウム

よく読まれている記事:アクアリウムをやっていると感覚が研ぎ澄まされる事ってない?

試験 アクアリウム
よく読まれている記事:水槽水の水質も大切、水質検査のやり方

 

 

編集後記

梅雨

 

それにしても全然梅雨が明けないですね。

ここんところ洗濯物が干せず、部屋干しをしております。

室内で干すと湿気が溜まることからクーラーの除湿機能で稼働していますが、部屋の温度調整が出来ないから辛い。

 

梅雨時期の洗濯、皆さんどうされてるのです?

関連記事

  1. ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリ…
  2. 熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品
  3. 熱帯魚の代表ならグッピー飼育がオススメ!必要な水槽や危惧の紹介!…
  4. 熱帯魚入門- お店でグッピーなど熱帯魚を購入する際の賢く選ぶコツ…
  5. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、エンゼルフィッシュ
  6. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する…
  7. グッピーと混泳できる熱帯魚クラウンローチ
  8. 水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  2. メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  3. サルビニアの越冬は室内に避難させよう!水温が低下すると枯れるので注意 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  4. サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  5. サルビニア ククラータに必要な光量とは?蛍光灯でも飼育は可能? サルビニアククラータ charm
  6. 大人気の浮草サルビニアを解説!和名はオオサンショウモ オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

クララを飼育しよう!究極の可愛さと、至高の凶悪さの対決

(写真引用元:ネオス 楽天市場店)アクアリウム界随一の暴れん坊。…

パールグラス amazon パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介

水槽内に草原を想像させるような緑の絨毯に憧れた事はありませんか?…

コリドラスピグミーが可愛い!ピグミーの繁殖や餌など飼育方法

(熱帯魚)コリドラス・ピグミー(ワイルド)(5匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温…

ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで

エビは綺麗な水を好む繊細な生体なので、水質管理が重要です。一般に…

ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?

青くキラーンと光る眼が魅力的なランプアイ。(名前そのままですね!)…

【エビ水槽】水カビがあまりにも酷いので原因と対策を伝授します

無事に稚エビが生まれた水槽ですが、注意してみると、水草にカビのような…

おすすめ記事

  1. 【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!
  2. 鳴く魚!?クローキンググラミーと小型グラミーを飼ってみよう
  3. ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力
  4. コリドラスピグミーが可愛い!ピグミーの繁殖や餌など飼育方法
  5. 【レッドビーシュリンプの水作り】最適な水質とは?
  6. 【高水温に注意】 熱帯魚水槽の夏の暑さ対策
PAGE TOP