アクアハック

誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育させたいならCO2添加!

この記事の所要時間: 245
photo credit: summer rain via photopin (license)

photo credit: summer rain via photopin (license)

 

水草を導入してるときに、なかなかうまく育ってくれなかったりして、すぐ枯らしてしまうことってありませんか?

私も過去にたくさん枯らしてきました!

色素が抜けてしまったり、溶けてしまったり…

もう今までどれだけ水草買ったか思い出せません(笑)
原因は光量が足りてないとか、生体の数とのバランスなど、さまざま。

 

水草を青々ときれいに生育させたいならCO2添加キットの導入

ポイント 女性

 

もし、「水草を青々ときれいに生育させたい!」と考えてるのであれば、確実にCO2添加キットの導入が必要です。

しかしCO2添加キットをもろもろ揃えるとなると、費用もかさみますので、複数水槽を持っている場合など厳しかったりもしますよね。

そこで今回は自作CO2キットの作り方です。
うちではこの自作CO2キットが大活躍していて、これを導入してから水草を枯らしていません!
普通のCO2添加キットを導入したときのように、水草が呼吸してるかのごとく、気泡が出てくることはないのですか(泣)
枯らしていないというだけでも、やはりCO2効果はあるのではないかと思います。

 

自作CO2キット用意するもの

ペットボトル

 

では、まずは用意するもの。

・水 (40度くらいのぬるま湯が発酵しやすい)400ml
・イースト 1g
・食塩 ひとつまみ
・砂糖 100g(うちではグラニュー糖を使いました)

・ペットボトル(炭酸飲料のものが好ましい)
・エアチューブ 2本
・逆止弁
・メラミンスポンジ(少量)
・シリコーン、もしくは瞬間接着剤(密閉に必要です。後に説明します。)
・エアポンプ(生体の酸欠防止です。後に説明します。)

これらを見て何かピンとくる人もいるはずです。
食塩、砂糖、それにイースト・・・そうです、パン作りに必要な材料なのです。

パン作りに詳しい方ならなんとなく想像できると思うのですが、イースト菌が塩、砂糖、水分、熱によって、さまざま条件が重なり、発酵活動を始めます。

そうして出来た二酸化炭素のガスによって、パンの生地が膨らんでできるのです。
(ここでいうさまざまな条件を話すと非常に長くなる上に、パンの話になるので割愛させていただきます)

その発酵の原理を、今回のCO2添加に用いようということなんですね。
もっと簡単に言ってしまえば、イーストに塩、砂糖、水分、熱を加えれば、CO2が出きてしまうのです。

こうしてペットボトルの中で作られたCO2を、

エアチューブを使って水槽内に放出するのですが、飼育水がペットボトルの方に逆流してくるのを防ぐ役割として、逆止弁を使います。

この自作キットの目的や作り方が、なんとなくわかってきたのではないかと思います。

 

自作CO2キット装置の作り方

自作キット

 

さてまずは装置となるペットボトルの作り方についてです。

 

エアチューブ

 

1.まずはペットボトルのふたを、エアチューブでつなぐための処理をします。
蓋をキリなどで少しずつ開けてチューブを接続すればいいのですが、より密閉性を高めるために、私はガスコンロであぶって
若干溶かして接続しました。

 

自作

接続した箇所は密閉性を高めるために、シリコーンや、瞬間接着剤を使用してください。

 

co2

 

2.接続したエアチューブに、逆止弁ともう一本のエアチューブをつなげます。
つなげたエアチューブの先端からCO2 がでるので、きめ細やかな泡を出すために、ここにメラミンスポンジを入れます。
結構がっちり入れてください!

3.では次にペットボトルの中身を作っていきます。
ペットボトルにぬるま湯(400ml)、食塩、1g、イースト1g、砂糖100gを投入して軽く振ります。

これで完成!

 

自作CO2の注意点

ポイント

発酵が始まるまで時間がかかるので(早くて1時間、1日かかることも)、気長に待ってください。

ここで仮に出すぎてしまう場合は重曹、もしくは食塩を少し足すようにしましょう。
CO2の量は多すぎると、生体が酸欠になってしまいます!(とくにエビのいる水槽には要注意!)

酸欠といえば、この自作CO2キットは量の調節や制御が効かないので、夜間はエアレーションをするなどして酸欠を回避しましょう。

我が家は最初なかなか発酵してくれませんでした。

密閉性が悪かったのか、徐々にパンらしきにおいがしてきて(笑)

次にやったときは密閉性を高めて、ぬるま湯で作ったら、わりとすんなり発酵してくれました。

発酵には35℃前後の熱が必要となってくるので、ホッカイロなどで保温できれば一番いいのですが、なくても平気です。

弱くなったなと感じたら、たまにふってあげるとしっかりCO2出してくれますよ!是非作ってみてください!

 

関連記事:もう困らない!不治の病、エロモナス病の初期症状と対処方法を解説!

関連記事:【超初心者さんに捧げる】熱帯魚の水槽立ち上げ予算案を徹底紹介!

関連記事:最初のアクアリウムで何から始めたらいいか分からない?そんな貴方に小型のカラシンがお勧め!

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:おちび

おちび

自己紹介:

熱帯魚歴半年。家には本水槽と、稚魚水槽×2があります。卵を見つけると守らずにはいられません。

おかげで稚魚が100匹います(゜o゜) 毎週末は熱帯魚屋さんに家族でお出かけ♪

 

好きな熱帯魚:

コリドラスピグミーゴールデンハニードワーフグラミー(♀)、レッドチェリーシュリンプ

関連記事

  1. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!
  2. 活性汚泥とは何?バクテリアの生成を濾材の付着物で確認する方法
  3. アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?
  4. 【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ…
  5. 糸状コケ対策を徹底紹介!もう糸状コケに悩まされないぞ、撃退方法!…
  6. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性
  7. 【初心者でも大丈夫】エンドラーズ・ライブベアラーの飼育方法を紹介…
  8. 自宅周辺から水草を採取して水草水槽に導入してみた

ピックアップ記事

  1. きらーん

おすすめ記事

  1. カブトエビって何?カブトガニと何が違うの?
  2. カブトガニの血液はなぜ青い?医療の世界で役立てられる青い血事情
  3. カブトガニの育て方・飼育方法
  4. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  5. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  6. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?

青くキラーンと光る眼が魅力的なランプアイ。(名前そのままですね!)…

熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。今回も光が一切…

メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(6匹)小型混泳水槽で人気のメダカとミ…

【水質管理】庭池の金魚が大量死したのでリセットしてみた

庭池の金魚が大量死したのでリセットしました。大切にしていたコメッ…

ネオンテトラの飼育方法 – 底面フィルターを徹底解説!

今日は、「ネオンテトラに最適なフィルターは何か?」の底面フィルター編になります。個人…

ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

さて、今日はビーシュリンプについてお話していこうと思います。今ま…

おすすめ記事

  1. ウルトラスカーレットトリムプレコを飼育しよう!ようやく新種に認定されたプレコ
  2. 熱帯魚飼育の初心者にオススメ!飼育しやすい熱帯魚たち
  3. 【奮闘記】エビ飼育必見!育て方のコツ・記録
  4. 深海に住むちょっと不思議なシンカイアシボソヤドカリの生態
  5. ミナミヌマエビの飼育に最適な水草選び~グロッソスティグマ・ウィローモス
  6. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性
PAGE TOP