アクアハック

活性汚泥とは何?バクテリアの生成を濾材の付着物で確認する方法

この記事の所要時間: 254

生活水 f

 

我々の生活には欠かせないバクテリアの集合体が活性汚泥です!

下水にこれを混ぜ、空気を送り、攪拌するとバクテリアの働きで水がきれいになります!

 

下水浄化はこのバクテリアの集合体を沈殿させ分離し、きれいになった水に塩素などで消

毒し、河川や海に放流されます。活性汚泥のことを詳しく調べました。

 

活性汚泥は、水槽内でも見られます?

 

活性汚泥が濾材の付着物で生成されたことを確認する方法をお教えしますね!

 

生活水処理工程の仕組み

 

下水処理施設は下図のようになります。

 

生活水処理工程

 

最初の沈殿槽で下水はゆっくり流れ、沈殿しやすい沈殿汚物(小さなゴミ、砂)を

沈殿させ汚水処理施設に送られます。

 

生物反応タンクでは微生物を多く含む活性汚泥を加え、酸素を供給します。

微生物は水中の酸素を吸いタンパクなどを食べ増殖しくっついて大きな塊になります。

このタンクは約8hかけ通過します。この間、細菌と有機物を分解します。

 

最終沈殿槽では空気が止められ、流れをなくすと活性汚泥は底に沈殿します。

活性汚泥の一部は生物反応タンクで再利用され、残りは汚泥処理施設に送られます。

消毒設備では、更に上澄み水に含まれるアンモニア、窒素、リンを検出し取り除かれ、

消毒剤が加えられ放流されます。

 

水槽内、外付フィルターでも活性汚泥と思える堆積物を見かけます。

 

バクテリアの生成確認

疑問 f

 

我が家の水槽で作られた活性汚泥と思える堆積物です。

黒褐色で見た目が良くありませんがご覧ください。左が未使用品なので比較できます。

 

交換フィルターは何度も使い回しします。コケが多く付着すれば清掃しています。

 

注意するのは、水道水を勢いよくフィルター面にかけ清掃しないことです。

せっかく繁殖したバクテリア(好気性)が流れてしまいます。

 

水槽の水を入れ物に入れそこにフィルターを入れ、大きな汚れを振るい落とす程度です。

 

スクリーンショット 2016-07-23 8.49.45

 

フィルターの交換時期は、水の流れが悪くなった時です。

 

バクテリアは1~2回/日で分裂、世代交代し、

塊になるのでフィルターの目詰まりが必ず起きます。2~3ヶ月は使えます。

 

水中ろ過装置のマットにも活性汚泥らしいのが付着しています。

大きな汚れをおとし再利用します。隙間には新しいマットを切り取り併用します。

こうすると濾過バクテリアは早く繁殖します。

土の臭いがしたのでバクテリアが繁殖していることは間違いありませんね!

 

水中フィルターの底の小石にも付着していそうです。

 

 

水槽内の砂底にも黒褐色の堆積物(デトリタス?)が見られます。

 

底石の清掃はしばらく行っていません。

デトリタスはバクテリアの住処ですが雑菌の温床にもなりかねませんね!

 

ゆっくりと時間をかけ水槽の水が底石を循環し濾過されたことでバクテリアが繁殖したと思われます。

エアレーションは強めにかけています。

 

藍藻が発生したことから長期間、底石の清掃を行なわなかったことがわかります。

定期的にプロホースなどで底石の清掃をするのが効果的ですね!

 

バクテリアの生成を濾材の付着物で確認する方法のまとめ

ポイント 女性

 

いかがでしたか。

生物反応タンクでは、有機物が水中の酸素を吸いバクテリアの分裂、繁殖で浄化され、

そのバクテリアの沈殿物が活性汚泥といわれています。

 

今回確認した堆積物から、水槽内でもいたるところでバクテリアの繁殖が行われています。

空中の好気性バクテリアは水中で目覚め、酸素で増殖します。表面積が広いほどよく繁殖します。

リング濾材のように表面積が広い、底石の面積が広いほど効率よく育ちます。

 

自然界では山々から浸み込んだ伏流水は、

砂礫層をおよそ0.1cm/秒のゆっくり浸透し不純物は濾過され、水質が保たれています。

 

底面ろ過水槽の底石も同じようにゆっくりとした水の循環が行われた場合、

効率よく浄化が行われると考えられます。

 

定期的に水槽メンテナンスはおこないましょう!

活性汚泥のような堆積物が見られる水槽はバクテリアが順調に繁殖していますよ!

 

関連記事:犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!

関連記事:パクパクえら呼吸!魚はどうやって酸素を取り入れているの?

 

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:グッピー卿

グッピー f

自己紹介:

 

熱帯魚歴は長いですが、名には程遠くいまだに極められないでいます。

今は60cm水槽のみです。ごちゃ混ぜでたくさんいましたが、

ついにグッピーだけ飼育中に、今大ピンチです!

1匹だけに頼っています。稚魚は守りますよ!

 

好きな熱帯魚:

グッピー、プラティ、コリドラス・・・他かわいい魚たち

 

飼育している生体:

グッピー5匹 大きな目の金魚

関連記事

  1. 発酵式CO2添加装置とは?ペットボトルで作れてリーズナブル!
  2. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう
  3. 知っておきたいエアレーションの基本と効果や意味
  4. 熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方
  5. 金魚の白点病対策!こうして治りました
  6. 【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ…
  7. アクアリウム(水草育生)に必要な光、あなたはどの照明機器を選ぶ?…
  8. 【残留農薬の傾向と対策】残留農薬でエビが瀕死になる危険性

ピックアップ記事

  1. m570 掃除

おすすめ記事

  1. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  2. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  3. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  4. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  5. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  6. メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策

ピックアップ記事

おすすめ記事

きらーん ペット用品を総合的に扱う通販サイトチャームを利用してみた

熱帯魚、小動物、猫などのペットやスイレン、観葉植物などのガーデニングを総合的に扱うチャームの…

【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育方法

メダカや和金、ミナミヌマエビなどはビオトープにおける飼育において第一選択とされるほど…

【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

アクアリストなら一度は遭遇する寄生虫やスネールなどイヤ~な生き物たち。…

アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?

全国のアクアリストの皆様、こんばんは。皆さん…

亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編

亀の飼育(繁殖させてみよう・後編) 前回で繁殖(準備~交尾)までを書いた…

【これはすごい!】美しいアクアテラリウムの世界!アクアテラリウムとはどんなものか?

アクアリウムやテラリウムという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが…

おすすめ記事

  1. エビの抱卵の条件って何?憧れのシュリンプ繁殖
  2. ミナミヌマエビの飼育に最適な水草選び~グロッソスティグマ・ウィローモス
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ
  6. 【飼育水が緑色!】水槽の濁りの原因と水の透明度をあげるために行う対処法
PAGE TOP
;