グッピーの基礎知識

自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界

ノソブランキウス・ラコビー (熱帯魚)ノソブランキウス・ラコビー(1ペア) 北海道航空便要保温

 

アクアリムの魅力は、眺めるよろこび、育てるよろこび、

そして自分の手で次の世代を殖やすよろこびがあります。

今回ご紹介する卵生メダカのグループは、

飼育者が手をかけて卵を孵化させる作業がとても楽しい魚たちです。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

[adsense]

卵生メダカの基本情報

 

グッピーやプラティ、ソードテールといったアクアリウムの世界で

ポピュラーな魚たちは「卵胎生メダカ」の仲間です。

メスがお腹の中で卵を孵化させ、稚魚が一定の大きさに成長してから産むので、

卵生と胎生を兼ねた卵胎生と表現するのです。

一方、ノソブランキウス・ギュンテリーを

はじめアフリカや南米原産の「卵生メダカ」も熱帯魚ショップで多く扱われています。

ほとんどの魚と同じく卵を産んで子孫を増やすのですが、孵化させるには一風変わった方法が必要です。

なんと、飼育者が卵を水から取り出してしまわなければ、孵化しないのです。

乾季になると生息場所が干上がってしまう、

アフリカの厳しい環境を再現することで孵化させる、独特のテクニックを経験してみましょう。

繁殖が最大の目的なので、ショップではペアで販売されています。

[adsense]

 

卵生メダカの飼育情報

 

 

代表的な品種であるノソブランキウス・ギュンテリーは黄色く染まった頭部、

真っ赤な尾びれ、不規則に入る赤いバンドが美しい品種です。

「泳ぐ宝石」「生きた宝石」と形容される理由がよく分かります。

体長は約5cm。ほとんどのノソブランキウスの仲間は寿命が1年しかありません。

そのかわり産卵数が多く繁殖も容易なので、毎年々々、新しい仔を育てていくよろこびがあります。

長生きする魚種でも寿命2~3年と短めなので、やはり繁殖が重要になります。

 

 

卵生メダカの水槽

水 f

 

ペア飼いが原則なので30~45cmの小型水槽で飼育します。

ろ過器は投げ込み式やスポンジフィルターを用います。

 

卵生メダカの水質

水質 f

 

基本的に弱酸性の軟水を好みますが、

養殖を重ねられたポピュラーな品種は日本の水道水と同じ中性でも問題なく飼育できます。

産卵床としてピートモスを用いるので、水質は自然と弱酸性に傾きます。

水質の急変を防ぐため、多量の水換えは控えましょう。

水温は23~25度に設定します。

 

 

卵生メダカの底砂

 

 

底砂の代わりとして産卵床となるピートモスを敷きます。

産卵用のピートモスは熱帯魚ショップで販売されているものを使いましょう。

弱酸性の水質を作りたいだけなら園芸用のピートモスも使えますが、

PHが下がりすぎたり、石灰など不要な成分が入っていたり、

繊維が短くて卵がうまく付着しないといった難しさがあります。

ピートモスは透明な容器に入れて沈めておくと、後で取り出しやすく、

体をすりつけたり、潜りこませる産卵行動を観察するのにも便利です。

 

 

卵生メダカの餌

 

 

生餌を好む性質、サイズの面からもブラインシュリンプが一番。

ブラインシュリンプは卵と飼育容器のセットが通販で入手できます。

生餌で育てられた卵生メダカは産卵数が違います。

時間の余裕がなければ、冷凍もののブラインシュリンプ、

ミジンコ、アカムシなどをローテーションさせます。

 

 

卵の管理

女性

 

2~3週間おきにピートモスを取り出し、硬く絞ってからほぐし、卵が産み付けられているか確認します。

水槽には新しいピートモスを入れます。

ただし、デリケートで飼育難度の高い品種はこの作業がストレスとなってしまうので、

ペアの寿命が尽きるまでピートモスは取り出しません。

卵が見つかったらビニール袋に入れ、25度前後の場所に保管します。

ノソブランキウス・ギュンテリーは採卵から孵化まで約2ヵ月です。

時折、袋を開けて成長のようすやピートモスの乾き具合をチェックします。

乾燥しすぎていたら霧吹きで軽く湿らせましょう。

時期が来ると卵に両目が確認でき、目のふちに「金環」と呼ばれるリングが見えます。

こうなったらいよいよ水に戻す時期。

飼育水より5度ほど低い水につけ、ピートモスごとよくほぐします。

翌日には泳ぎだした稚魚が見えるはず。

稚魚には親と同じブラインシュリンプを与えます。

 

 

卵生メダカの混泳

 

小型水槽でペア飼いが原則。

最近は大きめの水槽にピートモスの入った容器をいくつも沈め、

複数のペアを混泳させるスタイルも人気です。

 

 

主な品種

 

 

ノソブランキウス・ラコビー

オレンジとブルーの発色が魅力。

繁殖の容易な卵生メダカの入門種です。

 

 

アフィオセミオン・ オーストラレ

オレンジに染まる体色と、

両端が長く伸びる尾びれ(ライアーテール)が特徴。

繁殖はやや難しいようです。

 

アルゼンチン・パールフィッシュ

黒地に青白く輝くスポットがとても美しい。

アルゼンチン原産の魚種は卵の休眠期間が長めです。

 

卵生メダカ飼育のまとめ

女性

 

プラケースの中に卵とピートモスを戻した翌日、稚魚の姿を発見した時のよろこびは格別です。

アクアリウムに癒しだけでなく、感動も求める方にぜひおすすめします!

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

 

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!

[adsense]

よく読まれている記事

 

ミドリガメ s

 

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:ひよこ亭

 

 

ひよこ亭

 

HN:

ひよこ亭
自己紹介:

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
好きな熱帯魚:

プレコ、サカサナマズ

関連記事

  1. グッピーのための照明器具
  2. 熱帯魚の代表ならグッピー飼育がオススメ!必要な水槽や危惧の紹介!…
  3. アクアセラピー水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね
  4. 水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る
  5. ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい
  6. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  7. グッピーの基礎知識
  8. グッピーのための水槽

ピックアップ記事

  1. アクアリウム 砂利 底
  2. メダカ ガラス水槽
  3. メダカ f
  4. おとぼけさんSNS

おすすめ記事

  1. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  2. 高級メダカはなんと盗難まで!?知られざる高級メダカの世界 メダカとマツモ2 f
  3. 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態 ウラナイカジカ科 wikipedia
  4. 深海魚「リュウグウノツカイ」の特徴や寿命は? リュウグウノツカイ wikipedia
  5. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f
  6. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f



おすすめ記事

管理人推薦!初心者でも安心!グッピー飼育を手軽に始めるならコレ

管理人がおススメする水槽グッピーを手軽に始めるにはやはりアクアリウム用品の選びが重要にな…

ミナミヌマエビ飼い方- 基礎知識編(ミナミヌマエビの魅力など)

さて、前回まで長々とネオンテトラについて話していきましたが、今回からはミナミヌマ…

「幻のエンゼル」ことデュメリリィエンゼルを飼育してみよう!

(熱帯魚)ドゥメリリ・エンゼルフィッシュ(ワイルド)(1匹)  北海道・九州航空便要保温&nb…

ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ

さて、前回はミナミヌマエビの餌についてのお話をしましたが、今回はミナミヌマエビを購入…

メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストおと…

ミナミヌマエビの最適な飼育方法 – フィルター(ろ過器)選び

前回は、ミナミヌマエビの飼育に最適な底床についてお話しましたが、今回は、ミナミヌマエビの飼育…

おすすめ記事

  1. メダカの越冬、冬越、冬眠中の飼育はどうすればいいの? メダカ 冬眠 f
  2. 金魚の飼育容器を選ぼう!スイレン鉢やトロ舟の特徴も分かりやすく紹介!
  3. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まとめ
  4. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f
  5. 金魚が石(砂利)を飲み込んだ時の対処方法
  6. サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう オオサンショウモ(サルビニア) amazon
PAGE TOP