海水魚

天然海水を飼育に使おう!天然海水のお得な買い方と珊瑚の白化

この記事の所要時間: 227

海水 f

 

海水魚を飼育している人に取っては、一度は気になる天然海水ですが、

確かにネットで沢山?(数種類)天然海水が販売されているのを見たことがあると思います。

価格的には、20リットルで2,000円位?まぁ価格はピンキリ有るとしまして、

やはりコストと手間は省きよりよい物が欲しくなると思います。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【海水魚飼育歴10年】誰でもできる海水魚水槽立ち上げ方法を伝授します!

海水歴10年目の私の天然海水の管理方法

海水 f

 

私は、120cmで毎週天然海水を入れ替えています(たまにサボって2週間に1回…)

一回に入れ替えるのは、120リットルです。

私が購入している海水は水族館に買いに行っています。

何故120リットルかと言いますと、

一回100円を入れると120リットル出てくる自動販売機だからです。

20リットルポリ缶を持参してエッチラホッチラ運んでます。

趣味の世界ですから苦にはなりませんよ。(雨降ってると面倒くさいですが…)

滅菌殺菌はしっかりしよう

 

当然、水族館の天然海水とはいえ滅菌殺菌は終わっています。

ここで、注意しないと行けないのが近所の海で組んできた海水です。

滅菌殺菌も終わってませんし、

表層の海水しか組めませんのでいくら綺麗で最初は良くてもコケの生える原因を作ってしまったり、

病原菌を一緒に入れてしまう恐れがあるからです。

しかし、そんな私もそんなことも知らず、海水浴に行ったときに何度かくんで帰ったことがあります。

今考えると恐ろしい気がします…

そこの海水浴場は、ミドリイシやキクメイシそしてサンゴイソギンチャクなどが生息していたからです。

 

 

しかしながら、コケの元を持って帰った記憶があります。

みなさんもくれぐれも気をつけて下さいね。

昔は、魚だけでしたので1ヶ月に最低一回(←これもまたサボって間延びしてました…)は、

人工海水で水替えを行っていました。

 

天然海水の買い方

お金 f

 

ショップに海水をたまに買いに行き始めたのがきっかけで今では、

直接水族館の海水自動販売機で購入してます。

私の場合のきっかけは、ショップの人と通う内に仲良くなり教えて頂きました。

水族館に行きますが海水を購入する場合は、駐車場料金も入館料もいりません。

ただ、100円~200円を握りしめ通っています。

何故、200円持って行くかは最初の100円で海水温度と臭いを確かめます。

夏場は、配管に残っている海水を最初は捨ててしまいます。大分暖まってますから…

冬場は冷たくなりすぎてるんで捨ててしまいます。

大体最近解ってきたのですが、80リットル~100リットル位捨てると新鮮な海水に変わるようです。

(あくまで私が通っているところです。)

そこに、海水を買いに行くと知らない人が結構話しかけてきます。

やはりみなさん海水魚や珊瑚を飼育している方が多いです。

その他は、活魚の小さなトラックなどもたまに見かけます。

 

漁協に聞いてみる

港 f

 

みなさんの周りで手軽に安定した天然海水を手に入れようとしますと、

近所の港市場も滅菌殺菌が出来ている天然海水があると思います。

近場に港や市場がない方は、

一度居酒屋でも何処でも活魚をされている所に話を聞かせて頂きますと

意外と良い返事が貰えると思いますよ。諦めずに色々なところに聞いてみて下さい。

 

サンゴの白化

女性

 

滅菌殺菌した天然海水を手に入れたからと行って、

ハードコーラルのようなミドリイシなどを直ぐに投入できるわけではないそうです。

やはり、ハードコーラルの珊瑚を長く綺麗に飼育するには、添加剤などが若干必要になってきます。

私は、ハードコーラルのミドリイシ系をやってみましたが失敗しました。

完全天然海水があれば出来る物と思ってました…(泣)

しかも、こりずに2回チャレンジし2回とも失敗しました。

やはり、ハードコーラルの敷居は高いようです。

但し、コモン珊瑚やシコロ珊瑚程度であれば、天然海水とスキマーだけで活着しました。

かなり成長速度は遅かったと思います。3ヶ月位でやっと活着しました。

ミドリイシ系は、やばそうでしたので2回目の時は直ぐに水槽から出しました。

そのミドリイシは、その後庭で干し(雨の日も天気の日も出しっ放し)薬剤を使わず綺麗に白化させ、

臭いも無くなったところでまた水槽の中に戻しました。

珊瑚は死滅しますと石灰藻ですので白化します。

ただ、死滅したからといってむやみに投棄するともったいないですよ。

白化後水槽に戻しても良いですし、お気に入りの形であれば、

玄関や居間などに飾り代を100鈞で購入し飾るのも一つの手段ですよ。

当然死滅させるのを前提で珊瑚は購入しないで下さいね。

 

関連記事:海水魚の飼育なら知っておくべき!天然海水と人工海水のどちらを使う?

関連記事:まだ照明選びで迷っているの?海水魚飼育で珊瑚やイソギンチャクを育てるならこの照明を選べ!

 

 

 

関連記事

  1. 【初心者でも大丈夫】ソフトコーラルとイソギンチャクを飼育してみよ…
  2. 【海水魚飼育歴10年】誰でもできる海水魚水槽立ち上げ方法を伝授し…
  3. 海水魚初心者ならこの生体から飼育すべし!デバスズメダイ・シリキル…
  4. 海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルター…
  5. ロブスターには寿命がない?ロブスターが内臓まで脱皮するのは本当?…
  6. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ…
  7. 海水魚の飼育なら知っておくべき!天然海水と人工海水のどちらを使う…
  8. 海水魚が「ここは楽園ですか?」と尋ねたくなるほど!快適環境オーバ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陽火石は水のpHに影響を与える?最適なレイアウトや導入時の注意点
  2. メダカの縄張り争い(いじめ)の解消方法 
  3. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  4. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  5. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  6. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!

ピックアップ記事

おすすめ記事

稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策

稚メダカ育成で最初の壁となるのが水替えと餌やり。今回は稚魚水槽の…

何コイツら可愛い!!金魚にも様々な種類がいて悶絶不可避!

金魚の種類はどのくらいあるかご存知でしょうか。種類が完全に固…

ヤマトヌマエビの飼育・脱皮のことを知り飼育に生かそう

朝方、水槽の水草にエビのぬけがらを見つけました。昨夜はなかったので…

【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!

ビオトープで主に楽しめる植物は水辺を好む植物がほ…

これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介!

ビオトープの楽しみ方は水棲植…

熱水300℃を超える熱水噴出域に生息するゴエモンコシオリエビ

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。今回も光が一切…

おすすめ記事

  1. 【絶対覚えておくべき】ペットショップでの上手な亀の個体選びと注意点!
  2. これをやれば大丈夫!夏場のメダカ飼育の対策とメンテナンス方法
  3. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  4. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  5. 薄さ、明るさ、美しさにこだわった コトブキ フラットLED 600を使ってみた
  6. 水質を弱酸性にするのにピートモスがオススメ!ピートモスの使い方
PAGE TOP