アクアハック

熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方

アサヒ 電子サーモスタット-1アサヒ 電子サーモスタット 関東当日便

 

ヒーターとサーモスタットは、フィルターと並んで熱帯魚飼育に欠かせないアイテム。

なぜ保温が必要なのか? ヒーターとサーモスタットにはどんな種類があるのか?

冬の電気代をいかに抑えるか? についてまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:滅菌のテクニックあれこれ!水槽から病気の元を追い出そう!

熱帯魚にはヒーターが必須

アクアリウム 沖縄

 

沖縄で熱帯魚の仲間であるプレコが自然繁殖し、問題となっています。

プレコは南米原産のナマズ。

日本には本来生息していない魚です。

サイズが大きくなり持て余してしまった人が沖縄の湖や河川に密放流し、越冬してしまったのです。

東京都と神奈川の境に流れる多摩川で、

大型肉食魚のアリゲーターガーが発見されたこともありました。

生態系を乱すこうした密放流は現に慎まれるべきです。

 

とは言え、これらはある意味レアケース。

ほとんどの熱帯魚は日本の冬を越すことができず、寒さで命を落としてしまいます。

中国原産で低水温に強いアカヒレでさえ、10度を切ると活性が落ち、調子を落としがちになります。

プレコが生き延びる沖縄でさえ、氷点下に達する日があります。

熱帯魚を飼育するなら、必ずヒーターとサーモスタットで保温する必要があると考えましょう。

 

関連記事:【大問題】国内で見られる外来魚をまとめてみました

ヒーターとサーモスタットの選び方1…用途に合わせる

女性 f

 

勘違いされやすいのが、ヒーターだけあれば大丈夫ではないこと。

ヒーターはあくまで水を温めるだけの器具です。

ヒーターを入れ続ければ水温はどこまでも上がってしまい、

熱帯魚でも生きていけない高温になってしまいます。

そこで登場するのがサーモスタット。

設定された温度でヒーターのスイッチをオンオフし、

水温を一定に保つ役割を持っています。

 

アクアショップで入手できるヒーターとサーモスタットには以下の3タイプがあります。

 

1.温度固定型ヒーター

 

 

ヒーターの中にサーモスタットが内蔵されているタイプ。

コンパクトで安価なのが特長です。

温度は変えることができません(熱帯魚用なら26度がほとんどです)

寿命が長くなく、設定温度を変えられないのがデメリットです。

 

2.サーモスタット一体型ヒーター

 

 

温度固定型ヒーターと異なり、サーモスタットで温度を変更できることが特長です。

その分、価格はやや高くなります。

配線がシンプルというメリットも温度固定型ヒーターと同じですが、

ヒーターカバーを付けられないので、

ヒーターに触れた魚が火傷してしまう危険性があります。

無理にヒーターカバーを付けると水温感知に異常が生じ、事故につながるのでやめましょう。

 

3.サーモスタット、ヒーターの分離型

 

 

ヒーターとサーモスタットをそれぞれ単体で購入する方法です。

サーモスタットについている水温感知のセンサー、

ヒーター本体のコンセントによって配線が増えるのがデメリットです。

3種類の中では最も金額的に高くつきます。

しかし、長期的に見れば決して高コストではありません。

ヒーターが故障した場合、ヒーターだけを交換すればよいので、丸ごと交換する必要がありません。

飼育魚の成長に合わせて水槽を買い替える時は、

ワット数の大きいヒーターに買い替えるだけで済みます。

一体型に比べ、設定できる温度の幅も大きいので、

様々なタイプの魚種や、魚病でこまめに水温を変えていく時も対応できます。

 

ヒーター、サーモスタットと合わせて水温計も揃えておきましょう。

故障は予兆なく起こるので、水温計をチェックしておかないと、

いつのまにか魚が煮えていたり、寒さで落ちていたりという悲劇があります。

 

ヒーターとサーモスタットの選び方2…水槽サイズに合わせる

泡 水槽 f

 

ヒーターとサーモスタットを選ぶ時は必ず、水槽サイズに合っているかを確認してください。

ヒーターのワット数に対して水槽サイズが大きすぎる場合は、

目指す水温まで上がってくれず、電気代もロスします。

「大は小を兼ねる」の考えで、小さい水槽に大きなワット数のヒーターを使うと、

水温変化が急激過ぎて魚がショックを起こす危険性があります。

 

パッケージに適合サイズが表記してあるので、自分の水槽を確認してから購入しましょう。

下は一般的なめやすです。

 

20リットル(30㎝規格水槽、キューブ水槽など)…50ワット

40リットル(45㎝規格水槽)…100~150ワット

60リットル(60㎝規格水槽)…150~200ワット

100リットル(60㎝ワイド水槽)…200~300ワット

200リットル(90㎝規格水槽)…400~500ワット

 

サーモスタットにも規格があり、対応できないヒーターもあるので事前の確認が必要です。

 

熱帯魚の冬対策

メダカ 冬眠

 

ヒーターとサーモスタットさえあれば冬越しできますが、電気代という頭の痛い問題があります。

冬の節電対策として水槽設置時にあらかじめ、

発泡スチロール板などの断熱材を敷いておくことをおすすめします。

春~秋は水槽下側のみ、冬は前面を除いた3方をすべて断熱材で囲ってしまうと、

さらに放熱が防げるので電気代を節約できます。

60cm規格水槽に合わせた箱型の水槽断熱カバーも発売されています。

 

設定温度を一般的な25度より下にしておくというシンプルな方法もあります。

ただし、魚種によっては26度くらいで調子が上がるものもいるので、

あくまで生体優先で考えるべきでしょう。

 

大型水槽や複数設置の場合は、エアコンで24時間保温する方法もあります。

エアコンは日進月歩で省エネが進んでいるので、ヒーターを入れるより安価で上がることもあるのです。

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. 水槽に浮かぶ油膜の原因と対処法、教えます!
  2. コリドラスが喜ぶ!オススメ餌5選と与え方のコツ
  3. お肌によくて、癒し効果も!ドクターフィッシュを飼ってみよう
  4. 入門種にして奥深さもあるプラティを飼育しよう!
  5. 水槽の地震対策にはしっかりと備える、水槽の転倒対策
  6. 活性汚泥とは何?バクテリアの生成を濾材の付着物で確認する方法
  7. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  8. 【熱帯魚の怖い病気】白点病・エロモナス病・水かび病・ネオン病など…

ピックアップ記事

  1. きらーん

おすすめ記事

  1. 見た目が怖い!?深海魚のミツクリザメの雑学 ミツクリザメ wikipedia
  2. ディープレッドホタルテトラのアクアリウムでの飼い方 ディープレッドホタル・テトラ charm
  3. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  4. メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  5. サルビニアの越冬は室内に避難させよう!水温が低下すると枯れるので注意 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  6. サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消

餌の残りカスや熱帯魚の排泄物により飼育水は悪化していきます。そこ…

オスカーの飼育環境など適切な水槽選びについて

皆さんお久しぶりです。おとぼけジュニアです。飼育するにあたっての…

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッド

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプ・シクリッド…

ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境

アクアリウムをやっていると、どこからともなく小さい生物が水槽に紛れ込んで…

メダカ ガラス水槽 メダカの生態|メダカってどんな生き物なの?

こんにちは。熱帯魚大好きな管理人のおとぼけです。&nbs…

アベニーパファーを飼育しよう!純淡水で飼えて、小型水槽でもOK!

(熱帯魚)アベニーパファー(4匹)  北海道・九州・沖縄航空便要保温アベニ…

おすすめ記事

  1. ゼブラダニオの飼育|フィルターなどろ過器の選び方
  2. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説
  3. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  4. こっそり教えます!ブラックモーリーの繁殖や病気対策などの飼育方法を徹底紹介!
  5. ネオンテトラの飼育で大磯砂を使う裏ワザ
  6. ヘアーグラスの基本情報・導入方法・注意点などまとめ!
PAGE TOP