ベタ

ベタ飼育に最適な水温と冬の水温の注意点

49135-1(熱帯魚 水草)私の小さなアクアリウム 〜ベタと水草の共演〜 水草と生体キット 1セット 説明書付き 本州・四国限定

 

ベタは1年中コップの中で飼育でき、何の設備もいらないと誤解されがち。

実は熱帯魚ですから、冬はヒーターで加温しなければ飼い続けることができません。

ベタのヒーターには何がふさわしいのか、チェックしていきましょう。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう





ベタを小さな容器で飼う理由

49135-3

(熱帯魚 水草)私の小さなアクアリウム 〜ベタと水草の共演〜 水草と生体キット 1セット 説明書付き 本州・四国限定

 

「闘魚」の名前通り、ベタは同種のオス同士、激しく争うことで知られています。

メスであっても気の合わない時は激しく追い回し、ボロボロにしてしまいます。

こうした性質によってベタは繁殖を目的としない限り、単独飼育がベースになっています。

 

ベタの頭部には「ラビリンス」と呼ばれる器官があり、

エラ呼吸に頼らず酸素を取り込める仕組みになっています。

そのため他の熱帯魚と異なり、エアレーション無しの狭い容器で飼育が可能なのです。

ショーベタの場合、エアレーションやフィルターの水流が大きく

繊細なヒレを傷つけてしまう可能性もあるため、

止水の環境が望ましいという理由もあります。

数多くの品種を飼うには、普通の水槽を使っているととてもスペースが足りません。

必然的に愛好家でも半分に切った2リットルのペットボトルを使っています。





 

ベタにはヒーターが不可欠

 

 

小さな容器で1匹ずつ飼育するイメージが先行し、

ショップ側も簡単な設備で済むことをアピールしすぎた結果、

いつのまにかベタには「1年中コップで飼える」という困った「常識」が定着してしまいました。

 

確かにコップのような小さな容器で飼うことは可能ですし、

ベタの入った小瓶を並べているショップもあります。

しかし、コップ程度の水量ではすぐ水質が悪化してしまうため、こまやかな管理が必要です。

なにより問題となってくるのは水温です。

ベタは東南アジア原産の熱帯魚ですから、日本の冬は寒すぎるのです。





ベタの適温は25~28度

ベタ

 

30度をやや上回っても調子を維持できるので、夏場なら全国どこでも問題なく飼育できるでしょう。

問題は冬になってからです。

適応力のある魚なので20度を切ってもまだ元気ですが、18度を下回るとさすがに厳しくなってきます。

近年の住宅は気密性が高いので、年間通じて18度以上をキープできるご家庭もあるかもしれません。

しかし、ベタにとっては決してベストの環境ではありませんし、

1日の中で温度変化が大きいと病気の原因になります。

アクアショップのように年間通じてエアコンで管理するのでなければ、

ベタの飼育容器は必ずヒーターで加温してあげましょう。

 

 

ベタ飼育におすすめのパネルヒーター

 

 

アクアリウム用のヒーターとして一般的なのはセラミックや石英管でできた棒状のもの。

しかし、水中に入れて使うこのタイプのヒーターは、ベタのペットボトル容器には大きすぎます。

そこで役立つのが、爬虫類用のパネルヒーター。

底に敷いて使うので、容器のサイズを問いません。

大きめのパネルヒーターを用いれば、複数の飼育容器をまとめて加温することができます。

パネルヒーターなら電気代も少なくてすみますよ。

 

パネルヒーターの注意点

 

パネルヒーターの多くは温度が固定されているので、水温管理はやや面倒です。

ベタの好む25~28度にするため、ヒーターと容器の間にシートを入れて調整することもあります。

室温が低すぎると、パネルヒーターの熱量では足りず、水温が下がってしまうことがあります。

鑑賞性は下がってしまいますが、容器を囲いで覆って保温しましょう。

 

60cm水槽にパネルヒーターを設置して浅めに水を張り、

その中に複数の容器を入れて一括管理する方法もあります。

60cm水槽で飼育しているのとほとんど変わらないので、温度変化が少なく維持も簡単です。

欠点は水槽の内側が結露してしまうこと、

水槽内にセパレーターを入れて管理するのと大差なくなってしまうことでしょう。

 

マニアレベルになって多数の容器を並べるようになると、

結局ショップと同じように1年中エアコンで管理する方が楽になってきます。

しかし、2~3つベタ容器を並べて楽しむのなら、パネルヒーターはとても便利な加温方法なのです。

 

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 




ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!
  2. ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2
  3. ベタ f2 美しい体色の熱帯魚ベタの冬場の適正な水温は?
  4. ベタに合う水草って何?パールグラスとかウィローモス?
  5. ちょっとマニアック?ワイルドベタの飼い方!水質・餌・種類など
  6. ベタ f3 ベタは本当に簡単に飼えるの?気になる冬越し対策も伝授します!
  7. ベタは瓶でも大丈夫?ベタの飼育方法と水換えの仕方
  8. オスフロネームスグラミーはどんな熱帯魚?飼育方法や生態を紹介!



おすすめ記事

  1. 誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する方法
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、ハチェットフィッシュ
  3. グッピーのためのフィルター(濾過器)
  4. ウッドキャットの飼育!穏やかすぎるアクアリウムへようこそ
  5. ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。
  6. グッピーの魅力を映像で追求してみた。撮影の裏側も軽く紹介!
  7. 【これさえ抑えれば大丈夫!】レッドチェリーシュリンプの繁殖や基本的なことまとめ
  8. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用
  9. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  10. これで安心!淡水カニ(ドワーフクラブ)の飼育水と給餌について徹底解説!
PAGE TOP