メダカの飼育・繁殖

メダカの稚魚に水流はNG!稚魚の生存率を高めるには?





メダカ f

 

メダカは泳ぐ姿が可愛らしく魅力的な品種です。メダカの魅力はそれだけではありません。環境を整えれば自宅でも簡単に繁殖も楽しめるのです。メダカを好んで飼育するアクアリストは繁殖も魅力の一つとして語ります。メダカを繁殖させて、稚魚が成長する様子も楽しいものです。

 

しかしメダカの稚魚は成体よりも繊細なので、より一層丁寧に育てる必要があります。特に水流に関してはシビアで、稚魚の生存率に直結する問題です。

 

今回はメダカの稚魚と水流の関係性について解説します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:メダカの稚魚の冬越しはどうすればいい?屋内・屋外の稚魚の越冬対策

関連記事:稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策

 

 

メダカの稚魚に水流は必要ない

 

メダカは本来、流れの穏やかな川や池、田んぼに生息する水流を好まない品種です。水槽内に水流があると逆らうように泳ぐので、体力の低下で衰弱してしまいます。なので水槽内には隠れ家となるような石組みや水草を用意すると休憩するスペースになるので良いと言われています。

 

メダカの稚魚には泳ぐ力が一切ありませんので、少しの水流でも流されてしまいます。稚魚を育てる環境には、一切水流が発生しないよう配慮が必要です。ふわふわと漂うことしかできない稚魚が水流に当たってしまうと、抵抗する力が無く、そのまま弱って死んでしまいます。

 

メダカの繁殖を試みている中で、稚魚の生存率が低い人は今一度水槽内の水の流れを再確認してみましょう。フィルターの排水の向きや水の落ち込み、エアレーションによる水の流れを見直してみましょう。メダカは成体でも水流を必要としないので、水流に配慮した環境を作りを忘れないでください。

 

 

水流から稚魚を守るために隔離する方法

 

親メダカは浮き草に卵を産み付けます。産み付けた卵をそのまま放置すると、生まれてきた稚魚には過酷な環境となります。メダカの稚魚の生存率を上げて育てるには、適切な環境を作るのが欠かせません。

 

水流や親メダカから稚魚を守り生存率を上げるには、以下の2つの方法があります。

 

メダカの稚魚の生存率を高める:サテライトを用意

 

 

サテライトとはメインの水槽に引っ掛けて設置する隔離ボックスのようなものです。メダカの稚魚だけでなく、稚エビなど様々な稚魚を隔離して安全に育てるために使われます。サテライト内は隔離されているので、水流の影響や親メダカの攻撃を避けることができます。

 

エアーポンプを使って水槽の水を隔離ボックスに送り込むので、サテライトの中はメインの水槽と同じ水質。水温が保たれます。稚魚を隔離する一番簡単な方法で、多くの人が愛用する装置です。これといったデメリットも無いので、メダカの稚魚を水流から守るにはもってこいの装置です。

 

稚魚の生存を高めるコツサテライトを用意しよう

 

メダカの稚魚の生存率を高める:稚魚専用の水槽

 

 

稚魚専用に、メインの水槽とは別にサブの水槽を用意するのも効果的です。親メダカは浮き草に卵を産み付けるので、浮き草に卵を確認したらそのままサブの水槽に移動して稚魚が生まれるのを待てば良いです。メインの水槽よりも小さい水槽で済むので、工夫すれば負担にもなりません。

 

サブの水槽を持つのはサテライトを設置するよりも大変ですが、メインとは違う水槽を所有する楽しみと、稚魚を隔離できるメリットがあります。稚魚以外にも、病気にかかったメダカを隔離して薬浴する際にも使えます。水草のストック水槽としても使えるので、サブの水槽を持つアクアリストは意外と多いのです。

 

稚魚の生存を高めるコツ稚魚専用の水槽を用意しよう

 

メダカの稚魚と水流の関係まとめ

 

メダカの稚魚と水流の関係について解説しました。メダカの飼育では水流が悪影響を及ぼすので、水槽内の水の流れには注意しましょう。

 

特に生まれたばかりの稚魚は繊細なので、水流が発生する環境は厳禁です。サテライトを設置して隔離するか、サブの稚魚専用水槽を立ち上げて育てるのが重要です。稚魚の生存率を上げるには餌や水質、外部に左右されない環境を作るのが大切です。

 

水質や餌は注目度の高いポイントなので気が付きやすいのですが、水流は目に見えないものなので気が回りません。メダカは稚魚、成体どちらも水流に敏感な品種なので特に気を付けてあげてくださいね。

 

—育て方の全てが詰まったメダカのすべて—

 

関連記事:メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由

関連記事:メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!

 




関連記事

  1. メダカ f メダカの転覆病の治し方!転覆病に効果的な塩浴を紹介
  2. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ
  3. メダカ f 室内でメダカのビオトープ飼育をするには何が必要?
  4. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  5. メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!
  6. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適…
  7. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  8. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方

ピックアップ記事

  1. M570

おすすめ記事

  1. 【2019年版】ボトルアクアリウムにおすすめの水草17選 メダカ ガラス水槽
  2. 旅行中のメダカの餌はどうする?何日なら餌なしで大丈夫? メダカとマツモ2 f
  3. メダカに適切な餌の量は?餌を与える時間帯とは? ヒカリ (Hikari) メダカのエサ 産卵・繁殖用 産卵繁殖用 130g amazon
  4. メダカの目が大きくなったら注意!ポップアイという病気の症状と原因
  5. メダカを睡蓮鉢で飼育時の掃除方法!底を奇麗に保とう メダカ 睡蓮 s
  6. メダカを塩浴させる塩水の作り方!塩水の正しい計算方法 スドー メダカの天然珠塩 amazon



おすすめ記事

エンゼルフィッシュの飼育ノウハウを伝授します!水槽・水質・餌・混泳

エンゼルフィッシュと言えば、ネオンテトラと並んで非常…

メダカの稚魚に水流はNG!稚魚の生存率を高めるには?

メダカは泳ぐ姿が可愛らしく魅力的な品種です。メダ…

ノコギリザメの生態が神秘的!海水と淡水を行き来できる深海生物

ノコギリザメは、学名をPristiophorus japonicusとい…

【保存版】カメの病気が症状ごとにわかる!治療法を徹底解説!

前回(【絶対覚えておくべき】ペットショップでの上手な亀の個体選びと注意点!)少し亀さんの病気…

グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス

こんにちは、おとぼけです。今回も恒例のグッピーとの混泳を出来る熱…

これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まとめ

さて、長々とビーシュリンプの飼育についての話をしてきましたが、今日はそれ…

おすすめ記事

  1. これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介!
  2. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  3. ベタの美しさを保つ飼育方法を伝授、フレアリングが鍵!
  4. はじめての海水魚飼育 – 水槽の大きさはどうすればいいの?
  5. 失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育
  6. ボトルアクアリウムの作り方と魚やエビの飼い方
PAGE TOP