水草

サルビニア ククラータに必要な光量とは?蛍光灯でも飼育は可能?





 

浮き草は穏やかな水流を好むメダカやベタと相性の良い水草です。

 

低床に植えなくても水面に浮かぶだけで成長してくれる管理が楽な点も良いですね。特に必要な手入れも無く、魚たちの産卵場所や隠れ家になってくれます。見た目にも美しく、水質浄化能力もあるので浮き草はぜひ入れてあげたいですね。

 

浮き草ではアマゾンフロッグピットやホテイアオイが有名で人気がありますが、今回はその2種に負けないくらい魅力的なサルビニア・ククラータをご紹介します。細かいハートを思わせる多肉植物のような厚みのある葉っぱでとても可愛い浮き草です。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選

関連記事:【2019年版】ボトルアクアリウムにおすすめの水草17選

 

 

サルビニアククラータとは?

 

サルビニア・ククラータ(Salvinia cucullata)学名はインド~西オーストラリア、東南アジア原産の浮き草です。

 

よくサルビニア・クララータと間違えて表記されますが、本来の名称はサルビニア・ククラータです。名称はサルビニア(Salvinia)が人名、ククラータが(cucullata)頭巾状のような形に由来します。浮遊性のサンショウモの仲間で、多肉植物のような厚みのある1~2センチ位の葉を密につけます。

 

 

強い光を好む種で、自然環境科では水面に立ち上がるように高さを出すように育ちます。蛍光灯の人工飼育課では光量が足りないので、葉を巻かずに平たいハート型に育ちます。強い光を好む種というだけで、強い品種なので蛍光灯での飼育でも問題ありません。

 

葉の表面には細かい毛があり、強い繁殖力を持ちます。その為原産地では水田や河川で増えすぎてしまい、問題になることもあるようです。ただし温度の低下に弱いので、日本で野生化することは見られません。

 

雪 冬 f

 

氷点下近くになる日本の冬では、サルビニア・ククラータの越冬は厳しいようです。

 

 

サルビニアククラータに必要な光量

日光 コケ f

 

サルビニア・ククラータは強い光を好む品種で、飼育下の光量によって葉形が若干変わるのが特徴です。強光量では葉の形が頭巾状になり巻くようにして育ち、若干高さが出るように育ちます。低光量では葉の形が小さいハートに近い形になり、広がるように育ちます。

 

生命力が強い品種なので、抵光量の飼育下でも問題ありません。根強いファンはハートの形をした葉っぱをキープするために、あえて低光量で育てます。サルビニア・ククラータと相性の良いメダカやベタ水槽ではそこまで強い光量が必要ありませんので、その点でも相性が良いと言えます。

 

サルビニア・ククラータは室内の蛍光灯やLEDライトの飼育では、ハート型の葉を出しながら成長し、光量の強いメタルハライドランプでは屋外のように葉を巻きながらモリモリ成長するでしょう。屋外のビオトープ水槽では、太陽光の日照時間に応じて成長速度が変わります。

 

無理をして太陽光に長時間晒すと夏場は水温が上昇してメダカに悪影響がでる可能性があるので、見極めて育てましょう。屋外の日陰でもよく育ってくれますよ。

 

サルビニア・ククラータは低温に弱い

 

生命力と増殖力に強いサルビニア・ククラータですが、原産地が通年暖かい地域なので、低温に弱い側面があります。屋外で放置しているだけで株分けして自然と増殖しますが、氷点下近くまで気温の下がる日本では屋外越冬はできません。

 

なので、メダカを冬眠して越冬させるような屋外ビオトープ水槽では死滅してしまうでしょう。屋外ビオトープ水槽でサルビニア・ククラータを育てる場合は、寒くなる期間は室内飼育にするか、越冬できないものと割り切って飼育する必要があります。

 

 

サルビニア ククラータに必要な光量まとめ

アクアリウムの解説ポイント f

 

サルビニア・ククラータと必要な光量についてまとめました。

 

葉の形も可愛らしく、飼育も簡単な種なので、浮き草として非常におすすめです。屋内の蛍光灯飼育下でも十分の育ってくれるので、メダカの隠れ家や産卵場所として役に立ちます。屋外のビオトープ水槽では、越冬はできないので室内に避難させるなどの対策が必要です。少し購入すれば株分けして楽しめるので、その後追加購入する必要がありません。

 

コストパフォーマンスに優れているのもサルビニア・ククラータの魅力ですね。ぜひ浮き草として育ててみてください。

 

関連記事:サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法

関連記事:ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう

 




関連記事

  1. 【保存版】黒髭藻(ヒゲ状藻)の対策・除去方法をまとめてみた
  2. マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の…
  3. 【これなら間違いなし】アクアテラリウムでオススメしたい水草6選!…
  4. アクアリウム(水草育生)に必要な光、あなたはどの照明機器を選ぶ?…
  5. 熱帯魚の隠れ家、餌、鑑賞、テラリウムなど幅広く利用できるコケ!ウ…
  6. 水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ
  7. パールグラス amazon パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
  8. アオミドロ対策で混泳水槽にモーリー&プラティを導入してみました!…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  2. メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  3. サルビニアの越冬は室内に避難させよう!水温が低下すると枯れるので注意 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  4. サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  5. サルビニア ククラータに必要な光量とは?蛍光灯でも飼育は可能? サルビニアククラータ charm
  6. 大人気の浮草サルビニアを解説!和名はオオサンショウモ オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

レッドビーシュリンプ初心者の教科書!飼育方法を1から解説

レッドビーシュリンプは赤と白のバンド模様が綺麗で人気のあるエビです。…

奥行き感を演出するために砂利を追加してみた【完結】

水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!の続編です。…

ミクロソリウム | 光量が少ない環境でも育ちレイアウトも崩れにくい水草

やぁ、兄弟。元気かい?おとぼけは元気ですぜ。今回もアクア…

アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?

全国のアクアリストの皆様、こんばんは。皆さん…

こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!

さて、3回に渡ってフィルターの話をしていきましたが、今回はビーシュリンプの種類につい…

水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ

全国のアクアリストの皆様、こんにちは。魚は食べるのも眺めるのも大…

おすすめ記事

  1. エキノドルスの育て方と使い方、効果など紹介!
  2. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
  3. はじめての海水魚飼育 – 水槽の大きさはどうすればいいの?
  4. 【これだけ知っていれば大丈夫】金魚の観察のポイント!体調管理をしっかりとしたい貴方へ
  5. こっそり教えます!初心者向け水草導入術!おすすめ水草・育て方を紹介!
  6. グッピーと混泳できない熱帯魚、キャリスタス/サーペ
PAGE TOP