まめの日常ライフ

これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まとめ

この記事の所要時間: 316

 

さて、長々とビーシュリンプの飼育についての話をしてきましたが、今日はそれをまとめていきたいと思います。

 

 

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!

 

 

ビーシュリンプの飼育での水槽の大きさはどうするべき?

水槽 p

 

まず、水槽の大きさについてですが60cmがベストです。ビーシュリンプは小さな個体ですので小さい水槽でも大丈夫と思わないでください。

ビーシュリンプは水質の変化に非常に弱く水質が変わるとあっけなく死んでしまいます。

 

なのでできるだけ変化を少なくするために大きな水槽にした方がいいでしょう。

立ち上げ時やリセット時も1ヶ月や2ヶ月くらいかけてゆっくり準備をした方がいいですし、

 

水換えの時も点滴法を使ってゆっくり水合わせをしてください。

無理なようでも、極力少しずつ水替えしたほうがいいでしょう。

 

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

 

 

ビーシュリンプの飼育での水温はどうする?

熱帯魚 温度計 故障

 

また、ビーシュリンプは高温が苦手です。夏場、30度を超えるような水槽だと少しずつダメージが蓄積され秋には全滅してしまいます。

なので、クーラーかファンの導入は必須です。

 

これらを使用するには外部フィルターが最も使い勝手がよくオススメです。

 

小型の水槽ならスポンジフィルターにファンを設置して飼育するのもいいかと思います。

スポンジフィルターは酸欠になりにくいのでビーシュリンプの飼育にはピッタリです。

 

 

ビーシュリンプにエアレーションは必要?

水 エアレーション

 

また、ビーシュリンプは酸欠に非常に弱く、夏場は特に気をつけてください。

スポンジフィルターを使って飼育する場合はエアレーションを兼ねるので問題ありませんが、

外部フィルターを使用する時は酸欠になりやすいので気をつけたほうがいいです。

 

この場合は少し強めにエアレーションを行ったほうがいいかと思います。

 

 

ビーシュリンプの飼育での底床は?

a684a7d2e16c0cb63434d47f8728b8aa_m

 

底床についてですが、これはソイルを使うのが最も問題なくていいかと思います。

 

ビーシュリンプはpH6.5前後の弱酸性の水質を好みますので、弱酸性に調整してくれるソイルは飼育に向いています。

また、ソイルは水質を安定させることに優れていますので、水質の変化に敏感なビーシュリンプにピッタリです。

 

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.1

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.2

 

 

ビーシュリンプにはどんな餌を与えればいいの?

9401745d92a3228d35c009d017eb64da_m

 

餌については専用の餌を与えてもいいですし、ウィローモスなどの水草を餌にしてもいいかと思います。

100円ショップで売っているザリガニの餌でも全然問題無いです。

 

水草は餌になるからというのも理由の一つですが、隠れ家に使ったり、

水質を調整したりと効果が大きいので、ビーシュリンプの水槽にはぜひ導入して欲しいです。

 

 

ビーシュリンプと混泳出来る熱帯魚はいるの?

フィルター 騒音

 

ビーシュリンプの混泳については繁殖を目的とする場合はすべてNGだと思ってください。

 

繁殖を目的とするならビーシュリンプのみで飼育するのが基本となります。

 

同じエビのミナミヌマエビや温厚で稚魚を襲わないオトシンクルスなら混泳できるのはできるのですが、

わずかなストレスになりますので繁殖の妨げになる可能性も含めて混泳はしないほうがいいと思います。

 

繁殖を目的としないのであれば、ネオンテトラなど温厚で口の小さい種類となら混泳できると思います。

 

 

ビーシュリンプ飼育のまとめ

 

このようにビーシュリンプはいろいろと弱いところがあり飼育がめんどくさいです。

ただ繁殖は容易で稚エビの姿を確認できた時はとても感動します。

 

ミナミヌマエビより個体ごとの模様の違いがはっきりしますので

選別してよりグレードの高い個体を作るのも面白いかと思います。

 

難易度はやや高いですが、非常に奥が深い生き物ですのでやや玄人向けの印象がありますが、初心者からでも十分楽しめると思います。

酸欠、高温、水質に注意すれば初心者からでも十分飼育できると思うので、これを期にビーシュリンプの飼育を始めてみてはいかがでしょうか?

 

ビーシュリンプ水槽の立ち上げ動画

ビーシュリンプ水槽の立ち上げ動画になります。

動画のBGMも爽快で2分程の映像などでスムーズに動画を眺めながら知識を得る事が出来ますよ。

 

珍しいビーシュリンプもネット通販で購入可能

 

高額だけど上記のビーシュリンプも色が濃くて発色も素晴らしいです。

 

 

よく読まれている記事

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

レッドファイヤーシュリンプ 可愛い

 

よく読まれている記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

スポンジ

 

よく読まれている記事:ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターのメリットを紹介!

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

関連記事

  1. ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリ…
  2. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ…
  3. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…
  4. ゼブラダニオの飼育|フィルターなどろ過器の選び方
  5. ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ
  6. ミナミヌマエビの最適な飼育方法 – フィルター(ろ過…
  7. ネオンテトラの飼育方法 – 上部フィルターを徹底解説!
  8. ビオトープの天敵!アオミドロの対策方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

小型水槽でも熱帯魚を楽む!小さな水槽でも飼育できる熱帯魚

自分の部屋で美しい熱帯魚を眺めている時間・・・至福の時です。静か…

ベタの飼育に最適なフィルター(ろ過器)その2

さて、前回はベタの飼育に最適なフィルターということで、外部フィルター、上…

【高水温に注意】 熱帯魚水槽の夏の暑さ対策

熱帯魚というといかにも、南国の暑いところで育った魚というイメージがあって…

意外な人気者!貝たちの苔取り能力をチェック!

(エビ・貝)(B品)石巻貝(15匹) 北海道航空便要保温熱帯魚の売れ筋ラン…

熱帯魚の王様!ネオンテトラが長年、愛される理由

「熱帯魚と言えば何?」と言われれば、多くの人はネオンテトラ、もしくはエンゼルフィッシ…

ランプアイの飼育方法は難しい?生き残らせるための必須条件とは?

青くキラーンと光る眼が魅力的なランプアイ。(名前そのままですね!)…

おすすめ記事

  1. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  2. 拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します
  3. レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介
  4. エンペラーテトラの飼育方法を伝授!高貴な紫のきらめきのインパイクティスケリー
  5. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編
  6. ベタ飼育に最適な水温と冬の水温の注意点
PAGE TOP