ビオトープ

【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!

この記事の所要時間: 245

 

 

ビオトープで主に楽しめる植物は水辺を好む植物がほとんどですが、

 

土の湿度などさえしっかり管理できていれば通常の観葉植物でも楽しむことができたりするものです。
今回はビオトープで育成できる水棲植物を基本として、ビオトープで楽しめる植物についてまとめます。

 

ビオトープの植物の基本は水棲植物

 

水棲植物とは自然界で川などの水の近くや一部水に使っていたり、

完全にす水中にある水草などの総称です。

水棲植物の育成は水辺植物それぞれの本来の環境さえしっかりわかっていればそう難しいようなものでもありません。
ひとつの例を挙げれば、本来は根っこや根元までしか水中に浸からない水棲植物を茎や葉っぱまで

水没させてしまっては枯らせてしまうことになってしまいます。

 

このようなトラブルは使用する水棲植物がどのような観葉で自生しているのかを知っていれば防げるものです。
つまり水棲植物の育成には『水辺植物に合わせた環境で育成すること』が重要となってきます。

 

水草のようになんでもが水没させてしまっていいわけではないのがビオトープとアクアリウムの違いのひとつでしょう。

 

水棲植物の種類・特徴

女性

 

水棲植物は大きく5つのグループに分けることができます。

では5つにグループ分けしてご紹介したいと思います。

 

◎湿地植物

【山野草】八重咲キショウブ

【山野草】八重咲キショウブ
価格:820円(税込、送料別)

 

湿地植物は根も葉もどの部分も水に浸ってしまわない環境で基本的には自生しています。

一時的に水位が上昇してしまった時には水に使ってしまうことがありますが、

短期間であれば枯れることなく育って行くことが可能です。

このためビオトープで湿地植物を使用する際には土が湿っていても

できるだけ水没させないようにすることが重要です。

湿地植物の一例としてはキショウブがあります。

キショウブは根元をできるだけ常に湿った状態で管理することで育成することができます。

もちろん長期間の根の水没は枯れる原因となります。

毎年4月から5月頃に開花するのでビオトープで使うときには3月頃には植えておくといいでしょう。

 

◎抽水植物

 

注水植物は根っこから茎の根元程度までは水に使った状態で自生していますが、

茎が高く伸び、葉っぱや花の部分は水面から出て育っています。

ビオトープで使用するときにはちょうど良い位置に植えられるように水位や土の盛り具合で植える場所を調整しましょう。
ビオトープの場合は盛った土が崩れることもありますので、

土壌はしっかりと作り、崩れていないかのチェックもしたほうがいいでしょう。
抽水植物の一例としてはオモダカをご紹介します。
オモダカは寒さに比較的強い種類の抽水植物です。

成長が早く、大きいものでは60センチ以上の背丈になる種類です。
水位に注意して育成しましょう。

開花は暖かくなってきた6月から7月なので

春になったころに植えれば開花時期にはしっかり花を鑑賞できることでしょう。

 

◎浮葉植物

 

浮葉植物は根っこや茎は水中にあり、葉っぱが水上に浮いているものをいいます。

水位が上がり過ぎると葉っぱが水没しますが長期間でなければ枯れることはありません。

水位が低くなり過ぎないように注意しましょう。

睡蓮などが浮葉植物にあたります。

 

◎浮水植物

 

 

浮水植物はいわゆる浮草のようなものです。

ホテイアオイが浮水植物のひとつです。

根っこ・茎・葉などのいずれの部分も底にはつく事なく、

一部は水中ですが、ほぼ全体が水面に浮かんでいる種類です。

浮草ですので水が枯れなければ育成する事ができます。

 

 

◎沈水植物

 

沈水植物とはいわば「水草」のことです。

根っこから茎・葉まで全体が水中で育ちます。

どれだけ水位が増えても問題ありませんが、

水位が低くなって水から植物が出ないように注意しましょう。

カボンバ・アナカリスなどがビオトープでは使われやすい種類です。

 

関連記事:これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介!

関連記事:浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選

関連記事:誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する方法

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:meganuma

meganuma スタッフ

 

自己紹介:現在は900×600×450水槽で主にプレコ飼育と金魚鉢で金魚飼育、ビオトープで水辺植物やメダカ飼育をしております。好きな熱帯魚:アシュラプレコ・アカリエスピーニョ・キングコングパロット、挙げればきりがありませんね。

関連記事

  1. ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!
  2. これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介…
  3. 【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればい…
  4. これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まと…
  5. 【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!
  6. ビオトープにアオミドロ(苔)が大量発生して対策に悩んでいる方へ。…
  7. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育…
  8. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など
  2. アフリカンランプアイの飼い方と繁殖や餌などの飼育方法
  3. 熱帯魚の代表ならグッピー飼育がオススメ!必要な水槽や危惧の紹介!
  4. メダカ飼育に酸素の石は効果あるの?
  5. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  6. これなら間違いない!メダカ飼育のビオトープの作り方

ピックアップ記事

おすすめ記事

グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、エンゼルフィッシュ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーとは混泳してはいけない熱…

ヘアーグラスの基本情報・導入方法・注意点などまとめ!

比較的どこのアクアショップにも置いてあるヘアーグラス。密生させた…

トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について

さて、前回まではコリドラスの飼育についての話をしましたが、今回は、温厚な…

ノコギリザメの生態が神秘的!海水と淡水を行き来できる深海生物

ノコギリザメは、学名をPristiophorus japonicusとい…

神秘的な怪魚、頭が透明な深海魚デメニギスの生態と近年の研究報告を紹介(動画あり)

今回から新シリーズ「はじめての深海魚」の紹介になります。今回は紹…

プラテミスの繁殖と飼育方法と繁殖方法をご案内

プラテミスPlatemys platycephalaは和名でヒラタヘビク…

おすすめ記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚ミッキーマウスプラティの飼育
  2. 古都の京都におとぼけが行ってきた!旅の始まりには、まずは駅弁でしょ!
  3. グッピーとは混泳してはいけない、スマトラの紹介
  4. 初心者のための海水魚飼育(飼い方)淡水魚と海水魚の違いを徹底解説!
  5. LEDライトを導入する際の注意点、そして失敗しないコツ
  6. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用
PAGE TOP