シュリンプ系

ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境

この記事の所要時間: 243

レッドビーシュリンプ

 

アクアリウムをやっていると、どこからともなく小さい生物が水槽に紛れ込んできます。

その中には水槽の環境を測るバロメーターになる生き物や、

熱帯魚やエビに悪影響を与える害獣と様々です。

紛れ込む生き物の代表として、ミジンコがあります。

レッドビーシュリンプにとってミジンコの発生は、水質を判断するバロメーターになります。

今回はレッドビーシュリンプとミジンコの関係性について解説します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

関連記事:レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】

 

 

ミジンコとは?

ミジンコ

(画像引用元:ミジンコ wikipedia)

 

ミジンコ(Daphnia pulex)はアクアリウムをやっていると自然に発生する極小の生物です。

レッドビーシュリンプなどの甲殻類に近い種類で、その生態は似ている部分があります。

ミジンコは耐久性に優れた休眠卵という状態で水槽に紛れ込みます。

侵入経路は乾燥したソイルの中や、バクテリアの元、水草などと一緒に紛れ込むようです。

ミジンコが直接熱帯魚やエビ対して害を働くことはありません。

熱帯魚によっては好んでミジンコを食べる種類もいるので、

意図的にミジンコを育てるアクアリストもいます。

 

 

ミジンコがいる水槽は稚エビのエサが豊富な環境

 

ミジンコとレッドビーシュリンプのは近い種なので、

ミジンコが湧く生育環境はレッドビーシュリンプにも最適な生育環境と判断が可能です。

ミジンコはインフゾリアという、動物性プランクトンをエサとします。

このインフゾリアはレッドビーシュリンプの稚エビのエサにもなるので、

ミジンコが湧いている=稚エビのエサとなるインフゾリアも発生しているということになります。

インフゾリアは肉眼では見えません、しかしミジンコは肉眼でもギリギリ確認できる大きさです。

なのでミジンコがいるということは、

レッドビーシュリンプの稚エビに最適な環境であると言えるのです。

 

ミジンコの大量発生には要注意

 

ミジンコの繁殖はコントロールが難しいものです。

ミジンコが発生している水槽は、レッドビーシュリンプの稚エビのエサとなるインフゾリアが、

豊富な証拠なのですが、大量にミジンコが発生した場合は要注意です。

ミジンコが大量発生してしまうとインフゾリアが食べつくされてしまうので、

稚エビのエサが不足し成長を妨げます。

ミジンコをエサとする熱帯魚がいれば自然と数が減りますが、

レッドビーシュリンプはミジンコを食べません。

ミジンコが大量発生した後は高確率で水質が悪化するので、

小まめな換水をして水槽内の富栄養化を防いでください。

 

ミジンコの数が激減した場合

 

ミジンコの大量発生とは反対に、

ミジンコの数が激減した場合は、水質が悪化している可能性が高いです。

ミジンコが大量発生した後に水質バランスが崩れることはありますが、

大量発生する前に激減した場合は違う理由での水質悪化の可能性があります。

その多くは飼育水、またはソイル(底砂)の状態悪化です。

レッドビーシュリンプの水槽で一番弱いのがインフゾリアです。

その後にミジンコ・稚エビと続き、成体の親エビとなります。

ミジンコが激減したということは、

エサとなる一番弱いインフゾリアが水質悪化でいなくなってしまったということです。

インフゾリアが居なくなり、それをエサとするミジンコ、

稚エビに影響が出始めて最終的に成体の親エビに影響が出るというように続くのです。

ミジンコが激減したらそれは水質が改善されたのではなく、水質が悪化している証拠です。

 

レッドビーシュリンプとミジンコの関係性まとめ

 

レッドビーシュリンプとミジンコの関係性について解説しました。

ミジンコは水槽内の発生具合で、目に見えない水質変化のバロメーターになります。

大量発生するとインフゾリアを食べつくすのでよくありませんが、

一切居ないのも稚エビのエサとなるインフゾリアが存在しないことになるので、

それもまたよくありません。

ミジンコは適度な数を水槽内で見かける程度が好ましいです。

水槽の環境を測るバロメーターになるので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

関連記事

  1. レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】…
  2. 【これさえ抑えれば大丈夫!】レッドチェリーシュリンプの繁殖や基本…
  3. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  4. レッドビーシュリンプが共食いする原因と対策方法!
  5. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.2
  6. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで
  7. 【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存…
  8. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期

成長するときに、脱皮を繰り返しながら大きくなっていくレッドビーシュリンプ…

【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!

陸上部分に使用する植物で私がオススメしたいのは【できるだけ成長が…

スネークヘッドの世界!ハンターの凄みを楽しむ

スネークヘッドは日本にも棲息するライギョ(雷魚)の仲間です。鋭い…

古都の京都におとぼけが行ってきた!旅の始まりには、まずは駅弁でしょ!

こんにちは、熱帯魚が大好きなおとぼけです。実…

プラテミスの繁殖と飼育方法と繁殖方法をご案内

プラテミスPlatemys platycephalaは和名でヒラタヘビク…

カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!

(海水魚 カニ)アメリカカブトガニ Sサイズ(1匹)かつては瀬戸内海や九州…

おすすめ記事

  1. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  2. 昭和を代表する暴れ者ジャックデンプシーを飼育しよう
  3. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  4. グッピーの病気の発見方法
  5. ミクロソリウム | 光量が少ない環境でも育ちレイアウトも崩れにくい水草
  6. ネオンテトラの飼育方法 – 外掛けフィルターを徹底解説!
PAGE TOP