シュリンプ系

ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境

この記事の所要時間: 243

レッドビーシュリンプ

 

アクアリウムをやっていると、どこからともなく小さい生物が水槽に紛れ込んできます。

その中には水槽の環境を測るバロメーターになる生き物や、

熱帯魚やエビに悪影響を与える害獣と様々です。

紛れ込む生き物の代表として、ミジンコがあります。

レッドビーシュリンプにとってミジンコの発生は、水質を判断するバロメーターになります。

今回はレッドビーシュリンプとミジンコの関係性について解説します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

関連記事:レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】

 

 

ミジンコとは?

ミジンコ

(画像引用元:ミジンコ wikipedia)

 

ミジンコ(Daphnia pulex)はアクアリウムをやっていると自然に発生する極小の生物です。

レッドビーシュリンプなどの甲殻類に近い種類で、その生態は似ている部分があります。

ミジンコは耐久性に優れた休眠卵という状態で水槽に紛れ込みます。

侵入経路は乾燥したソイルの中や、バクテリアの元、水草などと一緒に紛れ込むようです。

ミジンコが直接熱帯魚やエビ対して害を働くことはありません。

熱帯魚によっては好んでミジンコを食べる種類もいるので、

意図的にミジンコを育てるアクアリストもいます。

 

 

ミジンコがいる水槽は稚エビのエサが豊富な環境

 

ミジンコとレッドビーシュリンプのは近い種なので、

ミジンコが湧く生育環境はレッドビーシュリンプにも最適な生育環境と判断が可能です。

ミジンコはインフゾリアという、動物性プランクトンをエサとします。

このインフゾリアはレッドビーシュリンプの稚エビのエサにもなるので、

ミジンコが湧いている=稚エビのエサとなるインフゾリアも発生しているということになります。

インフゾリアは肉眼では見えません、しかしミジンコは肉眼でもギリギリ確認できる大きさです。

なのでミジンコがいるということは、

レッドビーシュリンプの稚エビに最適な環境であると言えるのです。

 

ミジンコの大量発生には要注意

 

ミジンコの繁殖はコントロールが難しいものです。

ミジンコが発生している水槽は、レッドビーシュリンプの稚エビのエサとなるインフゾリアが、

豊富な証拠なのですが、大量にミジンコが発生した場合は要注意です。

ミジンコが大量発生してしまうとインフゾリアが食べつくされてしまうので、

稚エビのエサが不足し成長を妨げます。

ミジンコをエサとする熱帯魚がいれば自然と数が減りますが、

レッドビーシュリンプはミジンコを食べません。

ミジンコが大量発生した後は高確率で水質が悪化するので、

小まめな換水をして水槽内の富栄養化を防いでください。

 

ミジンコの数が激減した場合

 

ミジンコの大量発生とは反対に、

ミジンコの数が激減した場合は、水質が悪化している可能性が高いです。

ミジンコが大量発生した後に水質バランスが崩れることはありますが、

大量発生する前に激減した場合は違う理由での水質悪化の可能性があります。

その多くは飼育水、またはソイル(底砂)の状態悪化です。

レッドビーシュリンプの水槽で一番弱いのがインフゾリアです。

その後にミジンコ・稚エビと続き、成体の親エビとなります。

ミジンコが激減したということは、

エサとなる一番弱いインフゾリアが水質悪化でいなくなってしまったということです。

インフゾリアが居なくなり、それをエサとするミジンコ、

稚エビに影響が出始めて最終的に成体の親エビに影響が出るというように続くのです。

ミジンコが激減したらそれは水質が改善されたのではなく、水質が悪化している証拠です。

 

レッドビーシュリンプとミジンコの関係性まとめ

 

レッドビーシュリンプとミジンコの関係性について解説しました。

ミジンコは水槽内の発生具合で、目に見えない水質変化のバロメーターになります。

大量発生するとインフゾリアを食べつくすのでよくありませんが、

一切居ないのも稚エビのエサとなるインフゾリアが存在しないことになるので、

それもまたよくありません。

ミジンコは適度な数を水槽内で見かける程度が好ましいです。

水槽の環境を測るバロメーターになるので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

関連記事

  1. レッドビーシュリンプが水面近くに集まる時の対策
  2. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  3. レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意…
  4. レッドビーシュリンプが共食いする原因と対策方法!
  5. 【レッドビーシュリンプの飼育】止水域の対策・関係性を解説
  6. レッドビーシュリンプの飼育は難易度が高い?初心者が気を付けたいポ…
  7. ヌマエビは魚の格好のエサ!分割飼育のススメ
  8. レッドビーシュリンプの変色の原因は飼育環境?対策方法を紹介

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  2. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  3. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  4. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  5. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  6. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?

ピックアップ記事

おすすめ記事

野生のメダカは普段、何を食べてるの?

私もマンションのベランダに白メダカと楊貴妃メダカをビオトープで飼育してい…

グッピーと混泳できる熱帯魚、クーリーローチ

こんにちは、グッピーと混泳できる熱帯魚の紹介シリーズもいよいよ終盤になっ…

レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期

成長するときに、脱皮を繰り返しながら大きくなっていくレッドビーシュリンプ…

コリドラスを混泳させてはいけない熱帯魚と気をつけて欲しいこと

温和な性格で、サイズもさほど大きくならずコミュニティタンク(混泳水槽)の…

庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など

庭池に生体がいなくなってから半年になります。金魚と言わなければ鯉…

これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まとめ

さて、長々とビーシュリンプの飼育についての話をしてきましたが、今日はそれ…

おすすめ記事

  1. 金魚が石(砂利)を飲み込んだ時の対処方法
  2. トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について
  3. 失敗したくない!賢い「水槽台」の選び方!
  4. 清水寺で休憩するなら、150年前からお店をやっている忠僕茶屋(ちゅうぼくちゃや)がオススメ
  5. 愛嬌いっぱいの泳ぎを見せるサカサナマズと仲間たち
  6. ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!
PAGE TOP