シュリンプ系

ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境

レッドビーシュリンプ

 

アクアリウムをやっていると、どこからともなく小さい生物が水槽に紛れ込んできます。

その中には水槽の環境を測るバロメーターになる生き物や、

熱帯魚やエビに悪影響を与える害獣と様々です。

紛れ込む生き物の代表として、ミジンコがあります。

レッドビーシュリンプにとってミジンコの発生は、水質を判断するバロメーターになります。

今回はレッドビーシュリンプとミジンコの関係性について解説します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

関連記事:レッドビーシュリンプが水槽から飛び出してしまう【原因と対策方法】

 

[adsense]

 

ミジンコとは?

ミジンコ

(画像引用元:ミジンコ wikipedia)

 

ミジンコ(Daphnia pulex)はアクアリウムをやっていると自然に発生する極小の生物です。

レッドビーシュリンプなどの甲殻類に近い種類で、その生態は似ている部分があります。

ミジンコは耐久性に優れた休眠卵という状態で水槽に紛れ込みます。

侵入経路は乾燥したソイルの中や、バクテリアの元、水草などと一緒に紛れ込むようです。

ミジンコが直接熱帯魚やエビ対して害を働くことはありません。

熱帯魚によっては好んでミジンコを食べる種類もいるので、

意図的にミジンコを育てるアクアリストもいます。

 

[adsense]

 

ミジンコがいる水槽は稚エビのエサが豊富な環境

 

ミジンコとレッドビーシュリンプのは近い種なので、

ミジンコが湧く生育環境はレッドビーシュリンプにも最適な生育環境と判断が可能です。

ミジンコはインフゾリアという、動物性プランクトンをエサとします。

このインフゾリアはレッドビーシュリンプの稚エビのエサにもなるので、

ミジンコが湧いている=稚エビのエサとなるインフゾリアも発生しているということになります。

インフゾリアは肉眼では見えません、しかしミジンコは肉眼でもギリギリ確認できる大きさです。

なのでミジンコがいるということは、

レッドビーシュリンプの稚エビに最適な環境であると言えるのです。

 

ミジンコの大量発生には要注意

 

ミジンコの繁殖はコントロールが難しいものです。

ミジンコが発生している水槽は、レッドビーシュリンプの稚エビのエサとなるインフゾリアが、

豊富な証拠なのですが、大量にミジンコが発生した場合は要注意です。

ミジンコが大量発生してしまうとインフゾリアが食べつくされてしまうので、

稚エビのエサが不足し成長を妨げます。

ミジンコをエサとする熱帯魚がいれば自然と数が減りますが、

レッドビーシュリンプはミジンコを食べません。

ミジンコが大量発生した後は高確率で水質が悪化するので、

小まめな換水をして水槽内の富栄養化を防いでください。

 

ミジンコの数が激減した場合

 

ミジンコの大量発生とは反対に、

ミジンコの数が激減した場合は、水質が悪化している可能性が高いです。

ミジンコが大量発生した後に水質バランスが崩れることはありますが、

大量発生する前に激減した場合は違う理由での水質悪化の可能性があります。

その多くは飼育水、またはソイル(底砂)の状態悪化です。

レッドビーシュリンプの水槽で一番弱いのがインフゾリアです。

その後にミジンコ・稚エビと続き、成体の親エビとなります。

ミジンコが激減したということは、

エサとなる一番弱いインフゾリアが水質悪化でいなくなってしまったということです。

インフゾリアが居なくなり、それをエサとするミジンコ、

稚エビに影響が出始めて最終的に成体の親エビに影響が出るというように続くのです。

ミジンコが激減したらそれは水質が改善されたのではなく、水質が悪化している証拠です。

 

レッドビーシュリンプとミジンコの関係性まとめ

 

レッドビーシュリンプとミジンコの関係性について解説しました。

ミジンコは水槽内の発生具合で、目に見えない水質変化のバロメーターになります。

大量発生するとインフゾリアを食べつくすのでよくありませんが、

一切居ないのも稚エビのエサとなるインフゾリアが存在しないことになるので、

それもまたよくありません。

ミジンコは適度な数を水槽内で見かける程度が好ましいです。

水槽の環境を測るバロメーターになるので、ぜひ参考にしてください。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 

[adsense]

関連記事

  1. 稚エビが育つ環境づくりをしよう!
  2. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について…
  3. こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!
  4. 人気者なのに意外と短命?ヤマトヌマエビで失敗しない8つの方法
  5. レッドビーシュリンプの増やし方!繁殖に最適な環境を解説します
  6. ヌマエビは魚の格好のエサ!分割飼育のススメ
  7. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべき…
  8. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期

ピックアップ記事

  1. サルビニアククラータ charm
  2. メダカ 睡蓮 s

おすすめ記事

  1. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f
  2. ベタの魅力とは?人気の淡水魚を考察 ベタ f
  3. 深海のタコ「メンダコ」は臭いってほんと? メンダコ Opisthoteuthis depressa wikipedia
  4. 見た目が怖い!?深海魚のミツクリザメの雑学 ミツクリザメ wikipedia
  5. ディープレッドホタルテトラのアクアリウムでの飼い方 ディープレッドホタル・テトラ charm
  6. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

鳴く魚!?クローキンググラミーと小型グラミーを飼ってみよう

(写真引用元:ネオス楽天市場)耳をすませて、魚の「鳴き声」を楽しんでみま…

タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!

さて、もうひとつタンクメイト候補としてお勧めしたいのは「レッドラムズホー…

グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス

こんにちは、おとぼけです。今回も恒例のグッピーとの混泳を出来る熱…

稚魚とグッピーたちの飼育近況を公開!

一時期いなくなると思われたグッピー、いつのまにか数が増えていました。…

グッピーとは混泳してはいけない、ノソブランキウス ギュンテリー レッド の紹介

こんにちは、おとぼけです。早速ですが今回もグッピーとは混泳しては…

メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

野生のメダカは地域によっては塩分濃度が高い場所に生息している場合もありま…

おすすめ記事

  1. ネオンテトラ 飼い方-水槽選びをしっかりするだけで美しさが更に磨かれる編
  2. メダカの越冬準備をしよう!屋外飼育にはビニールハウスは必須 スドー スターペット メダカのビニール温室 丸型450 amazon
  3. 夏場の水温対策 – 熱帯魚飼育
  4. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ
  5. 【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚クラウンローチ
PAGE TOP