シュリンプ系

レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?

レッドビーシュリンプ

 

紅白の縞模様が可愛らしいレッドビーシュリンプ。

そのレッドビーシュリンプが落ち着きなく泳ぎ回っていたら、

それは抱卵の舞かもしれません。

抱卵の舞とその前後のレッドビーシュリンプの行動はどんなものなのかを今回はご紹介します。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドビーシュリンプが水面近くに集まる時の対策

関連記事:レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意点

 




 

レッドビーシュリンプはどのように抱卵する?

 

レッドビーシュリンプは、メスが脱皮した直後にオスと交尾を行って卵を抱えます。

抱卵してから孵化までは25~30日程度。

1匹のメスが一度に抱卵する卵の数は、20~30個と言われています。

 





 

抱卵は前もって分かるもの?

 

レッドビーシュリンプのメスの頭部あたりに、

黒いものが透けて見えることがあります。これは病気などではありません。

レッドビーシュリンプの卵巣が頭部にあるためで、

黒く透けて見えたら抱卵が近いことの証拠になります。

その後数日すると脱皮をします。

 

抱卵の舞とはどんなもの?

 

メスが脱皮をすると、オスが慌ただしく水槽内を泳ぎ回るようになります。

このとき、メスも泳ぎ回っているようであれば抱卵の舞ではありません。

メスはオスから逃げるために泳いだり、隠れていたりします。

オスだけが縦横無尽に水槽内を泳ぎ回っていたら、それが抱卵の舞です。

次から次へとメスに向かってオスが泳いで追いかけ回し、交尾を行います。

 

抱卵の舞から抱卵するまでの期間は?

 

抱卵の舞を行うと、1日経たないうちにメスが抱卵します。

夜に抱卵の舞を見た翌朝には抱卵したメスがいたりするため、

それほど時間はかかりません。

 

抱卵したらするべきことは?

 

何もせずにじっと見守るのが一番良いと言えます。

あれこれとしてしまうと、弱い抱卵個体が亡くなってしまう可能性があるためです。

いろいろしたくなる気持ちはあるかもしれませんが、

ここはぐっとこらえて見守りましょう。

 

抱卵の舞をしたのに抱卵しない

 

例えば抱卵用の添加剤を使ったりして抱卵の舞を促しても、抱卵するとは限りません。

また、脱皮したからといって抱卵するとも限らないのです。

特にメスがまだ小さいうちだと抱卵しないことも多く、成熟した個体が抱卵するためでもあります。

レッドビーシュリンプは脱皮しながら大きくなっていくので、

個体が成熟するのを待つ必要もあるでしょう。

 

レッドビーシュリンプに無精卵はあるの?

 

レッドビーシュリンプは、卵が卵巣にある状態で受精し、

受精した卵をお腹に抱えるため、無精卵はありません。

 

抱卵したら注意することは?

 

孵化前に脱卵してしまったり、卵がついた状態で脱皮をする脱皮脱卵がありますが、

レッドビーシュリンプの場合そうしたことはそれほど多くないため、あまり気にする必要はありません。

脱卵も極端に卵が減ってしまうほど多いわけではありません。

原因には水質や個体の年齢など、さまざまなことがあげられるためはっきりとはしませんが、

神経質になる必要はあまりないでしょう。

 

孵化が近いことを知る方法は?

 

レッドビーシュリンプの卵の孵化が近いことは、卵の色を見るとわかります。

最初のうちは黒褐色なのですが、孵化直前になると透明な赤になり、

よく観察すると稚エビのようなものを確認できます。

こうなると、もう孵化は目前です。

 

稚エビの孵化はどれくらいの期間で終わる?

 

稚エビの孵化はだいたいまとまって起きます。

多少ばらつきはありますが、あっても1~2日程度の間に孵化が終わります。

生まれた稚エビはサイズも小さいので、

水草の陰に隠れてしまうとなかなか見つけることが出来ませんが、

餌になるものがきちんと発生していれば、

少し大きくなるとひょっこり見つかる、という感じになります。

 

水合わせや温度合わせ、水換えの状態など、

少し気難しいところのあるレッドビーシュリンプ。

丹精込めて育てた個体が抱卵し、稚エビが生まれるのはとてもうれしいことです。

水質が安定し、きちんとバランスの良い餌を与えて、

個体が成熟してくると起きることでもあるので、慌てずにその時を待ちたいですね。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 




関連記事

  1. レッドビーシュリンプ f 【ビーシュリンプ飼育の照明】色揚げにも効果あり?理由や照明の種類…
  2. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで
  3. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?
  4. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  5. レッドビーシュリンプのカルシウム補給!稚エビにはミネラルが重要
  6. こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!
  7. レッドビーシュリンプの変色の原因は飼育環境?対策方法を紹介
  8. 稚エビが育つ環境づくりをしよう!



おすすめ記事

  1. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育方法
  2. コリドラスピグミーが可愛い!ピグミーの繁殖や餌など飼育方法
  3. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミを飼おう!繁殖から価格まで網羅!
  4. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリットまとめ!
  5. マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の餌にもなる水草
  6. 底面濾過式水槽2セットを立ち上げてみた!混泳確認用編
  7. エンゼルフィッシュの産卵床、水槽内の出排水のパイプを隠すのにも適しているアマゾンソード
  8. 発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編
  9. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  10. 海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルターで迷ったらこれだ!
PAGE TOP