シュリンプ系

レッドビーシュリンプが餌を食べない時の対策方法

レッドビーシュリンプ

 

普段は元気なレッドビーシュリンプが、急に餌を食べなくなってしまうとやはり心配です。

餌のせいかと考えたり、水質のせいかと考えたり。

確かにさまざまな要因があると言えるので、

どれが当てはまるのか探っていくことが必要になってきます。

今回は餌を食べない時の対策をまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドビーシュリンプと相性の良いマツモ!意外なメリットも紹介

関連記事:レッドビーシュリンプの大好物!栄養豊富なほうれん草の作り方と注意点

 




 

移動直後のため

 

例えば、レッドビーシュリンプを飼い始めたばかりだったり、

新しい水槽に移動したばかりの場合、餌はあまり食べないものです。

水槽の移動はレッドビーシュリンプにとってかなりの負担になります。

この場合の水質管理はもちろん重要ですが、水質に問題がない場合は、

無理はさせずにそっとしておき、落ち着くのを待つほうが良いでしょう。

 





 

昼夜の温度差のため

 

季節の変わり目などで昼夜の温度差が大きいと、

温度差に敏感なレッドビーシュリンプは活性が下がってしまいます。

そうなると餌をあまり食べなくなります。

水温が適度な温度に上がってくるまで待ってから餌をあげるようにすれば良いでしょう。

 

餌に原因がある場合

 

これまでと違った新しい餌を与えようとして水槽に入れてみるものの、

レッドビーシュリンプが食べないことがあります。

それまで与えていた餌になれていて、その餌を餌だと認識していない場合もあります。

タブレットなどの場合は少し崩してから入れてあげることで匂いが立ち、

寄ってくることもあるので試してみても良いかもしれません。

 

ただし、あまり心配して餌をあげすぎてしまうと水質の悪化につながるので気をつけましょう。

ひと晩経っても餌が残っているという状態ではあげすぎでもあるので、

消灯までの数時間で食べきる量をあげるようにしましょう。

 

水質の悪化

 

水質の悪化に敏感なレッドビーシュリンプは、

水質が悪化することで元気がなくなります。

底の方でじっと動かないなど、餌を食べない以外にも変化がある場合は、

水質を調べて見る必要があります。ろ過装置のチェックも重要です。

両方をチェックして、必要ならば水換えやフィルターのメンテナンスを行いましょう。

 

餌が足りている場合

 

水槽内のバランスが取れていて、ウィローモスやコケ、

微生物などでレッドビーシュリンプの餌が足りている場合です。

餌が足りていると、当然ですが餌の食いつきは悪くなります。

あまり食べない場合は、餌を与えるのを数日やめて、

水草などをツマツマと食べているかどうかを確認するといいでしょう。

 

1週間を振り返る

 

日中、レッドビーシュリンプの活性が良い状態の時間帯に、

餌を食べない状態のときは、日々飼っている上での1週間を振り返ってみると良いでしょう。

ついつい餌をあげすぎたりしていないか、その週の水換えをいつどうやってしたか、

温度差が大きくなることはなかったかなど、

細かいことがレッドビーシュリンプの元気を左右する可能性があるからです。

 

1週間餌を抜いてみる

 

レッドビーシュリンプの場合、水質などをチェックして問題がないのであれば、

1週間ほど餌を抜いてみて様子を見るという方法もあります。

1週間ほど餌を抜いてもレッドビーシュリンプが餓死することはないので大丈夫です。

 

特に、立ち上げたばかりの水槽に移したときなどは、

水ができておらずにバクテリアが残った餌を分解しないので、

かえって残った餌が水を汚してしまいます。

特に動物性のものは水質を悪化させやすいと言えます。

そうしたことからの水質の悪化を防いで、

新しい水槽の水を作る上でも重要なことになります。

 

餌を食べないのは元気がない証拠、と思いがちかもしれませんが、レッドビーシュリンプの場合、

単純に調子が悪いためとは限らないのがちょっと難しいところです。

餌やりだけでなく、さまざまな要素を通してレッドビーシュリンプを見ることが、

問題の解決につながることもあります。

餌をあえて抜くことも選択肢に入れながら、慎重に考えるようにしましょう。

 

関連記事:失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

関連記事:【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選

 




関連記事

  1. 【保存版】レッドチェリーシュリンプを飼育してみよう!繁殖や飼育方…
  2. レッドビーシュリンプの稚魚の育て方!稚エビの生存率を上げる方法
  3. レッドビーシュリンプのカルシウム補給!稚エビにはミネラルが重要
  4. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  5. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべき…
  6. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  7. ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境
  8. エビ水槽!ソイルから大磯砂に変更してみました

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. メダカの越冬には発泡スチロールの水槽が最適な理由 発泡スチロール f
  2. 【メダカの越冬】落ち葉は有効なの? メダカとマツモ f
  3. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  4. 高級メダカはなんと盗難まで!?知られざる高級メダカの世界 メダカとマツモ2 f
  5. 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態 ウラナイカジカ科 wikipedia
  6. 深海魚「リュウグウノツカイ」の特徴や寿命は? リュウグウノツカイ wikipedia



おすすめ記事

もう困らない!不治の病、エロモナス病の初期症状と対処方法を解説!

先日、お迎えしたゴールデンハニードワーフグラミーがわずか3日で☆になって…

【春夏冬】メダカの水温は何度までなら大丈夫?

泳ぐ姿が見た目にも涼し気なメダカですが、飼う上で気になることがあります。…

ベタの飼育 – 水槽の底砂(底床)はどれを選べいいでしょうか?

さて、今回はベタの飼育に最適な底床についてお話しようと思いま…

【レッドビーシュリンプの水作り】最適な水質とは?

レッドビーシュリンプは水質変化に弱く、他のエビや熱帯魚よりも繊細に扱わないと直ぐに全…

水槽に浮かぶ油膜の原因と対処法、教えます!

水槽の表面に油膜が浮かんだ経験はありませんか?実害を及ぼすもので…

コレで安心!海水水槽のおすすめの底砂をご紹介

さて、前回は海水魚の飼育に使う水槽の大きさについてのお話をし…

おすすめ記事

  1. 水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!
  2. 1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご紹介!
  3. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリットまとめ!
  4. メダカ水槽におすすめ浮き草5選!初心者でも飼育が簡単 ビオトープ メダカ f
  5. 小型水槽でも熱帯魚を楽む!小さな水槽でも飼育できる熱帯魚 メダカ ガラス水槽
  6. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック アクアリスト 冬 水温対策 f
PAGE TOP