グッピーの基礎知識

アクアリスト必見、メンテナンス等に必要なこだわり道具(アクア用品)とは?

アクアショップ

全国のアクアリスト達よ。

 

今回は熱帯魚飼育では欠かせないメンテナンス用品の紹介だ。

 

水草のトリミングなどに欠かせないのが、ピンセットやハサミですよね。

 

もちろん100円ショップに行けば安価で販売されているが、すぐに錆びてしまったり

切れ味が悪かったりとするので結果的にすぐに破棄してしまう。

 

それだと逆に損ですよ。

 

ちょっと道具にこだわれば、良い用具はとても美しく使い心地も良くて長期間、長く愛用できるので拘ってみるのもいいですよ。

 

 

それでは、オススメ手入れ用品の紹介にいきましょう。

 

 




水草用のピンセット

 

安いピンセットですと、先が曲がったりすぐに錆びてしまいます。

もし丁寧に水草を植える予定でしたら、水草を痛めないピンセットはマストアイテムです!

 

 

水草用トリミングハサミも数種類用意しよう

 

 

安物のハサミだと、切れ味が悪くて水草をトリミングする際に

綺麗に切断することができず、逆に水草を切断する瞬間に断面などの組織を潰してしまい

水草がそこから腐ってしまう可能性も高いです。

 

また水草によってはトリミングするハサミの種類も数種類分けておきましょう。

 

 

水草をざっくりとトリミングするならこれ!

 

ストレート型のトリミングハサミを使用しましょう。

角度を寝かせて広い面積のトリミングが可能ですよ。

 

 

複雑な形状をした水草ならこれ!

 

アングル形状のトリミングハサミです。

角度が約40度の刃で、複雑な形状をした水草や流木の間でもピンポイントでトリミングが可能です。

 

 

上記のようにアクアリストはアクア用品もよーく考えて器具を買いましょうね。

 

ピンセットとトリミングハサミのセットならcharmがオススメ!

 

 

 

水草のトリミング方法を解説した動画もありますので、こちらをご覧ください。

 

水草­のカット部を潰さずダメージを最小限に抑えてトリミングしているのがお分かりでしょうか?

 

他にも掃除のメンテナンス器具としてはこちらもオススメ

 

 

砂利・ソイルや底床の排泄物・餌の残りカスを掃除ならプロホース

 

おとぼけも現役でバリバリ使っています。

この器具のおかげで掃除時間も短縮どころか、水槽内もバッチリ清潔になりました。

 

動画を見たらその凄さがわかると思いますよ!

 

 

こんな感じで掃除が出来ます。

 

もし飼育している熱帯魚数が多かったり、コケが頻繁に発生するようでしたら水質調査を行いこまめに水換えをしましょうね!

 

 

ガラス面のコケを落とすなら、コケバスター

 

ガラス面の掃除って大変ですよね。

おとぼけ家では、コケ取り生物兵器(コケを食べてくれる生体)を入れておりますが

コケの処理に追いつけない場合は、こういったコケ取り用具を使って掃除をしております。

 

コケは著しく水槽内の景観を損なう要因の1つであり、アクアリストの敵でもありますから

メンテナンス用品としては、これも持っている事をオススメしますよ!

 

こちらはIKKI TV ・畑中ikkiさんのアクアリウム動画ですね。

いやー、綺麗な水槽ですね。

いい感じにリニューアルされています。

 

関連記事:アクアリウムデビューの前に水槽をどこに設置するか問題

関連記事:アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?

関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

関連記事:熱帯魚入門- お店でグッピーなど熱帯魚を購入する際の賢く選ぶコツ

関連記事:熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ

関連記事:水槽の掃除・水換えなどのメンテナンス頻度はどれくらい?アクアリストの素朴な疑問解消

 




編集後記:

 

イエローモーリー3匹、ネオンテトラ10匹、ヤマト5匹と一気に追加したのですが、急激な水質悪化により

レッドノーステトラ、ネオンテトラ、プラティ、グッピー、アルピノテトラ、グラックテトラと一気にお魚さん達が亡くなってしまいました。

もしかしたらペットショップの水を少し水槽内に入れてしまい、それが原因で病気が蔓延してしまったのかなと・・・・

とほほほ。

もうこの水槽は立ち上げて一年以上経っているのですが一気に生体バランスが崩れるような無理な熱帯魚投入は辞めるべきですね。

反省です。




関連記事

  1. 赤・黄色・オレンジ・青・白・黒など様々なミナミヌマエビの亜種紹介…
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィ…
  4. ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ
  5. オスカーとパロットファイヤーを混泳してみた!
  6. 熱帯魚入門- お店でグッピーなど熱帯魚を購入する際の賢く選ぶコツ…
  7. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適な底床選び
  8. ビー玉を床砂代わりでも大丈夫?気になる水槽事情



おすすめ記事

  1. ビー玉を床砂代わりでも大丈夫?気になる水槽事情
  2. 【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!
  3. サルビニアの越冬は室内に避難させよう!水温が低下すると枯れるので注意 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  4. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  5. コレで安心!海水水槽のおすすめの底砂をご紹介
  6. 【超初心者さんに捧げる】熱帯魚の水槽立ち上げ予算案を徹底紹介!
  7. 赤・黄色・オレンジ・青・白・黒など様々なミナミヌマエビの亜種紹介
  8. メダカの稚魚に水流はNG!稚魚の生存率を高めるには? メダカ 稚魚3
  9. クラウンローチ飼い込みガイド!横になって眠る姿に癒される♪
  10. ヨシノボリを飼育しよう!ハゼのイメージを変える(?)
PAGE TOP