グッピーの基礎知識

藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!

 

バクテリアが水を透明にしてくれるはずなのに水槽内が苔だらけ。
観賞用のアクアリウムにとって苔は最大の敵ですよね。
はじめてのアクアリウム管理人のおとぼけも日々、苔と戦っております。

苔を食べてくれる生体にとっては天国うっひょーですが、水槽内の景観が損なわれるので
それは何とかして防ぎたい。
と、なると日々のコケ対策を行なう必要があります。
今回は苔が出る原因をまず理解して、苔対策を練りましょう。
まずあ、一番の苔がの原因になる最大の原因から紹介!

 

 




照明ライトの当てすぎ!!

照明ライト アクアリウム

 

長時間の強すぎる光が苔を発生させる最大の原因の1つです。
照明ライトは、タイマー機能などを使い一定時間を予め決めて点灯しておきましょう!

 

ちなみに光が弱すぎると水草が光合成を十分に行う事ができず、弱って水草自体に苔がつきやすくなってしまいます。

また水草のトリミングを怠ってしまうと、水草の根本までに光が届かず水草を腐らす原因にもなりますので注意しましょう。

 

 

Co2不足

熱帯魚 Co2不足

 

Co2が不足すると水草が十分に光合成を行えず弱ってしまう原因になります。

水草が弱ってしまうと水草にも苔がこびりつく原因にもなります。
Co2を添加してあげるか。水換えできっちりと対応をしてあげましょう。

 

 

 

生体の入れすぎ

過密飼育 アクアリウム

 

過密飼育をしてしまうと、その分、排泄物も多くなり水の安定が難しくなります。
排泄物が苔の養分になりますので気をつけましょう。
その前に過密飼育は熱帯魚にとってもストレスになりますので自身の水槽内に何匹が適正飼育数なのかも把握しておきましょう。

 

 

餌の与えすぎ

 

 

可愛い熱帯魚達に餌を多く与えすぎますよね。
肥満の原因にもなりますし、健康上、適正な分量を与えて健康的に熱帯魚達を飼育しましょう。
餌の与えすぎで水も汚れやすくなり熱帯魚達も病気になりやすくなります。
また苔の養分にもなりやすいので注意です。

 

 

水草の量も考えよう

メダカ 水草 量

 

水草の量が少ない場合は水槽内の養分が余って苔に利用されてしまいます。
飼育している熱帯魚によっては水草を食べる種類もいるため、飼育中の熱帯魚との相性の良い水草を導入しましょう。

 

 

フィルターの能力不足

 

 

水槽の量に適したフィルター、適正な水流でないと、汚れが蓄積してしまいます。
また適正な水流で安心してもダメですよ。

 

定期的にフィルターの掃除を行い濾過能力を保ちましょう。

 

 

日光が直接当たる場所の水槽を設置はNG

アクアリウム 日差し 乾燥

 

強い日光が当たると苔の発生の原因にも繋がります。
また日光が直接当たると水温の変化も激しく飼育している熱帯魚達にはかなりの負担をかけていることにもなります。
水温は一定がアクアリウムには必須です。

 

日光が当たる場所に極力水槽を設置するのは注意しましょう。

 

 

水換えをやってない

 

 

こちらも餌の残りカス、排泄物などが蓄積してしまうので水槽の掃除を定期的に行いましょう。
水換えを行わないと水が汚く苔の養分にも繋がりますよ!

 

 

苔が発生する原因のまとめ

 

 

苔が出るのは自然の事です。
これは仕方ないことです。

 

水質が安定して水草が健康的に育生している環境では水草には苔が付きづらいです。
苔対策には、上記の事を意識して更に苔を食べてくれる生体達を入れるなり対策をしましょう!

 

関連記事:グッピーにもアクアリウム初心者にも適した入門水草、「アナカリス・金魚藻」の紹介

関連記事:水槽のコケ対策にオススメな生体一覧をまとめて紹介

関連記事:水草を育生する時は照明ライトは点けっぱなしなの?

関連記事:アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?

関連記事:光量が少ない環境でも育ちレイアウトも崩れにくい水草、ミクロソリウム

 

 




編集後記

 

最近メンタリストDAiGoのビジネス書にハマっています。
DaiGoは既にメンタリストを引退していますが、引退のタイミングなど書籍を読むと「なるほどー、凄いな」と
只々感心をしてしまう。

心理学とあらゆる統計学を用いるのがメンタリズム。
奥が深い世界です。

スプーン曲げのネタバレも紹介しているので気になる方は要チェック。




関連記事

  1. コリドラス・ステルバイとの混泳出来ない魚について
  2. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッ…
  3. 熱帯魚入門- お店でグッピーなど熱帯魚を購入する際の賢く選ぶコツ…
  4. オスカーの飼育環境など適切な水槽選びについて
  5. メダカ ガラス水槽 メダカの生態|メダカってどんな生き物なの?
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚、グローライトテトラ
  7. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  8. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

【はじめての飼育】キュートで可愛い汽水魚のミドリフグに恋する!

ミドリフグ (3〜4cm) 3匹セットフグ独特の丸っこい体形に、金色にふ…

熱帯魚の王様 ネオンテトラ 熱帯魚の王様!ネオンテトラが長年、愛される理由

「熱帯魚と言えば何?」と言われれば、多くの人はネオンテトラ、もしくはエンゼルフィッシ…

水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ

全国のアクアリストの皆様、こんにちは。魚は食べるのも…

グッピーと混泳できる熱帯魚セイルフィンプレコ

こんにちは、魚は食べるのも眺めるのも大好きなアクアリストのお…

水槽用レイアウト用品の選び方と間違った知識

アクアリストの皆さん、アクアリウムライフを存分に楽しんでいますか?…

【絶対押えておくべき】アクアテラリウムでオススメしたい水上植物9選!

陸上部分に使用する植物で私がオススメしたいのは【できるだけ成長が遅く、大…

おすすめ記事

  1. ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!
  2. ベタと混泳できる熱帯魚達の相性・エビもダメなの?
  3. 神秘的な怪魚、頭が透明な深海魚デメニギスの生態と近年の研究報告を紹介(動画あり)
  4. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  5. 水草を育生する時は照明ライトは点けっぱなしなの?
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
PAGE TOP