グッピーの基礎知識

熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ

この記事の所要時間: 155

アクアショップ

今回は、リアル店舗(実店舗)で熱帯魚を購入した際に自宅の水槽に移すまでに

極力、購入した熱帯魚にダメージを与えず運送・運搬などのコツをお伝えしたいと思います。

 

 

アクアショップで購入した際の熱帯魚について

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_m

アクアショップで購入したグッピーなど熱帯魚は自分の手で持ち帰らないといけませんよね。

自宅の水槽までに移動でダメージを与えないよう細心の配慮が必要であり

ここをきっちり行えば死着の可能性もグッと減ります。

 

お店でパッキングしてくれる袋ではどれくらい生きるの?

アクアリウム フィルター 選び方

お店で購入すると店員がパッキングしてくれたビニール袋に酸素がたっぷりはいっております。

温度さえ一定であればそのままの状態でも1日は持ちこたえてくれます

しかし、冬・夏場ではヒーター・ファンなしでの水温の一定は難しく、一定の水温も25度前後をキープ。

現実的には厳しいです。

また狭いビニール袋の中は熱帯魚にとって快適な環境ではありません。

そこでなるべく早く、且つ焦らず自宅の水槽に移すのが大事になります。

 

 

夏場・冬場の運送は熱帯魚にも厳しい

水温 冷たい ヒーター故障かも

夏版の運搬は水温の上昇に注意が必要です。

水を直鎖日光に晒すとあっという間に水温が上昇。

購入した熱帯魚が弱ってしまいます。

そこ袋を日光から遮断する工夫が必要になります。

 

それはビニール袋を新聞紙で包むだけでも日光を遮断でき且つ保温効果があります。

 

冬場が夏場とは逆に水温の低下を招かないようこちらも新聞紙で包んでもらうなり

厚手の布などを保温性の高いバッグに入れて自宅の水槽まで運送しましょう。

 

また非常に寒い場合はホッカイロなどを入れて暖めながら運搬するなど柔軟に対応をしましょう。

 

関連記事:熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法

 

 

運搬時の振動に注意

アクアリウム 欠点 波紋

私もよくcharmなどの通信販売(ネット販売)でもよく生体を購入します。

通信販売業者がよく行う商品の出荷方法で酸素を入れたビニール袋に熱帯魚を入れ、さらに発泡スチロールに入れその中に梱包材で固定。

 

また新聞紙などで包んでと厳重に梱包した状態で発送をして頂くので死着の可能性も少なくなります。

 

 

また発泡スチロールは保温効果だけではなく衝撃も吸収してくれるので、もしリアル店舗で余裕があれば発泡スチロールに入れて揺すったり衝撃を与えたりしないよう静かに運搬することが大切です。

 

以上が生体を購入した際の運搬のコツになります。

 

自宅に到着してからの購入した熱帯魚を自宅の水槽に移すコツなどを次回は紹介したいと思う。

 

関連記事:熱帯魚をアクアショップで購入した際の水合わせ・グッピーなどダメージを与えない水槽への移し方のコツ

関連記事:光量が少ない環境でも育ちレイアウトも崩れにくい水草、ミクロソリウム

関連記事:熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法

関連記事:まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

 

 

 

編集後記:

やぁ、兄弟。

久々の更新だぜぇー。

 

先月は優秀なアクアライターに執筆をしてもらったので非常に助かりました。

非常に助かった分、頼りっきりぱなしで迷惑をかけてしまったと反省しております。

 

おとぼけも本業のスキマ時間、プライベートの時間を捻出して全国のアクアリストの方に

情報発信を今後も続けたいと思う。

 

それじゃ、またお会いしましょう!

 

ばいちゃ!

 

大人のためのスキマ時間勉強法 (PHPエル新書)
和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 633,187

関連記事

  1. 心身共にリフレッシュ!ヨガマットを購入、そして使ってみた。
  2. 薄さ、明るさ、美しさにこだわった コトブキ フラットLED 60…
  3. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…
  4. オスカーの飼育環境など適切な水槽選びについて
  5. アクアリスト必見、メンテナンス等に必要なこだわり道具(アクア用品…
  6. グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌の種類を分かりやすく解説
  7. カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法
  8. グッピーとも混泳できる熱帯魚ゼブラダニオ|ゼブラフィッシュ

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  3. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  4. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密

ピックアップ記事

おすすめ記事

ヒメダカと楊貴妃は似ているけど違いは何?

(photo by wikipedia ヒメダカ)今回はメダカの…

グッピーの繁殖の特徴

グッピー飼育の楽しみの醍醐味でもある一つが繁殖です。グッピーは他…

ネオンテトラの飼育・照明・水草・餌の選び方のまとめ

ずいぶん長らくネオンテトラのことについて書いてきましたが、今日はまとめの記事を書こうと思いま…

【初心者必見】コリドラスジュリーの飼育方法や繁殖などを徹底解説!

一度飼い始めると、とことんはまってしまうのがコリドラスの魅力。コ…

京都パワースポット・清水寺の 音羽の滝(京都水ご利益)を体験

こんにちは、おとぼけです。巷ではパワースポット巡りが、ブームです…

海水魚の飼育初心者に捧ぐ!外掛け、スポンジ、水中、底面フィルターで迷ったらこれだ!

さて、前回の記事は【もう迷わない!海水魚の飼育ならどのフィルター…

おすすめ記事

  1. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密
  2. パロットファイヤーを飼育しよう!人間の知恵と工夫のつまった可愛さ
  3. 水槽にバックスクリーンを貼れば雰囲気が激変
  4. ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!
  5. ベタ飼育に最適な水温と冬の水温の注意点
  6. 【初心者でも大丈夫】ソフトコーラルとイソギンチャクを飼育してみよう!
PAGE TOP