グッピーの基礎知識

熱帯魚をアクアショップで購入した際の運び方・グッピーなどダメージを与えない運搬方法のコツ

この記事の所要時間: 155

アクアショップ

今回は、リアル店舗(実店舗)で熱帯魚を購入した際に自宅の水槽に移すまでに

極力、購入した熱帯魚にダメージを与えず運送・運搬などのコツをお伝えしたいと思います。

 

 

アクアショップで購入した際の熱帯魚について

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_m

アクアショップで購入したグッピーなど熱帯魚は自分の手で持ち帰らないといけませんよね。

自宅の水槽までに移動でダメージを与えないよう細心の配慮が必要であり

ここをきっちり行えば死着の可能性もグッと減ります。

 

お店でパッキングしてくれる袋ではどれくらい生きるの?

アクアリウム フィルター 選び方

お店で購入すると店員がパッキングしてくれたビニール袋に酸素がたっぷりはいっております。

温度さえ一定であればそのままの状態でも1日は持ちこたえてくれます

しかし、冬・夏場ではヒーター・ファンなしでの水温の一定は難しく、一定の水温も25度前後をキープ。

現実的には厳しいです。

また狭いビニール袋の中は熱帯魚にとって快適な環境ではありません。

そこでなるべく早く、且つ焦らず自宅の水槽に移すのが大事になります。

 

 

夏場・冬場の運送は熱帯魚にも厳しい

水温 冷たい ヒーター故障かも

夏版の運搬は水温の上昇に注意が必要です。

水を直鎖日光に晒すとあっという間に水温が上昇。

購入した熱帯魚が弱ってしまいます。

そこ袋を日光から遮断する工夫が必要になります。

 

それはビニール袋を新聞紙で包むだけでも日光を遮断でき且つ保温効果があります。

 

冬場が夏場とは逆に水温の低下を招かないようこちらも新聞紙で包んでもらうなり

厚手の布などを保温性の高いバッグに入れて自宅の水槽まで運送しましょう。

 

また非常に寒い場合はホッカイロなどを入れて暖めながら運搬するなど柔軟に対応をしましょう。

 

関連記事:熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法

 

 

運搬時の振動に注意

アクアリウム 欠点 波紋

私もよくcharmなどの通信販売(ネット販売)でもよく生体を購入します。

通信販売業者がよく行う商品の出荷方法で酸素を入れたビニール袋に熱帯魚を入れ、さらに発泡スチロールに入れその中に梱包材で固定。

 

また新聞紙などで包んでと厳重に梱包した状態で発送をして頂くので死着の可能性も少なくなります。

 

 

また発泡スチロールは保温効果だけではなく衝撃も吸収してくれるので、もしリアル店舗で余裕があれば発泡スチロールに入れて揺すったり衝撃を与えたりしないよう静かに運搬することが大切です。

 

以上が生体を購入した際の運搬のコツになります。

 

自宅に到着してからの購入した熱帯魚を自宅の水槽に移すコツなどを次回は紹介したいと思う。

 

関連記事:熱帯魚をアクアショップで購入した際の水合わせ・グッピーなどダメージを与えない水槽への移し方のコツ

関連記事:光量が少ない環境でも育ちレイアウトも崩れにくい水草、ミクロソリウム

関連記事:熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法

関連記事:まだ見ぬ怪魚を求めて、人類が深海探検に初めて行った日

 

 

 

編集後記:

やぁ、兄弟。

久々の更新だぜぇー。

 

先月は優秀なアクアライターに執筆をしてもらったので非常に助かりました。

非常に助かった分、頼りっきりぱなしで迷惑をかけてしまったと反省しております。

 

おとぼけも本業のスキマ時間、プライベートの時間を捻出して全国のアクアリストの方に

情報発信を今後も続けたいと思う。

 

それじゃ、またお会いしましょう!

 

ばいちゃ!

 

大人のためのスキマ時間勉強法 (PHPエル新書)
和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 633,187

関連記事

  1. 自分の手で命をつなぐよろこび!卵生メダカの美しい世界
  2. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、ディスカス
  3. 管理人推薦!初心者でも安心!グッピー飼育を手軽に始めるならコレ
  4. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  5. 私がアクアリウムを始めて良かった3つの事
  6. 水槽水の水質も大切、水質検査のやり方
  7. カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法
  8. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、イエローストライプシクリッ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  2. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  3. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  4. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  5. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  6. レッドビーシュリンプが暴れたら疑うべき原因は?

ピックアップ記事

おすすめ記事

古都の京都におとぼけが行ってきた!旅の始まりには、まずは駅弁でしょ!

こんにちは、熱帯魚が大好きなおとぼけです。実…

【底面フィルター検証】エアーリフト量とpHの関係

底面フィルターはフィルター面積が広くとれ、生物濾過に優れています。…

アクアリスト必見、メンテナンス等に必要なこだわり道具(アクア用品)とは?

全国のアクアリスト達よ。今回は熱帯魚飼育では欠かせないメンテナン…

スネークヘッドの世界!ハンターの凄みを楽しむ

スネークヘッドは日本にも棲息するライギョ(雷魚)の仲間です。鋭い…

究極の愛の形、雄の壮大な人生と呆気無い最期、オニアンコウの一種を紹介

やぁ、兄弟。調子はどうだい?おとぼけは元気ですぜ。今回も「はじめての深海魚シリーズ」の紹介で…

ベタは本当に簡単に飼えるの?気になる冬越し対策も伝授します!

アクア界の人気者・ベタ。美しく、飼いやすい一方、多くの誤解がまか…

おすすめ記事

  1. 【これさえ抑えれば大丈夫】アクアテラリウムに適した生体の条件5選!
  2. 犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!
  3. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  4. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  5. アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち
  6. 【初心者向け】ヒョウモントカゲモドキの飼い方!餌・ケージ・保温等
PAGE TOP