熱帯魚 観察日記

ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

この記事の所要時間: 231

照明ライト アクアリウム

 

さて、前回はビーシュリンプについての話をしましたが、今日からその具体的な飼育方法についてお話したいと思います。まずは、水槽の選び方からお話しましょう。

 

まず、ビーシュリンプは成長しても3cmほどにしかならない小型のエビです。

ミナミヌマエビよりも更に若干小型だと思ってください。

 

それゆえ、少数で飼育すると存在感がなく物足りないので、小さな水槽で飼育する人がいますが、それは大きな間違いです。

 

 

ビーシュリンプは水質変化に敏感

アクアリウム フィルター 選び方

 

と、言うのも、ビーシュリンプはミナミヌマエビよりも更に水質の変化に敏感で、一般的な熱帯魚と比べるとかなり繊細な生き物です。

 

なので、水換えをした時に水質が大きく変わってしまう小型水槽は飼育に向いていないです。

また、小型水槽は温度の変化が大きいのでそういう意味でも小型水槽からビーシュリンプを始めることは非常に難易度が高いと思われます。

 

軌道に乗るとすぐに繁殖して増えますので、最初は少し少ないくらいから始めても問題ないかと思います。

 

 

 

ビーシュリンプには60cm水槽がベスト

d3f6e25d9fe281e9892bd07ad5a51c32_m

 

他の熱帯魚同様、60cm水槽で飼育を始めるのがベストだと思います。

60cm水槽であれば、少々乱暴に水換えをしても水質の急変は防ぐことが出来ますし、温度変化も緩やかになります。

 

なにより、繁殖した時に100匹近くまで飼育できますので、増え過ぎたらどうしようかという不安がないのもいいかと思います。

繁殖して数が一気に増えて、糞によって水質が一気に悪くなり全滅することの少なくないので、水槽はできるだけ大きくしたほうが無難かと思います。

 

 

ビーシュリンプ繁殖の注意点

水温 最終手段 ヒーター

 

また、上手く飼育出来ているようでも、ある日を境にポツポツと数が減っていき最終的に全滅することもありますので、

繁殖させることを目的とするならば、できれば2~3個の水槽を用意して万が一に備えたほうがいいでしょう。

 

さて、60cmの水槽から飼育するのがいいと言いましたが、では何匹から始めればいいでしょうか?

 

 

何匹からビーシュリンプをスタートすればいいの?

水槽 水滴

 

繁殖を前提とするならば1匹では不可能です。ペアで買ってくれば繁殖は可能ですが、

どちらか1方が死んだ場合などを考えますと、最初からそこそこ多い数で始めたほうがいいかと思います。

 

最低10匹、できれば30匹ほど始めると繁殖しやすいと思います。

 

以上のように、繁殖というのがビーシュリンプの1つの楽しさです。

増えることを前提として大きな水槽から飼育を始めましょう!

 

 

はじめての観賞魚飼育レッドビーシュリンプ編


はじめてのレッドビーシュリンプ向け動画をプロ飼育の方が動画で解説をしております。

大変参考になる動画です。

 

ビーシュリンプの購入方法

楽天charm

 

Amazonは下記

 

ビーシュリンプは楽天やAmazonでも購入が可能です。
近場にアクアショップがない方もオススメです。

 

 

よく読まれている記事

ディスカス 水槽

関連記事:アクアリウムデビューの前に水槽をどこに設置するか問題

 

熱帯魚 オアシス

 

関連記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

 

レッドファイヤーシュリンプ 可愛い

 

関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

 

バイオミニブロック

 

関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめアクアリストライター:

まめ

自己紹介:

60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)
好きな熱帯魚:

コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. お腹が苦しいグッピー 妊娠中グッピーのとある日常
  2. ネオンテトラの飼育 – 底床でソイル以外何が向いてる…
  3. グッピーとも混泳できる熱帯魚ゼブラダニオ|ゼブラフィッシュ
  4. ネオンテトラの飼育・照明・水草・餌の選び方のまとめ
  5. 熱帯魚をアクアショップで購入した際の水合わせ・グッピーなどダメー…
  6. レッドテールキャットの飼育で混泳や餌、寿命など一通り紹介
  7. ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?
  8. 【これは必見!】ファインディング・ニモでお馴染みのカクレクマノミ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

ディスカスの飼育ノウハウを伝授します!水槽・ろ過・水質・水温・病気

ディスカスは、その優雅に泳ぐ姿から熱帯魚の王様と呼ばれています。…

糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(20匹)発生しやすく除去しにくい迷惑な糸ゴケ。糸ゴケ対策の…

水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ

全国のアクアリストの皆様、こんにちは。魚は食べるのも眺めるのも大…

ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターのメリットを紹介!

前回まで、外部フィルター、上部フィルター、外掛けフィルターについてお話し…

これなら間違いない!ビオトープに適した生体(水棲生物)を徹底紹介!

ビオトープの楽しみ方は水棲植…

レッドビーシュリンプの餌はウィローモスがあれば餌はいらない?

緑の絨毯のようなウィローモスの上で戯れるレッドビーシュリンプは、…

おすすめ記事

  1. 野生のメダカは普段、何を食べてるの?
  2. ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.1
  3. 【保存版】ブラックウォーターの作り方と効果や特徴
  4. 汽水のミドリフグの飼い方と歯切りはどうするの?
  5. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  6. クララを飼育しよう!究極の可愛さと、至高の凶悪さの対決
PAGE TOP