まめの日常ライフ

こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!

さて、3回に渡ってフィルターの話をしていきましたが、

今回はビーシュリンプの種類について話していこうと思います。

 

ビーシュリンプの飼育ということでこれまで記事を書いてきましたが、ビーシュリンプと1口に言っても様々な種類があって、

模様や色も全然違いますし、値段も安いものは100円程度から高いものは1万円を超えるものまでいます。

では、どんな種類があるのでしょうか?

 




ビーシュリンプにも様々な色が存在

まずは色についてですが、基本的には3種類です。

 

ブラックビーシュリンプ

 

1つ目はブラックビーシュリンプです。

 

最もスタンダードなビーシュリンプですが、

最近は黒が綺麗にのっている個体が多く、年々人気が上昇しています。

 

もともとはレッドビーシュリンプより安価でしたが最近はあまり変わらないことが多いです。

 

レッドビーシュリンプ

 

また、2つ目はレッドビーシュリンプです。

こちらは、ブラックビーシュリンプの突然変異で産まれた赤い種をビーシュリンプ愛好家の寿司職人の人が固定したのが始まりと言われ、

当時は個体数が少なく非常に高価でした。

 

それがだんだんと繁殖され、市場に出回り今のような1匹200円程度に落ち着くまでになっています。

 

当時は爆発的な人気がありましたが、ブラックビーシュリンプの人気の上昇、

シャドーシュリンプの出現によりだんだんとその人気は落ち着きつつあります。

 

ブラウンビーシュリンプ

3つ目はブラウンビーシュリンプ、通称茶ビーと呼ばれる種類です。

 

要はレッドビーシュリンプとブラックビーシュリンプの間のような色で、ブラックビーシュリンプレッドビーシュリンプをかけ合わせると生まれます。

中途半端な個体なのでレッドビーシュリンプやブラックビーシュリンプほど人気がなく、

失敗作のような扱いを受けているかわいそうな個体です。

 

市場に出回ることはなく、オークションなどの個人から購入するか、

自分で掛けあわせて作り出すしか手に入れる方法はないかと思います。

 

他の色より人気がないことから、驚くほどきれいな個体が安価で手に入りますし、

ブラウンビーシュリンプを掛けあわせることでブラックビーシュリンプとレッドビーシュリンプの両方を作ることができますので、

これからビーシュリンプの飼育を始めたい初心者の方はブラックビーシュリンプを狙うのもいいかと思います。

 

ビーシュリンプの柄によって価格も変わる?

 

 

また、柄によっても値段が変わってきます。

基本的には縞々になっているバンドと呼ばれるものが多く1匹200円程度が多いでしょうか。

 

あとは、腹節部のバンドが2本にわかれているタイガーと呼ばれるもの、背中に道路標識の進入禁止マークが入っている進入禁止、

背中に日の丸が入っている日の丸、腹節部に全くバンドが入らないモスラ、頭部が丹頂鶴のような模様が入っている丹頂と様々な種類があります。

 

値段はあとに書いたものほど高く、

モスラは700円程度、丹頂は1000円程度から購入できますが、物によってはもっと効果になる個体も存在します。

 

すべての足が綺麗に白くなっている個体などは高くなる傾向があります。

 

シャドーシュリンプって何?

 

 

白の部分が多いほど、高価になる傾向があるビーシュリンプとは逆に、

黒や赤の部分が多いほど高価になるシャドーシュリンプというシュリンプがいます。

 

これらはビーシュリンプよりはっきりとした綺麗な黒または赤い色をしていて、動く宝石のような美しさがあります。

 

飼育はビーシュリンプとあまり難易度は変わらないと感じましたが、

シャドーシュリンプのほうが難しいという声もありますので、ややビーシュリンプより難しいのかもしれません。

 

当時は1匹3万円程度の個体もいましたが、最近はだんだんと値段が下がっています。

 

ビーシュリンプの種類のまとめ

 

 

このようにビーシュリンプといっても様々な種類があります。

 

個人的には茶ビーや、シャドーシュリンプとビーシュリンプを掛けあわせたヘテロと呼ばれる種類が面白いと思いますが、

自分の好みのビーシュリンプを選んで飼育を始めてくれればと思います。

 

チャームが公開しているレッドビーシュリンプ動画


レッドビーシュリンプの動画ですが、これだけ一杯いると眺めてて楽しいですね。

 

珍しいビーシュリンプもネット通販で購入可能

 

高額だけど上記のビーシュリンプも色が濃くて発色も素晴らしいです。

 




よく読まれている記事

よく読まれている記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.1

よく読まれている記事:ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?

レッドファイヤーシュリンプ 可愛い
関連記事:発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

バイオミニブロック
関連記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

 




この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ

自己紹介:
60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)




関連記事

  1. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度
  2. ベタに合う水草って何?パールグラスとかウィローモス?
  3. レッドファイヤーシュリンプってどんなエビ?飼育や繁殖について紹介…
  4. ミナミヌマエビ基本飼育のまとめ (ろ過器・エサ・混泳問題)
  5. トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について
  6. ベタと混泳できる熱帯魚達の相性・エビもダメなの?
  7. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  8. ネオンテトラ 飼い方 – ベタ・コリドラスとの混泳をオススメしな…

ピックアップ記事

  1. メダカ ビオトープ f

おすすめ記事

  1. 【メダカの越冬】落ち葉は有効なの? メダカとマツモ f
  2. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  3. 高級メダカはなんと盗難まで!?知られざる高級メダカの世界 メダカとマツモ2 f
  4. 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態 ウラナイカジカ科 wikipedia
  5. 深海魚「リュウグウノツカイ」の特徴や寿命は? リュウグウノツカイ wikipedia
  6. 水槽が白濁りしてしまう原因は?対策も併せて紹介 泡 水槽 f



おすすめ記事

【これなら間違いなし!】はじめてのタンクメイトを選ぶならイシマキ貝だ!

アクアリウムを行っていくとタンクメイトという存在にどうしても悩む時がやっ…

エキノドルスの育て方と使い方、効果など紹介!

(水草)エキノドルス トリカラー(無農薬)(1株) 北海道航空便要保温ビギナ…

亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!前半編

亀を多頭飼育している方が一度は思うかもしれないこと・・・「飼育し…

メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!

コートの手放せない季節となり、メダカがめっきり水面近くに上がってこなくな…

熱帯魚の代表ならグッピー飼育がオススメ!必要な水槽や危惧の紹介!

グッピーの飼育は水質環境が維持できれば、難しくありません。いつの…

【迷ったらこれ!】ビオトープで楽しめる植物をお伝えします!

おすすめ記事

  1. ボトルアクアリウムにコケや油が発生!取り除くにはどうすればいいの?
  2. 岩組など水槽レイアウトで必要な基礎知識
  3. プレミアムシードがスゴイ!?プレミアムシードは何なの?
  4. 初心者が選ぶソイルは栄養系?吸着系?特徴と立ち上げ方
  5. どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法
  6. オスフロネームスグラミーはどんな熱帯魚?飼育方法や生態を紹介!
PAGE TOP