アクアハック

【水槽内のコケならお任せ】オトシンクルスの繁殖や餌など飼い方のまとめ

この記事の所要時間: 33
photo credit: Otocinclus via photopin (license)

photo credit: Otocinclus via photopin (license)

 

コケ取り役として導入している人も多い、オトシンクルス

さまざまな種類もいるのでコレクションしているかたも多いのでは?

今回はそんなオトシンクルスの飼い方等をまとめてみました!

 

オトシンクルスはどんな魚?

photo credit: 016 via photopin (license)

photo credit: 016 via photopin (license)

 

体調は4~5㎝程。性格がおとなしめで、同じ体格の生態なら混泳もOK

ガラス面にじっと貼りついてコケを食べたり、水草にぶら下がって休んていたり

気まぐれでマイペースみたいな性格がとてもかわいいです!

 

そしてオトシンクルスの種類は、一般的に流通してるオトシンクルス以外にも

・オトシンネグロ

・ゼブラオトシン

・タイガーオトシン

とあります。

なかでも、オトシンネグロは、普通のよりも小柄で繁殖率も高いことから、人気の高い種類です。

流木と同じような色をしてるので、同化してるとたまにびっくりすることもあります。(笑)

 

 

オトシンクルスのエサ

photo credit: 010 via photopin (license)

photo credit: 010 via photopin (license)

 

「コケ取り役」と言われているほどなので、ガラス面に付着したコケや、水草に着いたコケを取ってくれます。

これが彼らのご飯なのです。

では、エサはあげなくていいのか?

コケがある時点ではそれを食べてくれるのでいいのですが、食べるコケがなくなってくるとピンチ!

エサが必要になってきます。

 

しかしコケばかりを食べてきたオトシンクルスは、そうやすやすと人工飼料は食べてくれないのです。

なので、人工飼料に慣れさせておくことが大事です!

でないと餓死してしまうのです。

オトシンクルスは餓死に気を付けた方がいい、ともよく言われているほどです。

 

うちではテトラコリドラスを愛用しています。

タブレット型の底エサなのですが、プレコ系はもちろん、うちではレッドチェリーシュリンプも食べてくれます。

ただやはりあんまり進んで食べてる感じはしません・・・

 

 

オトシンクルスの繁殖

photo credit: 008 via photopin (license)

photo credit: 008 via photopin (license)

 

繁殖の難易度が高めのオトシンクルス。

導入から1~2年後経ってから繁殖に成功した事例を良く聞くのですが、

このことからわかるように、環境慣れが非常に重要なのではないかと思います。

もし繁殖をさせたいのであれば、先述しましたように、オトシンネグロを導入するのがいいかもしれません。

 

オトシンクルスの産卵方法

ポイント 女性

 

オトシンクルスの卵は水槽のガラス面や水草に産みつけます。

卵自体は直径1mm程と、非常に小さいですので見つけにくいです。

そして色は薄黄緑色。水草の上だとわかりにくそうですね・・・

 

オトシンクルスの孵化

ワンポイント

 

卵はおよそ2~3日後に孵化します。

生まれたての稚魚は卵の色と同じように薄黄緑色。

 

オトシンクルスのオスメスの見分け方

photo credit: Oto via photopin (license)

photo credit: Oto via photopin (license)

 

他の生態同様、オスはスマート・メスはふっくらです。

オトシンクルスはガラス面のコケを食べるためによく水槽の側面に貼りついていることが多いので、その時に確認しやすいと思います。

メスの方が横にふっくらしています。

 

うちでもオトシンクルスとネグロがペアで2匹づついますが、一向に繁殖しません。

メスはお腹がふっくらしているのですが・・・(泣)

 

オトシンクルスの飼育:水カビ病に注意!

女性

 

先日うちのオトシンクルスが水カビ病にかかってしまいました。

動きの素早いオトシンクルスは、流木や石に体をこすり当てて、体の表面に傷を作りやすいので、

おそらく原因はこれじゃないかと思います。

 

水カビ病は、カビになっている綿の部分を取り除いてあげて、その後薬浴や塩浴などをさせてあげると

完治する確率も高いです。

しかし動きの素早いオトシンクルス。捕まえることは出来ても、ピンセットで綿を取り除くのは難易度が高いのです。(泣)

この時は隔離だけして、塩浴をしたのですが、カビは広がってしまい・・・

その翌日には☆になりました。

 

レイアウトで流木や石などを置いてるのであれば、オトシンクルスが傷をつかないような工夫が必要ですね。

私はこのあと流木を少しやすりにかけました。

 

薬浴をする場合ですが、効果が一番期待できるのはメチレンブルーです。

 

オトシンクルスの動画

 

 

オトシンクルスはネット通販でも取り扱っています

 

オトシンクルス飼育のまとめ

photo credit: IMG_5196 via photopin (license)

photo credit: IMG_5196 via photopin (license)

 

今回はオトシンクルスについてまとめてみました。

なかなか水槽内では目立った存在ではないですが、苔を食べてきれいにしてくれたり縁の下の力持ち的な存在ではありますね。

そして並んでガラス面に貼りついてる姿も本当にかわいい!

 

水槽内では流木や石を使ったレイアウトに注意しつつ、人工飼料にも慣れさせるのが飼育のコツです!

 

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:おちび

おちび

自己紹介:

熱帯魚歴半年。家には本水槽と、稚魚水槽×2があります。卵を見つけると守らずにはいられません。

おかげで稚魚が100匹います(゜o゜) 毎週末は熱帯魚屋さんに家族でお出かけ♪

 

好きな熱帯魚:

コリドラスピグミーゴールデンハニードワーフグラミー(♀)、レッドチェリーシュリンプ

関連記事

  1. 熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方
  2. パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
  3. 【保存版】アクアリウムの害虫撃退マニュアル9選
  4. 1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご…
  5. 【衝撃の事実】熱帯魚は飼い主の顔を判別できている!?なおさら愛し…
  6. コケ取りだけじゃもったいない!オトシンクルスを飼い込もう
  7. 【エビ水槽】水カビがあまりにも酷いので原因と対策を伝授します
  8. JUN マスターソイルがスゴイ!?マスターソイルは普通のソイルと…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  2. セイブシシバナヘビの生態や特徴を紹介!
  3. カミツキガメの外来種問題!無許可飼育すれば懲役と生態性に迫る
  4. ミックスグッピーの魅力に迫る!入手難の品種やオークション事情
  5. メダカとミナミヌマエビは混泳させない方が良い?混泳の相性について
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビー玉を床砂代わりでも大丈夫?気になる水槽事情

アクアリウムの醍醐味として自分自身が想像する世界観を水槽内で表現し、…

ネオンテトラに最適なフィルターについて 飼い方・飼育方法の基礎知識編

先日、ネオンテトラの魅力を最大に引き出すには最適な環境で飼育することが大切だという話をしまし…

外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだけど

こんにちは、GW満喫中のおとぼけです。皆さんGWはいかがお過ごし…

グッピーと混泳できる熱帯魚ミッキーマウスプラティの飼育

こんにちは、アクアリストのおとぼけです。今回もグッピーと混泳でき…

ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2

前回は、ビーシュリンプを飼育する上でどの底床を使えばいいかという話をしま…

アクアリウムデビューの前に水槽をどこに設置するか問題

今回はこれからアクアリウムを始めたいと思っているアクアリスト入門者向けの…

おすすめ記事

  1. バックスクリーンひとつで水槽はこんなに変わる!意味と効果と色別を紹介!
  2. 冷凍赤虫は飼育水を汚すの?冷凍赤虫のメリットとデメリット
  3. 【初心者必見】ビオトープを実際にセットする手順をまとめてみました!
  4. コレで安心!海水水槽のおすすめの底砂をご紹介
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚、ピグミーグラミー
PAGE TOP