ボトルアクアリウム

ボトルアクアリウムにコケや油が発生!取り除くにはどうすればいいの?

ボトルアクアリウム 瓶 f

 

ボトルアクアリウムを立ち上げると必ずといっていいほど直面するのが、

油膜やコケといった水中の汚れです。

 

これはバクテリアの繁殖が追い付かず、

水質が安定していないときやエサの与えすぎなどが原因でよく起こります。

そこで今回は、ボトルアクアリウムにつきものな油膜やコケといったトラブルの対処法をお伝えします。

 

油膜ってなに?生体にどんな影響が出るの?

女性 悲鳴 f

 

油膜とはボトルアクアリウムの水がとろっとしたような感じになり、

水面に油が浮いたように薄い膜が張った状態になることです。

 

原因は

・立ち上げ直後でバクテリアが定着していない

・頻繁な水替えによるバクテリアの減少

・食べ残したエサの油分、たんぱく質

・水草用の肥料の入れ過ぎ

 

などさまざまです。

油膜自体には生体に直接影響がありません。

しかし油膜の原因となるバクテリアの減少やエサの食べ残しなどは、

水質の悪化につながるので対処しなければなりません。

 

油膜が原因で水草が枯れてしまう

水草 f

 

また、油膜が張った状態では水面から光や酸素が溶け込まなくなるため

水草が枯れてしまうことがあります。

 

油膜を取り除くためには扇風機やエアレーションで水面を揺らすか、

キッチンペーパーやお玉などで地道にすくうといいでしょう。

またブラックモーリーという魚も油膜を食べてくれます。

 

ただしすべて一時しのぎの方法なので、

油膜ができる原因を取り除かない限りは再発生してしまいます。

ボトルアクアリウムを立ち上げ直後に起こる油膜は、

バクテリアが繁殖すると自然に解消するのでそこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

コケや藻が大量発生!どうすればいいの?

女性

 

ボトルアクアリウムを立ち上げてしばらくすると出てくるのがコケや藻です。

入れた覚えのない糸状のもやもやとした緑色の浮遊物や、

ボトルの側面についた緑色の点々などコケや藻類はいろいろな形をしていて、

見た目にも美しくないしなにより水草の成長や光合成を妨げてしまいます。

 

発生原因は、エサの食べ残しや水草用の肥料の入れ過ぎで

バクテリアのろ過が追いつかなくなる水の富栄養化と直射日光の当てすぎだといわれています。

食べ残しの除去や定期的な水替え、

直射日光が当たらないようにボトルを移動させると防ぐことができます。

 

ではすでに発生してしまったときはどうすればいいのでしょう。

ここでは4つのポピュラーなコケや藻類を対処法と合わせてお伝えします。

 

 

斑点状のコケ(茶ゴケ)

 

 

ボトルの側面に出てきて、放っておくと薄い膜のようにボトル全体をおおってしまいます。

メラミンスポンジでこすり落とすかオトシンクルスに食べてもらって簡単に除去できます。

 

ヒゲ状のコケ

 

 

黒や緑色のこのコケは、ヒーターや温度計などの器材や水草によく付着します。

器材の場合は削りとって取り除くことができますが、

水草に場合はこすり取ろうとすると葉を痛めてしまうため、

コケがついた部分を切り取るしか方法がありません。

 

よくアヌビアス・ナナなど固い葉についたものはお酢を塗ると、

コケだけが枯れて取れやすいといわれますが、私が試したところあまり効果は見られませんでした。

 

他の対処法としてサイアミーズ・フライング・フォックスという魚に食べさせるという手もありますが、

成魚になると10cmほどの大きさになるので小さなボトルアクアリウムには不向きかもしれません。

 

 

藍藻類

 

 

とろろ昆布のような形状ですが、コケではなく細菌の一種です。

水草によく絡んでいますが、少量であればヤマトヌマエビや

ブラックモーリーが食べてくれる場合があります。

 

これが大量に広がると完全に取り除くのは難しいため、水草ごと抜くかボトルのリセットをおこなうといいでしょう。

 

関連記事:こっそり教えます!ブラックモーリーの繁殖や病気対策などの飼育方法を徹底紹介!

 

アオミドロ

 

 

糸状のコケで、水草に絡まってつくので割りばしやブラシでからめとるといいでしょう。

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビが食べてくれます。

 

関連記事:藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!

関連記事:もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策

関連記事:【水槽内のコケならお任せ】オトシンクルスの繁殖や餌など飼い方のまとめ

 

ボトルアクアリウムのコケ・油膜の対策のまとめ

ワンポイント

 

このように発生したコケや藻類には、生体の力を借りて除去できる場合が多いです。

しかしコケが無くなってもエサをあげないでいると、食べるものが無くなって餓死してしまうこともあります。

 

また反対にコケに慣れ過ぎて市販のエサを食べなくなって死んでしまうケースもあるため、エサにも慣れさせておく必要があります。

一番いいのは定期的な水替えや置き場所を移動しつつ、自分の手で取り除くことですね。

今回はボトルアクアリウムにありがちなトラブルとその対処法をご紹介しました。

 

ボトルアクアリウムにはエアレーションやろ過機を使わないため、バクテリアの少ない立ち上げ当初は特に水質に敏感になりがちです。

放置し過ぎはいけませんが、少しの油膜やコケが出てきても慌てて一気に水を変えたり生体をどんどんプラスするのではなく、

まずはエサの量やボトルの置き場所といった原因を考えて解決していきましょう。

 

関連記事:ペットボトル水槽やガラスボールでメダカを飼育出来るの?

関連記事:誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育させたいならCO2添加!

関連記事:初心者でも大丈夫!ボトルアクアリウムの立ち上げ方を伝授します!

 

よく読まれている記事

カメ s

 

よく読まれている記事:ビオトープでカメを飼育してみよう

 

熱帯魚 s

 

よく読まれている記事:熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

この記事を書いた人:いずみもえ

0987aee209b568e34fb950fc43ed0302_s

 

自己紹介:

ボトルアクアリウムで生体を飼育中。
0才の娘が毎日ボトルに手をつっこもうとするのを全力で阻止するのが日課です。
好きな熱帯魚:

ベタ、オトシンクルス、コリドラス

関連記事

  1. ボトルアクアリウム 引用 ボトルアクアリウムを立ち上げるなら!パイロットフィッシュにおすす…
  2. ボトルアクアリウム 引用 ボトルアクアリウム初心者におすすめの水草5選
  3. メダカ ガラス水槽 【2019年版】ボトルアクアリウムにおすすめの水草17選
  4. メダカ ガラス水槽 初心者でも大丈夫!ボトルアクアリウムの立ち上げ方を伝授します!
  5. 【保存版】ボトルアクアリウムの水温管理方法を伝授します!
  6. ボトルアクアリウムの作り方と魚やエビの飼い方
  7. ボトルアクアリウム初心者におすすめの水底に住む生体

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 人気の浮き草サルビニア ククラータの育て方ガイド オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  2. メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  3. サルビニアの越冬は室内に避難させよう!水温が低下すると枯れるので注意 オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  4. サルビニアの増やし方は意外と簡単!株を増やして繁殖を楽しもう オオサンショウモ(サルビニア) amazon
  5. サルビニア ククラータに必要な光量とは?蛍光灯でも飼育は可能? サルビニアククラータ charm
  6. 大人気の浮草サルビニアを解説!和名はオオサンショウモ オオサンショウモ(サルビニア) amazon



おすすめ記事

アクアセラピー|水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね

アクアセラピー?水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね、&n…

メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

野生のメダカは地域によっては塩分濃度が高い場所に生息している場合もありま…

メダカを野外で飼育しよう!屋外飼育の注意点

屋外飼育のだいご味は、メダカの生態を四季の変化とともに観察し、小…

【初めても大丈夫】ビオトープの容器の種類と特徴を紹介!

ビオトープは池そのものもビオトープになりますし、庭に作ったひょうたん池などもビオトープの一つ…

【迷ったらこれ!】熱帯魚のおすすめ生態の組み合わせ一覧

熱帯魚を混泳させたいときに、水質や環境などの違いから混泳には向かない組み…

ネオンテトラの飼育 – 底床でソイル以外何が向いてるの?飼い方編

前回、ネオンテトラの魅力を最大に引き出す底床はソイルだという話をしました。しかし、ソ…

おすすめ記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス
  2. ベタは本当に簡単に飼えるの?気になる冬越し対策も伝授します!
  3. 熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何故?困った際の5つの対処方法
  4. ゼブラダニオの飼育|フィルターなどろ過器の選び方
  5. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  6. アクアリウムでやってはいけない禁止行為って何?
PAGE TOP