アクアハック

【底面フィルター検証】エアーリフト量とpHの関係

この記事の所要時間: 256

底面フィルター

 

底面フィルターはフィルター面積が広くとれ、生物濾過に優れています。

濾過水をフィルターに循環させるため、エアーポンプでエアーリフトを行いますが

その際のエアー量は、飼育水のpHに影響します。

エアーリフト量とpHの関係を実際に確認しましたのでご紹介します。

飼育のご参考にしてください。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで

確認方法

 

①準備

ペーハー値降下剤を準備します。

外掛け式濾過フィルターの循環モーターの電源をオフします。

水槽のエアー吹き出し口の底面を飼育水の水位に合わせます。

熱帯魚は別水槽に退避します。

 

②pH値の確認方法

外掛けフィルターに降下剤を加え、攪拌し、pH値を読み取ります(例えば3→6.9)。

全ての確認作業を終了時、値が変化していないことを確認します。

(pH降下剤の有効性確認)

 

外掛けフィルター提供

 

・飼育水の底面濾過フィルターのエアーを止め、降下剤を加え、pHを下げます

(例えば3→6.8)。30分以上放置し値が変化していないことを確認します。

 

・底面濾過フィルターのエアーを調整しリフト量を最大にし、飼育水を循環し

pH値の推移を確認します。

 

 

・飼育水に再び降下剤を加えpHを8に戻し、底面フィルターのエアーを調整しリフト量を最小にし、

飼育水の循環量を少なくします(流速約10mm/秒)。

pH値の推移を確認します。

 

底面フィルター提供

底面フィルターのpH値推移

水槽 p

 

・外掛けフィルターの流れのない飼育水は、

pH降下剤を投入後のアルカリ性への戻りはありませんでした。

 

・底面濾過フィルターはエアーリフト量が多めの場合(泡が大粒)、

pH降下剤投入後の酸性→アルカリ性への戻りは早く始まり、投入前の数値にすぐ戻りました。

飼育水がフィルターを通過する量が多いほど硝化が十分行われず、

ただの物理濾過となり、

 

OH⁻(水酸化イオン)が多く残ったと考えられ、アルカリ化が進んだと考えられます。

エアーリフト量が少なく、フィルターを通過する水が弱い(泡が小粒)程、

本来の底面濾過機能が働き、生物濾過が有効になり、消化による酸性化が進んだと考えられます。

また、エアーリフト量が多い場合、

排出口付近のボコボコ波で炭酸水が気体化し

炭酸ガスとして空中に多く放出されることも影響すると考えられます。

 

底面濾過フィルターはエアーリフトが緩やかに行われる時、有効に機能するようです

 

最適な循環水量は、水槽環境

(水槽サイズ、濾材、水草有無、流木有無、エアーレーション有無)により異なります。

特に酸性を好む生体、水草の飼育時は、エアーリフトは弱めが良いと思います。

 

エアーレーションについて

水 エアレーション

 

エアーレーションは、飼育水の酸素と二酸化炭素の溶け込む量を決定します。

元々酸素の100倍程二酸化炭素は飼育水に溶け込んで炭酸水になっていますが

この時エアーレーションを多く(強く)かけると、

炭酸水は炭酸ガス(CO2)として空中に一気に放出されます。

 

夜間(照明消灯)時は、水草も酸素を消費しますから、酸素が不足します。

CO2を付加している場合は止め、代わりに弱めのエアーレーションを行います。

エアーレーションは泡を小粒にして泡の表面積を多くとり、

水面を緩やかに揺らせて空中の酸素を飼育水に溶け込ませます。

又、CO2を徐々に追い出します。

 

一般にエアーレーションは夜間(照明消灯)のみ必要です。

昼間(明るいとき)は、水草の光合成で作られた酸素を

生体は利用していますから昼間のエアーレーションは不要です。

タイマーでコントロールしています。

 

関連記事:誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育させたいならCO2添加!

関連記事:底面濾過式水槽2セットを立ち上げてみた!混泳確認用編

 

【底面フィルター検証】エアーリフト量とpHの関係まとめ

女性

 

いかがでしたか。

底面濾過フィルターのエアーリフト量は、水槽環境に合わせ調整することが必要ですね。

エアーリフト式は一般的に、

泡は小粒であまり濾過流量を増やさない方が生物濾過の機能に対し良いようですね。

 

自宅の幅30cm水槽では、

循環水の排出口付近の水面の流量が約10mm/秒になるように調整し、

pH値の安定化をしています。

小型水槽の場合、空中に触れる水面の面積が少ないことから、

pH等の水質管理はシビア―で大型水槽に比べ安定しないように感じます。

水面を緩やかに揺らす、又は流れを作ることが重要なようです。

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!

グッピー卿

グッピー卿

投稿者の記事一覧

自己紹介:

熱帯魚歴は長いですが、名には程遠くいまだに極められないでいます。

今は60cm水槽のみです。ごちゃ混ぜでたくさんいましたが、

ついにグッピーだけ飼育中に、今大ピンチです!

1匹だけに頼っています。稚魚は守りますよ!

好きな熱帯魚:

グッピー、プラティ、コリドラス・・・他かわいい魚たち

飼育している生体:

グッピー5匹 大きな目の金魚

関連記事

  1. ニョロニョロ好きのアイドル?スパイニーイールの飼育を楽しむ
  2. アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち
  3. もう苦労しない!アクアリウムの大敵!コケの種類とその対策
  4. 熱帯魚ヒーターの電気代はどれくらい?水槽の電気代が高い理由と節電…
  5. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  6. コリドラスが喜ぶ!オススメ餌5選と与え方のコツ
  7. 冷凍赤虫は飼育水を汚すの?冷凍赤虫のメリットとデメリット
  8. 拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!

さて、もうひとつタンクメイト候補としてお勧めしたいのは「レッドラムズホー…

愛嬌いっぱいの泳ぎを見せるサカサナマズと仲間たち

お腹を水面側に向けて泳ぐユーモラスな姿で、古くからアクアリウムの…

LEDライトを導入する際の注意点、そして失敗しないコツ

こんにちは、グッピー大好きのおとぼけです。LEDライトを導入したら水槽内が美しくなりグッピー…

屋外で睡蓮鉢を浮かべてメダカ飼育を快適にしよう!

メダカや金魚、熱帯魚の飼育にはガラス製の水槽が必要。そんなイメー…

眠れない貴方にアクアリウムセラピーで快眠を得るコツ

こんにちは、魚は眺めるのも食べるのも大好きなアクアリストのおとぼけです。…

【水質管理】庭池の金魚が大量死したのでリセットしてみた

庭池の金魚が大量死したのでリセットしました。大切にしていたコメッ…

おすすめ記事

  1. タンクメイトで選ぶならレッドラムズホーンだ!
  2. 発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編
  3. 【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!
  4. アクアテラリウムの滝の作り方は?フィルターと水の流れを意識しよう
  5. アベニーパファーを飼育しよう!純淡水で飼えて、小型水槽でもOK!
  6. パールグラスは水草水槽のレイアウトに最適、魅力と育て方を紹介
PAGE TOP