水草

大人気の浮草サルビニアを解説!和名はオオサンショウモ





オオサンショウモ(サルビニア) amazon

 

メダカやベタ、金魚の飼育で使われる浮き草。

 

その中でも人気があり、多用されるのがサルビニアです。サルビニアと聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、和名を聞けばアクアリウムショップでよく目にする浮き草を思い浮かべるはずです。

 

オオサンショウモ(サルビニア) amazon

 

サルビニアの和名は「オオサンショウモ」です。

オオサンショウモは屋外のビオトープ水槽でよく使われますね。

 

今回はサルビニア(オオサンショウモ)について解説します。サルビニアの名前が付いた植物は少々複雑なので、記事にてまとめます。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:浮草でビオトープの水面を飾ろう | オススメ浮草5選

関連記事:【2019年版】ボトルアクアリウムにおすすめの水草17選

 

 

サルビニアとは?

オオサンショウモ(サルビニア) amazon

 

サルビニアはアメリカ熱帯域原産の水生シダ植物です。

 

学名はサルビニア・モレスタ(Salvinia molesta)で和名でオオサンショウモと呼ばれています。日本のアクアリウムではオオサンショウモの名前の方が多く使われているので馴染みがありますね。

 

オオサンショウモの名前の由来は、幼体の葉の形が日本古来の浮き草であるサンショウモに似ているからとされています。オオサンショウモとサンショウモは名前や特性が似ていますが、原産地は全く別なのです。

 

ちなみに日本古来の種であるサンショウモの学名はサルビニア・ナタンス(Salvinia natans)です。サンショウモとオオサンショウモはショップによって混同される事がしばしあり、サンショウモ(サルビニア・ナタンス)なのにオオサンショウモ(サルビニア・モレスタ)として販売されていることもあります。

 

サルビニアは自然界では大きく育ちますが、水槽内ではサイズ、光量の関係からあまり大型化しません。なので飼育環境の実情としてはサンショウモと変わらない形で飼育が可能です。サルビニアの幼体とサンショウモは姿が酷似していますが、葉表の白色の毛で見分けることができます。

 

サルビニアとサンショウモのどちらの葉にも細かい毛が生えていますが、サルビニアの場合は毛が内側に丸く曲がっています。反対にサンショウモの場合は、毛が直線的に伸びています。

 

 

サルビニアの生育環境

 

 

サルビニアは水面に浮かべるだけで簡単に成長します。

 

特に強い光量を好み、屋外のビオトープ水槽ではサルビニア本来の姿で飼育できるでしょう。屋内の水槽内で使われる蛍光灯では、成葉になりにくく、幼体のままサンショウモの様に繁殖します。

 

成長スピードが速い品種ですが、メダカのような生体が入っていれば無理に肥料を添加する必要はありません。サルビニアは丈夫で成長スピードが速い種ですが、低温に弱い側面があります。適温は15~30度です。

 

原産国のような温かい地域では多年草として育ちますが、冬季の気温が氷点下近くになる日本では越冬できません。なので日本で帰化して自然化することもなく、ほとんどは越冬できずに枯れてしまいます。

 

ヒーターで水温を一定に保つ屋内飼育であれば多年草として育てることができますが、屋外のビオトープ水槽では対策が必要です。気温が低下する期間は屋内に避難させるか、1年草として割り切って育てるのが必要となります。

 

 

サルビニア・ククラータ

サルビニアククラータ charm2

 

日本ではオオサンショウモ以外に「サルビニア・ククラータ」という品種が浮き草として人気があります。

 

サルビニアククラータは和名がナンゴクサンショウモと呼ばれるアジア原産の浮き草です。サルビニアとサルビニアククラータは生育環境が非常に似ているので、葉の形が好きな方を選んで育てれば良いでしょう。

 

丈夫で成長スピードが速いのも同じですが、低温に弱い側面も同じです。水槽内に入れる場合は、気温が下がった時の対策も同じようにして下さい。

 

 

サルビニアまとめ

 

 

サルビニアについてまとめました。

 

現在日本で目にすることがあるのは、サルビニア・モレスタ(オオサンショウモ)、サルビニア・ナタンス(サンショウモ)、サルビニア・ククラータ(ナンゴクサンショウモ)の3種です。サルビニアの名前がついた3種はどれも生育環境はほとんど同じですので、好きな種を選んで育てれば良いです。

 

関連記事:サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法

関連記事:ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう

 




関連記事

  1. サルビニアククラータ charm サルビニア ククラータに必要な光量とは?蛍光灯でも飼育は可能?…
  2. マツモはメダカ、金魚・シュリンプ系とも相性がよく草食性の強い魚の…
  3. 誰でも簡単!自作CO2キットの作り方♪水草を青々ときれいに生育さ…
  4. これから水草を植える人は読んでおきたい!グロッソスティグマの導入…
  5. ヘアーグラスの基本情報・導入方法・注意点などまとめ!
  6. 自宅周辺から水草を採取して水草水槽に導入してみた
  7. 水草レイアウトを導入するならウィローモスがオススメ
  8. 飼育水を酸性化したい!ピートモスの使用

ピックアップ記事

  1. 泡 f

おすすめ記事

  1. メダカの越冬の餌やり。必ず知っておきたいこと メダカ f
  2. ネオンテトラには泳ぐ位置がある!混泳の注意点と遊泳層 ネオンテトラ 大群 群れ
  3. ネオンテトラの寿命は?ブルーの体色がきれいな熱帯魚の寿命 熱帯魚の王様 ネオンテトラ
  4. 冬の金魚の餌やりについて。冬眠はさせたほうがよい? 金魚 f
  5. 金魚を玄関で飼う意味は?冬場の水温対策は? 金魚 f
  6. 愛嬌ある熱帯魚「コリドラス」の冬越しはどうやる? コリドラス f



おすすめ記事

オオサンショウモ(サルビニア) amazon メダカの産卵場所にはサルビニアのような浮き草がおすすめの理由

メダカは地味な魚に思われがちですが、適切な環境で…

メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット

野生のメダカは地域によっては塩分濃度が高い場所に生息している…

ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

さて、前回はビーシュリンプについての話をしましたが、今日から…

グッピーや熱帯魚飼育 – 人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説

人間の1つの楽しみである食事。食事をおいしく味わいながら食べることは、心とからだにとって…

メダカの越冬、冬越し対策は水槽選びの時から決まっている!

コートの手放せない季節となり、メダカがめっきり水面近くに上がってこなくな…

ボトルアクアリウムにコケや油が発生!取り除くにはどうすればいいの?

ボトルアクアリウムを立ち上げると必ずといっていいほど直面するのが、油膜やコケといった水中の汚…

おすすめ記事

  1. ハイセンスなホームセンター「ユニディ ラゾーナ川崎店」でグッピー用の流木を買ってみた。
  2. ネオンテトラの飼育-餌の回数と量はどれくらい与えればいいの?
  3. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  4. アロワナの餌・種類・値段・飼い方などの飼育方法
  5. レッドビーシュリンプの飼育は難易度が高い?初心者が気を付けたいポイント
  6. 苔に対する生物兵器、レッドラムズホーン、実は突然変異で発生した個体!
PAGE TOP