まめの日常ライフ

ネオンテトラ 飼い方-水槽選びをしっかりするだけで美しさが更に磨かれる編

この記事の所要時間: 245

アクアリウム 森 綺麗

今回は先日、お薦めしたネオンテトラの飼育に適した水槽選びについて触れていきたいと思います。

まず、ネオンテトラは非常に環境の適応しやすく、とても飼いやすい熱帯魚です。

しかし、適した環境のほうが、色が乗りより美しくなるのも事実です。

適した環境で飼育し、より美しいネオンテトラになるようにその魅力を引き出してあげましょう!

 

関連記事:熱帯魚の王様!ネオンテトラが長年、愛される理由

 

 

より美しいネオンテトラにする水槽選び編

ネオンテトラ 水槽 1

 

 

まずは、水槽の大きさですが、小さいほうが管理しやすいと勘違いしがちですが、

小さいと水が安定しにくく熱帯魚に大きな負担を与えてしまいます。

負担を与えずに管理するには、水換えや掃除を頻繁にする必要があるのでマメな性格ではない方だと、

だんだんとその作業が面倒になってきます。

 

 

それじゃあ大きい水槽を選んだ方がネオンテトラには良いの?

ネオンテトラ 謎

 

では、大きいほうがいいかといえばそれも違います。

90cm以上の水槽だと、確かに水質は安定しやすく水換えなどの頻度も小型水槽よりは少なくて済みますし、

熱帯魚にとっても負担がかかりにくいのです。

 

しかし、水槽の状態が悪くなった時にリセットする時や、水槽の移動をする時など、

水槽を大きく動かく時、一人で作業するのは用意ではありません。

 

関連記事:ネオンテトラと何が違うの?カージナルテトラ

関連記事:オレンジ色のラインが美しい!グローライトテトラ

関連記事:熱帯魚の王様、ネオンテトラとグッピーは相性が良い

 

大きな水槽のデメリット・お金が非常にかかる

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_m

 

加えて、90cm以上の水槽は水槽自体も値段が高くなりがちですし、

フィルターやライトなどの周辺器具も高価になってきますので、それなりにお金が必要になります。

 

 

では、どの大きさが最も扱いやすいかと言われれば、60cm、もしくは45cmが最も扱いやすいと言えるでしょう。

 

水槽を選ぶなら60cm と 45cmの理由をお伝えしましょう!

水槽 水滴

 

その理由は2つあります。

 

 

まず、1つ目は、1番よく売れている大きさの水槽だからです。

つまり、水槽自体の価格、そして、周辺器具の価格が他より安く、コストパフォーマンスに優れています。

 

 

そして、2つ目は、大きな移動、メンテナンスを行う時に1人でギリギリ管理できる大きさだからです。

 

 

以上の理由から、ネオンテトラをこれから飼ってみたいという方は、ぜひ60cmか45cmかのいずれかで始めることをお薦めします。

 

 

ネオンテトラを水槽内で飼育可能な数について

234173259e809b74c8d94e5be0b55581_m

 

では、その水槽で何匹くらい飼育できるか?ですが、60cmなら20~30匹、45cmなら10~20匹が無難だと思います。

あまり多すぎると、水換えの頻度が増えて、メンテナンスの負担が大きくなりますのでお薦めしません。

少ない分には別に構いませんが、少し寂しい水槽になってしまいますね。

 

ネオンテトラに最適な水槽選びのまとめ

熱帯魚の王様 ネオンテトラ

 

このように、熱帯魚のことだけでなく、自分が管理、メンテナンスできるかをよく考えて両者にとって負担がかからない水槽選びをして、

ネオンテトラの魅力を最大限引き出してあげましょう!

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた
関連記事:ネオンテトラにもアクアリウム初心者にも適した入門水草、「アナカリス・金魚藻」の紹介

 

水槽・ネオンテトラはネット通販でも購入が可能です

 

 

近場にアクアショップ、ペットショップがない場合は通販で購入するのも検討してみてはどうですか?

また水槽は重たい商品ですので通販で運送してもらうのも1つの考えですね。

 

水槽売れ筋ランキング

 

楽天ウェブサービスセンター
楽天ツール・ラクポン

 

 

 

この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ
アクアリストライター:

まめ

自己紹介:

60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)
好きな熱帯魚:

コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ

関連記事

  1. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.2
  2. ネオンテトラ 飼い方 – 混泳できる熱帯魚と混泳のコ…
  3. ミナミヌマエビを飼育する上で最適な底床選び、水質について
  4. ネオンテトラの飼育方法 – 外部フィルターを徹底解説…
  5. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルターPart.2…
  6. ビーシュリンプはどんなシュリンプ?人気の理由は?
  7. トラディショナル・ベタ(闘魚)の飼育について
  8. ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  2. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  3. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  4. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  5. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ
  6. 冬のメダカに餌やりは必要なの?冬の絶食が心配なアクアリストへ

ピックアップ記事

おすすめ記事

カブトガニの育て方・飼育方法

「生きた化石」ことカブトガニを飼ってみませんか?デリケートな生き…

熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

こんにちは、おとぼけです。今回はご自身で飼育している熱帯魚達はいつ寝てるの?…

ゼブラダニオの飼育|フィルターなどろ過器の選び方

さて、前回はゼブラダニオの飼育ということで底床の話をしました。今…

グッピーと混泳できる熱帯魚、ピグミーグラミー

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる熱帯魚を紹介…

丸っこい淡い色彩のハイランドカープが美しすぎる!飼育方法を紹介

ハイランドカープ (ペア)ハイランドカープ(High Land carp)と呼ばれるものの、コ…

コリドラスってどれだけの種類がいるの?図鑑編その2

先日は初心者が飼いやすいコリドラスの紹介ということで、赤コリ、青コリ、白…

おすすめ記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚、ネオンテトラ
  2. メダカの病気に塩浴の方法とメリット・デメリット
  3. 足利義政の美意識ハンパないって!!義政の美意識が詰まった銀閣寺に行ってみた。
  4. こんなにいる!メダカと混泳できる魚を一挙公開!
  5. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  6. カルキ抜きに必要な時間と中和液を使わずにカルキ抜きをする方法
PAGE TOP
;